リモートワークで改めて困っていること
見出し画像

リモートワークで改めて困っていること

最近ですが、昨今のコロナの状況などを受けてAndbyでも一部で完全なリモートワークが導入されるようになりました。

それに伴って改めて感じることと、新しく感じることがあったので少し書いてみたいと思います。

私自身はリモートワーク自体は今回が初めてというわけではなくて、1年ほど前にも数ヶ月間リモートワークをしていました。
そのときには通勤時間がなくなって楽だったり、家族と過ごせる時間が増えたり、作業自体には没頭できたりといった良い面もありつつ、雑談がなくて孤独感を感じるだったり、毎日が単調になるだったり、クリエイティブなチーム活動はやりづらいだったりと多くの課題も見つかりました。

当時からそれぞれの課題に対応するために、チャットツールで雑談部屋を作って仕事には関係のないことをつぶやくようにしてみたり、リモートでイベントをしてみたり、アウトプットの形をかえてみたりと様々な取り組みを行なってきていくらか改善はできたように思っています。

ですが、やはりそういった意図的なコミュニケーションの仕組みだけではカバーしきれないなにかの欠如を今回のリモートワークでも大いに感じています。

特に前回はプレイヤー目線でのリモートワークだったので、作業に没頭するという観点だけからみるといいところもたくさんあったのですが、今回マネージャーとしてリモートワークに臨むようになって、メンバーたちのなにげない様子や雰囲気が掴みづらいことや、調子はどうなのか、楽しんでいるのか困っているのかなどが掴みづらく仕事のしやすい環境をつくれているのかよくわからなくなったことに特に困っています。

同じ空間にいるとそれだけで無意識に発信できたり取得できるような情報が抜け落ちることでこうも難しくなるのかと感じているところです。

オンラインの世界でも意図的なコミュニケーションをうまくとる方法や仕組みはすでにいろいろなところで考え尽くされていて、一定以上の成果もあがっているかとは思いますが、うまく様子を把握したり文脈を共有するためにはそれではなく意図的ではないコミュニケーションの部分にまだまだ改善の余地がありそうです。

意図的ではないコミュニケーション、つまりノイズのようななにかは一見面倒に思ったりするような類のものかもしれませんが、それでも無理やりやってしまうような力技がないと、オンラインの世界では十分なコミュニケーションには近づけないように感じています。

まずはオンラインではリアルのコミュニケーションではやらなかったような(嫌がられそうなので)意図的な無駄絡みを起こしていけるようにやっていってみようかと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「人とテクノロジーのちょうどいい塩梅」 Andby株式会社です。 会社のことや最新の技術研究についてなど発信していきます。 サービス開発やシステム開発でお困りの方は是非ご連絡ください。