見出し画像

身体が動く、仕事も動く

Andby

仕事が進まなくて頭がモヤっとするとき
なんとなく気分が盛り上がらなくて集中力に欠けるとき
人間はリズムのある生き物なので、どうしてもそういうときが出てくると思っています。

今週私もサービス設計に関する悩ましい問題について考えていて思考が進まなくなる時間がありました。
そのままじっと考えていてもダメそうだったのでふらっと外に出かけてみました。
目的もあてもなにもありません。
そういう時はただただ外に出かけてみます。

頭を空っぽにして通ったことのない通りを歩いてみると、どこからともなく土の匂いがしてきます。
歩きながらキョロキョロしていると見知らぬ共同農園を見つけました。
こんな近くに全然知らない面白そうなものがあったんだと嬉しくなりあれこれ空想します。

野菜をつくりながら地域の人と交流できるかな?
作った野菜でパーティとかしてみたい
IT農園作れるとしたらロボットか

そうこうしているうちにいつのまにか気分が晴れています。
そろそろ帰ろうと思う頃には、またさっきの難しい問題について自然と考え始めている自分に気付きます。
頭の中のモヤも晴れているのでさっきよりも上手く考えられたりするものです。

脳は身体の一部です。
言葉にすると当たり前のことですが、人は脳を腕や足などの他の身体の部位とは分けて考えがちかもしれません。
ですが、ちゃんと脳も身体の一部で、他の部位を動かすことで刺激を受けています。
外に出たり普段とは違った活動をしてみると外部からの刺激もたくさんです。

脳がうまく働いてないときは、
仕事中でもなんでもとりあえず身体的に動いてみるようにしていますし、人にもお薦めしています。
考え事をするために人が出入りしたり、ヨガをしたり、
ひょっとしたらプラモデルなんかを作ったりしているオフィス。
そういう自由のあるオフィスも面白そうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Andby
「人とテクノロジーのちょうどいい塩梅」 Andby株式会社です。 会社のことや最新の技術研究についてなど発信していきます。 サービス開発やシステム開発でお困りの方は是非ご連絡ください。