見出し画像

来年の計は師走にあり

Andby

早いもので今年もあと数日となりました。
振り返ってみると、今年もいろいろあったしいろいろやったなとしみじみしてきます。
周りを見渡してみると、やれクリスマスだ、やれ年越しだなんて一様にバタバタしています。
仕事の面でも仕事納めに向かって俄に忙しくなってきます。

普段は忙しくするよりものんびりしていたいと思うのですが、師走の慌ただしさは好きです。
バタバタと忙しくする中にも今年の残り少しを頑張って走り切ろうとする気持ちがありますし、来年への希望があります。
最後まで頑張って走り切った先には一区切りほっと一息ついて英気を養えるひとときが訪れます。
そんなマラソンの最後の数百メートルのような時間が忙しくも心地よく感じます。

年内の仕事を片付ける傍ら、経営の目線でいけば来年の準備もしていかなければいけません。
今年のうちに来年のプランを立て、新年からリフレッシュした状態でスタートダッシュをきるためです。
年内の忙しさに目が行きがちな今こそ来年を見据える必要があります。
そしてもちろんいいスタートを切るためには、いいラストが必要なので今年の仕事も手を抜けません。
さまざまな時間を行ったり来たりして「ああ、忙しい忙しい」と言いながら、来年が楽しみで少し浮かれ気分です。
「一年の計は元旦にあり」と言いますが、本当は「来年の計は師走にあり」だと思って走り抜けていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!