AnandBodhi

Oshoの弟子です。出版社勤務後、新しい社会のモデルになるエコヴィレッジを建設する会社を起業、経験不足で失敗。医療法人理事、公共貨幣フォーラム理事を務めながら、世界を楽園にするために外側も内側も探求中。https://www.facebook.com/takashi.miki
    • The Planet Magazine Wombat
      The Planet Magazine Wombat
      • 99本

      ライアル・ワトソン博士によるとWombatとは世界で一番役立たずの動物だそうです。20世紀に4冊だけ丸い地球のプラネットマガジンWombatは雑誌として講談社から刊行されました。 そろそろまた起き出しで、遊び出してもよいころかなと思ったりして。

固定された記事

自己紹介

1988年、インドでOshoの弟子になりました。 その時わかったこと。 人間の意識の究極の開花とはどういうものかということ。 仏陀やキリストやモハメッド、老子など、…

アフターコロナの日本再生プラン。電子公共貨幣EPMと債務貨幣の2重貨幣制度の導入

アフターコロナを見据えた日本の再生プランです。 以前、政府が国債という借金の形ではなく、直接お金を発行する公共貨幣によって国民に給付金を配布するというアイデアを…

愛の経営(『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』2)

「経済性を完全に捨てて愛を優先する。それが、結果として、究極の経済合理性をもたらす」というシンプルな発想は、実は、極めて合理的なのだが、資本主義経済の常識からは…

『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』1

人生において、ありのままで愛される体験は、人間にとっての究極の価値である。一人ひとりの人生から、究極の価値が奪われれば、社会が問題だらけになるのは、当然ではない…

『アバターの道 The Avatar Path』2

言い訳で自分を守りたいという、本能的な誘惑があります。それは人間という種の致命的欠陥かもしれません。 さて、辛くてもここで正直になりましょう。自分にこう問いかけ…

『アバターの道 The Avatar Path』1

しかし、滅びるものとは一体何なのでしょう? あなたは肉体ではありません、あなたは思考でもありません。どんな考えや言葉も、あなたを表現することはできません。考えは…