Andby
わざとリズムを乱す
見出し画像

わざとリズムを乱す

Andby

最近、仕事でもプライベートでもにわかに忙しくなってきて、生活のリズムが乱れがちになってきました。
生活のリズムが乱れることによって、心身ともに負荷がかかってきていることも感じていて良くないし大変だなと感じることも多いのですが、反面ちょっとした気づきもありました。

今までの日々の生活を振り返ってみると、だいたい同じ時間に起きて朝のルーティンをこなしてから仕事に行き、その後同じくらいの時間に帰って夜のルーティンをしてだいたい同じくらいの時間に寝る、というような生活をしていて、この生活自体は身体の調子も整いますしメンタル的にも安定するので非常にいい習慣だと思っています。

ですが、最近では起きる時間も寝る時間もばらばらになったり、出社帰宅の時間も少しばらばら、それに合わせて家や外でやることも以前とは変わってきたりしています。

意図せず生活のリズムが乱れてしまっているわけで、確かに少しつらいなと思うこともあるのですが、いい気づきの一つとして以前とは違ったものを見られたり経験したりすることができるようになったことです。

例えば以前より1,2時間早く家を出るようになった時には、これまでに見ていた街とは違った様子の街を歩くことになり、この時間の人たちは一体どういう人たちなんだろうと考える機会にもなりましたし、夜の時間が長くなった時には夜の時間を家の中で楽しく過ごすにはどんなことができるだろうと考えてあれこれ試してみたりするようにもなりました。

生活のリズムを整えることは心身ともに健康に保ちパフォーマンスを上げるための基礎ではあるかと思いますが、やはりそれだけでは見えないものもたくさんあって、そういうところに何かヒントがある場合も多いかと思うので、意図的にいつものリズムを乱してみる試みを入れる必要がありそうです。それは生活のリズムだけに限らず、コミュニケーションのリズムだったり仕事のリズムだったり、いろいろな場面に当てはまることだと思います。

ちなみに人は「変わらない」ように選択したり行動したりしていく習性があるものだと思うので、乱れることによって負荷がかかってくるのだと思いますが、たまには意図的に乱れを作っていかないとなあと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Andby
「人とテクノロジーのちょうどいい塩梅」 Andby株式会社です。 会社のことや最新の技術研究についてなど発信していきます。 サービス開発やシステム開発でお困りの方は是非ご連絡ください。