見出し画像

時間の投資ポートフォリオ

(Webエンジニアが2020年秋頃から経営に直接携わり始めて、学んでいることやぶつかっていること、失敗したことなどを書いていくnoteです)

最近「時間は無慈悲に流れ続ける」ということを痛感しています。
まぁまぁなにを今更当たり前のことをという感じですが、
ここ最近で時間の流れを今までより感じるようになりました。
そんな今こそ時間のポートフォリオを意識すべきかと思っています。

まず今までのエンジニアとしての時間との付き合い方は
・仕事がはっきりしていて慣れていることが多いので時間が見積もりやすい
・チームがあって他のメンバがいるので時間を共有する人が見える
・空いた時間も技術研究だったり、開発を先取りしたりとわかりやすい
だったと思っています。
時間のポートフォリオとしては技術関連が大部分で、大体短期・中期のボラティリティの小さいものが多いという感じでしょうか。

でも経営に携わり始めてからは
・まず仕事を作るところから且つやったことのないことをどんどんやるので時間の見積が困難
・チームもつくるところからなので、時間を共有する人が見えづらい
・空いた時間をどう投資するかで、将来のいく先が変わるのでわかりづらい
となりました。
ポートフォリオとしては技術関連ばかりではなく、営業、経理、法務、マーケティングなどさまざまな銘柄に短期〜長期を織り交ぜながらリスクも組み合わせつつ投資するイメージです。ボラティリティは大きなものが多くなり、その分慎重かつ大胆に判断することが求められるようになりました。なのでなにか落ち着かない、ハラハラする時間がとても増えました。。

仕事があって周りのメンバがいた時はそこをベースに考えられるので時間の投資先も分かりやすくなっていましたが、
立ち上げ期の会社では自分が動かないと何も動かないうえに、投資先の選択肢も莫大になり、時間の使い方が複雑です。
今まではある意味では時間の使い方の多くを他の人やその他の外部の要素に依存していたんだなという気づきにもなりました。

今の時間の使い方がどうなのかは数ヶ月後以降にあらわれてくるはずなので、しっかり分析しつつ時間の投資力を磨いていきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
「人とテクノロジーのちょうどいい塩梅」 Andby株式会社です。 会社のことや最新の技術研究についてなど発信していきます。 サービス開発やシステム開発でお困りの方は是非ご連絡ください。