湯朝かりん|グラフィックレコーダー

ビジュアルファシリテーター|絵なしOKグラレコ体験会・はなしの可視化実践講座主宰|図解挿絵6冊|制作・講座のご依頼は▶︎http://yuasakarin.mystrikingly.com/|3児母で薬剤師で焦げ大臣。

湯朝かりん|グラフィックレコーダー

ビジュアルファシリテーター|絵なしOKグラレコ体験会・はなしの可視化実践講座主宰|図解挿絵6冊|制作・講座のご依頼は▶︎http://yuasakarin.mystrikingly.com/|3児母で薬剤師で焦げ大臣。

    マガジン

    最近の記事

    講師をやめましたー2022年の振り返り

    グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 「いつも投稿しているグラレコ、教えてもらえないですか?」 「体験会だけじゃなくて、もっと深いところを教えて欲しいです!」 そんなありがたいお声にお応えして、セミナーをつくり、長期講座をつくり、コロナ前からオンライン+リアルのハイブリッド開催をし、一度大きなリニューアルをしたり、その後も細かい改善や調整を続けてきました。 それから3年。グラレコをする人も増え、世の中の認知も変わってきています。講座の細かい改善を繰り返すのは、どうし

      • ばかものだ

        この1年で世界はまた大きく変わった。文字にしたらきりがないくらい、いろんなことがあった。落ち着いてきたもの、勃発したもの、良い方に変わっていくものも。 とはいえ世の中は世の中だ。そんな時に私は今、何を考え、何をしているのか。去年は4月1日に書いていた定点観測、ちょっと遅くなったけど、残しておく。 個人事業主になって、会社員のころに輪をかけて仕事をしてきた。仕事は楽しい。楽しいからどんどんやる。どこからが仕事で、どこからが仕事じゃないのかわからない。ワークアズライフってこう

        • 硬かった土をフカフカに耕した2021年。

          グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 今回は1年を総括してみました。あんまりお仕事の細かいところは入れていないので、それはまた改めて書きたいな。 今年はとにかく、土づくりをした1年でした。 これまで、干からびた硬い土で、肥料だけはガンガンあげていたけど水やりはサボっていた。それに気づいたのはいろんな人と話したからでした。 話さなかったらきっとずっと気づかずに干からびた土地で、私という作物を育て続けていたことでしょう。 2021は土をふかふかに耕したので、2022は水

          • 模造紙で広い範囲を塗りたい!グラレコにおすすめのペン5つ

            可視化でコミュニケーションをデザインする、グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 コロナが落ち着いて、会場でのイベントも少しずつ開催されるようになってきましたね。グラフィックレコーダーかいわいでも、リアルイベントでの制作のお話がたくさん聞こえてくるようになりました。ああ、また大きな紙にペンで描ける…!という喜びに浸っています。 と同時に、これまでイベントはオンラインの中でデジタルで描くことが増えていて、デジタルの良さも感じているところです。 デジタルからアナログへオン

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • グラフィックレコーディング関連記事まとめ
            湯朝かりん|グラフィックレコーダー
          • zoom関連の記事まとめ
            湯朝かりん|グラフィックレコーダー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            苦手とは宝だ。

            可視化でコミュニケーションをデザインする、グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 最近では、苦手について考えることが多くあります。先に言っておきますが、あんまりネガティブな意味じゃなくて、どちらかというとポジティブな話。それにしても、過去を振り返ってみると、なんと苦手が多いんだろうと思って驚いています。 運動ほとんど全部、授業聞けない、イラスト描けない、焼くものはだいたい焦がす、覚えられない、話せない、… 苦手と一口に言っても、そのせいで困ることと、避けて通れてあまり

            眠れない我が子に「羊を数えてみたら?」が通用しなかった話

            子どもと過ごす日常は、毎日てんやわんやである。 かわいくて不思議でイライラするけど愛おしい。こんなおもしろい生き物たちともう10年以上ずっと一緒に暮らしていることに、時々とてつもない奇跡と幸せを感じる。 そんな毎日のことを、たまにはnoteに残しておこう。 最近の夜は、添い寝は必要ないけれど、同じ部屋にママがいないと寂しいという。なので子どもたちの横でパソコンをカタカタしながら、子供たちが寝るのを待つのが日常。 日曜日の夜、ふだんなら比較的寝つきのいい小学生が起きてきた

            シンプルで伝わるイラスト、みんなで練習してみませんか? #ゆるっとイラスト部

            手帳やノートに、イラストが入れられたらいいな。 仕事で説明するときに、イラストや図解で伝えられたらいいな。 イラストでパッと見てわかりやすいグラレコが描きたいな。 そんなふうに感じたことはありますか? ・ ・ ・ こんにちは。グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 グラフィックレコーダーとは、会議やセミナーの内容を文字や図、イラストを入れてリアルタイムで記録していくグラフィックレコーディングをする人をいいます。(詳しくはこちら) この説明をすると「絵がお好き/得意/

            セミナーを開催した後にやっていること6つ

            2019年4月22日に講師を始めて、2年ちょっと。 開催したセミナーは会場・オンラインを合わせると、おかげさまで100回を超えています。今は毎月だいたい4−6回くらいセミナーをさせていただいています。 セミナー後にはいつもその内容を振り返っているんですが実は今週3回セミナーをしていまして…振り返りが追いつかない💦という言い訳をしながら…今日はいつも私の発信をご覧いただいている方、そしてセミナーに来てくださる方に感謝の気持ちを込めて、いつもセミナー後にどんなことをしているか

