マガジンのカバー画像

内向型無職の独り言

8
日々の出来事、お気に入りのもの、印象に残ったことなど、無職生活を気ままに綴るエッセイ。なんてことない毎日だけど、ふとした瞬間も笑顔で楽しんでいたい。そんな思いで書いてます。不定期… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【内向型無職の独り言#08】きのこたけのこ戦争

【内向型無職の独り言#08】きのこたけのこ戦争

何が困るって、二択の質問。
そう、「犬派か猫派か」とか「コーヒー派か紅茶派か」とか、「きのこ派かたけのこ派か」とか、そういったものだ。「どちらか一つ」と答えを強制されても、大概迷って適当にはぐらかしてしまう。
それだけ自分が優柔不断なのかも、と思うけど、でも本当にどちらとも言えない場合は、どう答えたらいいんだろう。

犬も猫も飼ったことはないけれど、私はどちらも同じくらい好きだ。従順で賢そうな犬は

もっとみる
【内向型無職の独り言#07】クリームに溶けた怒り

【内向型無職の独り言#07】クリームに溶けた怒り

「怒ることってあるの?」とたまに聞かれる。
人間だもの、そりゃありますよと言いたいところだけど、確かに私が怒っているイメージは、リアルでもネット上でもあまりないかもしれない。ありがたいことに、子供の頃から「優しい」と言われることが多かった。

それはきっと、愚痴や不満を口にすることが極端に少ないからだろう。
本当は誰でもそうだろうけど、人に怒りをぶつけることは私自身、あまり好きじゃない。体力を使う

もっとみる
【内向型無職の独り言#06】一粒の幸せ

【内向型無職の独り言#06】一粒の幸せ

スーパーに行ったら、コンパクトサイズの飴を見つけたので買ってみた。チェルシーのバタースカッチ。よくあるフルーツ系の飴も嫌いではないけれど、なぜか子供の頃からバターとかコーヒーとか、ちょっと変わった味のほうに惹かれてしまう。
これはおやつというより、カバンにいつも入れておくためのものだ。出先で口寂しくなった時に食べたり、災害が起きた時など、いざという時は非常食にもなる。チョコでもガムでもなんでもいい

もっとみる
【内向型無職の独り言#05】自分ファッション

【内向型無職の独り言#05】自分ファッション

正直、私はあまりファッションに詳しいとは言えないタイプだ。今どんな服が流行っているかとか、何と何を組み合わせればオシャレに見えるかとか、そういったことはよく知らない。地元には有名なブランド店もショッピングモールも一切ないから、買うのは大抵ファストファッションやノーブランドになってしまう。
大学時代は、周りの女の子達のオシャレさに圧倒された。女子大で、いわゆる「お嬢様学校」というイメージの強い大学だ

もっとみる
【内向型無職の独り言#04】月一映画タイム

【内向型無職の独り言#04】月一映画タイム

大晦日の午後、家族と一息つきながらテレビをつけたら『ショーシャンクの空に』をやっていた。1994年のアメリカ映画で、原作はスティーブン・キング。無実の罪でショーシャンク刑務所に収監された主人公が、囚人達と友情を育みながら、秘かに脱獄を企てる物語だ。終盤、自由を手に入れた主人公が、雨の中で喜びを爆発させるシーンが有名。
この作品は去年、Amazonプライム・ビデオを通して初めて鑑賞した。契約している

もっとみる
【内向型無職の独り言#03 毎日の味噌汁】

【内向型無職の独り言#03 毎日の味噌汁】

仕事を辞めてから、家族の夕食を作るのは私の役目になっている。
料理は決して上手いとは言えないけれど、作ること自体は苦にならない。うちの母は料理が得意だから、きっとその影響もあるのだろう。音大時代の一人暮らしである程度自炊はしていたし、もともと何かを作るのが好きなタイプだ。
作曲をする時と同じで、食事でもなんでも、モノを作っている時はのめり込んでしまう。夢中になったり、何かに没頭出来る感覚が好きなの

もっとみる
【内向型無職の独り言#02】親になった同級生

【内向型無職の独り言#02】親になった同級生

昔の同級生がパパになったらしい、と母から聞いた。特別親しかったわけではないけれど、幼稚園の頃からの顔馴染みで、小中と同じ学校で過ごした男の子・・・いや、もう立派な男性か。
実家はかなり大きなお寺で、彼が後を継ぐことになっている。地元を離れて、ちゃんとお坊さんとしての修行もしてきたらしい。育ちがいいだけじゃなく、小柄でお喋りで、ムードメーカー的な男の子だった。そんな彼がパパになったとは。

連絡をと

もっとみる
【内向型無職の独り言#01】前書きのつもり

【内向型無職の独り言#01】前書きのつもり

「エッセイを書いてみたい」

最初にそんなことを考えたのは、もうだいぶ前だったと思う。

2021年現在、私は28歳にして定職についていない。結婚もしておらず、子供もいない。大学を出てすぐに入った会社を2年で辞めてから、仕事探しはしてこなかった。
ニートになったのは、職場でのストレスでうつ状態になったことが原因だった。毎日不安症に悩まされて、仕事も思うように出来なくなってしまったのだ。人付き合いが

もっとみる