見出し画像

須河沙央理選手

こんにちは。スポーツアナウンサーの脇田達司です。
この3連休は
ハンドボールの日本リーグと都道府県対抗女子駅伝の取材に出かけ
さきほど東京へ帰ってきたところです。

13日に京都で行われた都道府県対抗女子駅伝では
ひとりのランナーに注目しました。
須河沙央理選手
彼女のプロフィールなどはこちら

彼女は富山県をリードするランナー。
しかし高校時代にこの都道府県対抗女子駅伝でレース中に左大腿骨を骨折
たすきをつなぐことができませんでした。
大学を卒業後、一旦競技から離れたものの
2018年からオーディオブックでもおなじみのオトバンク陸上競技部に所属。
昨年12月のさいたま国際マラソンで初マラソン。
2時間45分45秒で13位。これからのランナーです。

(中継所へ移動前に行われた競技場での選手紹介・左から4人目が須河選手)

彼女の魅力は何かを考えてみました。
それが彼女が記しているnotetwitterを読み込んで行くと
一言ひとことがとても実直だというところ。
そして彼女をサポートするオトバンク陸上競技部の取り組み。
次へのステップを見据えて伝えていきたいことを
しっかり表現できているところ。

レース後のインタビューでは自分の走りができず、
思わず目に涙を溜めながら応じてくださいました。

次の大きな目標は
2月10日に延岡市(宮崎)で行われる延岡西日本マラソン
息つく間もなく合宿に入るとのことです。

彼女の走りにぜひ注目してください。

(写真提供:澤田博也)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

リアクションありがとうございます!
13
#AnchorsRoom九州 ★2019年3月から活動ベースを地元九州へ移しました。九州を拠点に活動するフリーアナウンサー。いろいろひちゃかちゃとやっています。 ★2019年11月ハンドボール国際Aマッチ実況 🥌2013年カーリング ミックスダブルス日本選手権出場

コメント2件

脇田さん本当にありがとうございます!
須河さん
こちらこそありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。