            一人ひとりを尊重し、否定されない場作りに、心惹かれていたらしい(voicyはじめます)。

            「かりんさんは、なんで絵が得意じゃないのに、そんなにグラレコに熱意があるんだろうね」確かに。そういわれると、なんでだろう。 私はグラフィックレコーディングに熱意はあるけど、それは「イラスト」ではなくあくまでも「グラフィックレコーディング」。そもそもイラストは得意じゃないので、圧倒的に不利なはずなのに、でも熱意があるのは何故なんだろう。 私が惹かれるのは「記録することによって場作りをサポートできる」「多様な人の意見を情報として記録に並べることで、フラットに考えられる」とか、

            個人が社会の一部だと突きつけられた1年だったから、そのつもりで動きたい。

            去年も4月1日につれづれなるままに書いたから、定点観測のように記録してみる。 1年で「当たり前」が大きく変わった。マスクをするのも、どこかに入る時に検温とアルコール消毒をするのも。家族が家でそろっているのもあたり前になった。 そして、人が亡くなる話もたくさん聞いた。 なんとなくニュースで出てくる言葉が物騒になった。 それでも、あたりまえに日常は続いていく。まるで何事もないかのように。 学者とか有識者と呼ばれる人たちは、みんな自分たちのことを大きな集団としてとらえる。それ

            グラフィックレコーダーは、レコード(記録)を作る人なのか?の自問自答。

            グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。1月から2月にかけて、これまであまり見ないようにしてきたけれど、どうしようもなく気になってきてしまったことがありました。ちゃんと見つめていったら、新しい気づきになったので残しておきます。 グラフィックレコーディングの直訳グラフィックレコーディングは、直訳すれば「グラフィックを使って記録していくこと」。ingをもう少し厳密に捉えると「その記録するさま」も含めるということになるでしょうか。 グラフィックレコーディングのおもしろみ私自身は

            clubhouse(クラブハウス)で作業部屋1週間やってみた

            2/1から毎日10-12時に開催してみました。マネしていいですか?とのお声を複数いただいているので、1週間やってきた中で工夫したことや、改善したことを残しておきます。 ・ポモドーロテクニックで集中できるとかなり好評 ・30分ごとの休憩(雑談)がゆるくていい ・誰でもOKにしているので、自分の世界を超えた偶然の出会いも ちなみに、始めた経緯はこちら。 (前回の記事は人に説明するにはわかりにくかったので、今回の記事では情報を整理してまとめ、1週間の所感を追加しています。)

            耳と脳が限界…音声メディアに疲れる人のclubhouse(クラブハウス)活用法〜作業部屋

            超絶話題のclubhouse。魅力的な人が「なんか聞いときたいと思っちゃうテーマ」で話してるからついついポチッと入ってしまう。そしてさらに魅力的なゲストが現れて「こんなコラボ観れるの?超ラッキー⭐️」ってウホウホしてる間に時間がどんどん解けていく…。 楽しいような、無駄な時間のような。なにに疲れてるかって、多分新しいものに触れる疲れもあるけど、何よりも ずっと「魅力的そうな会話」というにんじんをぶら下げられ続けて、 「聞こうか聞かないか判断」して、 「roomに入ってみた

            年末年始に使えるバーチャル背景つくったよ

            可視化でコミュニケーションをデザインする、湯朝かりんです。2021年1月、お正月に使えるバーチャル背景を作ってました。2022年もそろそろ出番だ😄 そして年末にzoomでご挨拶することも多いな…ってことで、年末verを追加しました! 🍺忘年会/新春zoom飲み 🖥年末年始の打合せ 🎈コミュニティーイベント のバーチャル背景に! よかったらDLして使ってくださーい❤️ (下記ご利用規約をお読みくださいね) 年末用 年始用 ※バーチャル背景は、残念ながら非対応の端末があ

            ウィズコロナで肩書きが増えた。グラフィックレコーダー以外を名乗るまでの話

            グラフィックレコーダーには今年、多くの変化がありました。ほとんどの方が模造紙で書いていたところ、デジタルツールで書いてオンラインで共有するという使い方も広がりました。オンラインで消えていくものを補いリアルに近づける可視化から、オンラインならではの可視化へ。 模索することも多かったけど、その分だけ、ご提案できることが増えたともいえます。今まで聞いたこともないようなご依頼も増えたように思います。逆に、自分のスタイルを絞っていった方もいたような。一人一人のやりたいこと、得意なこと

            miroは難しくない!グラレコと可視化でオンライン忘年会してみた。

            可視化コミュニケーションデザイナー/グラフィックレコーダーの湯朝かりんです。 忘年会の季節ですね☺️ オンラインで忘年会する時、ただzoomの中で飲むだけじゃなくて、なんかワクワクする仕掛けがあったらいいなと思いませんか? 今回、グラレコや可視化全般について興味をもって集まってくださった講座のメンバーさんと一緒にオンライン忘年会をしたので、レポします! なぜ忘年会をやろうと思ったか?講座ではどうしても、主宰である私が多くしゃべる形になります。雑談の時間も組み込んでいま