見出し画像

スタートアップはメンバーを増やせるか

こんにちは。Andbyの祖川です。
今回はスタートアップして数ヶ月で感じてきているもやもやしたものの正体について考えてみたら、スタートアップには早くメンバーを増やしていくことが特に重要ではないかと感じたという話です。

新しい会社としてスタートして数ヶ月ですが、案件も回り始めてきていてひとまずは順調と呼べるような状態になってきました。
ですが、なんとなく全然落ち着かない。もやもやする。
将来の案件と売上はなんとなく見込めそう。自社サービスのこともぼんやりと考え始められている。
なのに、なにかがまずい感じがする。

このもやもやの正体はなにかと考えていて、
会社の軸がまだ不安定だから?
ビジネスもまだ不安定だから?
それとも自社サービスがはっきり決まらないから?
はたまた資金周りの不安?
などといろいろと思い当たるところはありますが、現状考えた仮説としては「他のメンバーがいないことによるリスク」なような気がしています。

会社のメンバーが少なくても決まったことであったり、ゴールが定まっていることであればやれなくはないですが、全く新しいことに挑戦したり、方向性を模索しながら進んでいく際には、一人もしくは少人数だけの視点では危険かつ行き詰まりやすくなるのではと思っています。

それは身近にさまざまな個性を持った人がいることによって
自分だけではできないことができたり
アイデアや新しい視点をくれたり
業務の冗長化ができたり
という直接的なメリットはもちろんですが、
自分と違う考えを持った人がいることで自分自身の視野がそもそも広くなるコミュニケーションがとれて精神衛生的にもよい
などというメリットも大きいでしょう。

会社を起こしても一人や二人でやっていく分には気楽でいい面もありますし、メンバーを増やしても安定的に給料を払っていけるのだろうかという不安や逆にコミュニケーションコストが...といった懸念なども頭をよぎりますが、一人や二人で会社をやっていて、外部との繋がりがあまりないというような状況は、将来に向けて潜在的なリスクが非常に高い状態であると言えるのではないでしょうか。

と、そこまで考えてみてスタートアップでメンバーを増やしていくには?そもそも採用ってできるの?と新しい課題にぶつかることになったわけですが。。。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
「人とテクノロジーのちょうどいい塩梅」 Andby株式会社です。 会社のことや最新の技術研究についてなど発信していきます。 サービス開発やシステム開発でお困りの方は是非ご連絡ください。