見出し画像

日々の好奇心は身を助く

Andby

いざという時に使える知識や技術は日々の探索の賜物だなと思います。
ちょっとした好奇心をつかまえて自分の地図を広げられるかが重要になってきます。

先日親会社のオフィスに間借りしていた時に
少しだけお世話していたバナナの木を株分けしてもらってきました。
正確に言うとバナナは木ではなく草なのですがそれはまあいいとしましょう。

そのバナナを植え替えするために必要な鉢も土もありません。
なのでまずは近くのグリーンショップに向かいました。
普段あまり出入りすることのないグリーンショップなので目に映るものすべてが新鮮です。
いろんな植物があっていろんな鉢があっていろんな土があって。
それぞれの姿にすごく好奇心が刺激されました。
店員さんに話を聞きつつ数ある中から適当な鉢とオマケでサボテンを一つ買ってしまいました。
少し浮かれていた感は否めません。

買って帰ってきてからまたさぁどうしようかとなります。
植え替えの方法からいい育て方までなにも知らないので調べながらです。
植え替えの手順は?
バナナの実はいつなるの?温度や水やりは?
サボテンも霧吹き程度で大丈夫かと思いきやそれは間違いなのか。
などなど、せっかくなので調べていくといろいろなことがわかります。
ついでなのでその他の植物やさらには家庭栽培できる野菜のことまでみていくとあっという間に時間が過ぎています。

好奇心のままにいろんなことを知っていくのは贅沢な時間だなと思いますが
ふとした瞬間に役に立つことがあります。
例えばオフィスの移転祝いにお花を送る時だったりとか
近くの共同菜園で作業している人に突撃してみるときとか。
案外たまたま知ったことでできたことはたくさんあります。
今までは知らなかっただけで見逃していたことや
やろうと思えなかったことにもチャレンジできるようになったりします。
それがきっかけで新しい道がひらけたり、知らない人と仲良くなったりということも。

新しい機会に出会ったらそれを逃さずついでにその周辺まで探索してみる。
その周辺探索の積み重ねはいざという時の引き出しを作ってくれるかもしれません。
いつかなにかに役に立つかもと思いながら、忙しい中でも好奇心を走らせてみる時間をとりたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!