見出し画像

大人の冬休み2019 Day3-4 パリのストを生き残れ

12月5日から始まったストが今なお続くパリ。果たして無事に生き残れるのか?

Day3 渦中のパリ

12月23日、アントワープからパリまでは、日本で事前に予約していたThalys(タリス)で移動。Thalys自体にストの影響はなく快適に到着。Thalysは早割でかなり安くなるので、絶対に事前予約がおすすめ!

今回の冬休みの最終目的地はスペインのバスク。フランスをパリ、リヨン、トゥールーズ、ボルドーと観光しながら電車(SNCF)で南下してスペインに入るはずだった。パリの滞在はたった一泊。

画像1

…が、事件は起きる。パリ・ノード駅からホテルのあるパリ・ガールドリヨン駅までの地下鉄がストで運休!バスやタクシー、Uberも考えたけど結局時間がかかりそうなので仕方なくスーツケースを4km徒歩でゴロゴロすることに…。予想はしてたけれどSNCFストの影響は甚大です。

ホテルに行くまでの道のりで、力尽きて昼食にすることに。怪我の功名、ここが当たりのお店だった。

画像2

すぐとなりのミシュラン一つ星Septimeの姉妹店。日本インスパイアされたものもあり、お好み焼きっぽいものも(焼きキャベツ、燻製うなぎ、かつおぶしの組み合わせ)。何より地味においしい付け合わせのパン。さすがフランス。

画像3

美味なる食事で元気を出し、無事にホテルへ荷物を起き、身軽になってお散歩へ。ストで交通機関はあてにならないので、ガールドリヨン駅から徒歩で遊べる範囲で遊ぶ。

まずはノートルダム大聖堂のお見舞い。近くで見るともっと痛々しい姿ですが、それでも多くの人が訪れていました。

画像4

近くの建物はプロジェクションマッピングでトリコロールカラーに。

画像5

夕飯は老舗カフェにて。

特筆すべきというほどではないけど、オムレツなんかはベタにおいしい。そして執事感満載のスタッフ含め、雰囲気がよかった。

画像9

画像10

Day4 フランス冬のパン祭り

12月24日、夕方リヨンに向けて旅立つ日。まだ時間はある。

何を隠そうパンが大好物のワタクシ。パリに来たからにはブーランジェリー(パン屋)巡りを何が何でもしたい!ストの中でも行ける店、開いていそうな店をあらゆるネット上の情報を駆使しピックアップ。

まず朝食は Aux 2 Angesで。2019年のパリ・バゲットコンクール第2位だとか。

画像8

ボリュームたっぷりのハムとチーズのシンプルなサンドにしました。バゲットは薄めの焼き色、うん、おいしいね。しかし、フランスのバゲットが焼き時間は短く、食感も柔らかくなってきているという記事を昔どこかで聞いたことがあるけれど(噛むの疲れちゃうんだって)、あれは本当なのだろうか。個人的にはバリバリにクラスト(外側)が固い、よく焼かれたものが好みなんですが…
サンドになっていない、ふつうのバゲットも買えばよかったな。

さて、朝食も食べ終えてお出かけするかというところで、またしても事件は起きた。既に日本で予約していた27日リヨン~トゥールーズ便がキャンセルになったとSNCFからのメールが!

慌ててSNCFの窓口に並び、代替便を探してもらうも、同日便はなく28日以降になるとのこと。しかしそれもキャンセルになるかもしれないとのこと。

もうSNCFは信用ならん、別の手段を考えるべし。急いでパートナーとあらゆる代替案を検討した結果、今回はトゥールーズを諦め、リヨンから直接ボルドーに飛行機で向かうことに。

パリ→リヨン3泊→トゥールーズ2泊→ボルドー1泊から

パリ→リヨン3泊→ボルドー3泊に急遽変更。

トゥールーズ近郊の街巡りをしようかと考えていたけれど、ボルドーでワイン三昧だ。

その場で飛行機の予約を抑え、ホテルの予約はBooking.comで後でゆっくりやり直せばいい。キャンセル無料プランにしておいてよかったぁ。

そんなドタバタがありながらも、無事計画を練り直した我々はパン屋巡りに戻り、パンを買い込んでリヨンへ向かうのであった。

パリのおいしいもの

上述した店やパン屋巡りで行った店含め、パリでおいしかったものをまとめ。

■レストラン
Clamato
シーフードのおいしいお店。メニューはよく変わるみたいなので、上述のお好み焼きがいつもあるかは保証なし。

Cafe de Flore
ドゥマゴと並ぶ老舗カフェ。大混雑です。

■ブーランジェリー
Poilâne
何店舗かあります。シンプルイズベストなバターリッチなクッキーが最高!アップルタルトもおいしかったです。パリに行くことがあれば、また行く。

画像6

画像7

Ble Sucre ※Webサイト見つからず
VIRON社の小麦を使っているようで、知っている人は渋谷の名店VIRONと同じようなラインナップをイメージするとよいかと。味はとてもおいしく、バゲットはしっかりとしたクラストが楽しめます。甘い系統のパンもよかった。またぜひ行きたい。
7 Rue Antoine Vollon, 75012 Paris 

Boulangerie bo
Ble Sucreの近く。少し変わった風味のひと工夫あるパン。リーンなパンを食べるというよりは、お菓子やデニッシュ系の方がいいのかも。

La Parisienne (Gare de Lyon)
ガールドリヨン駅近く。パリ市内にも全部で7店舗ある模様。2016年バゲットコンクール優勝だそうで、個人的にこのお店のバゲットが一番おいしかった。

Aux 2 Anges
2019年パリ・バゲットコンクール第2位。お菓子もパンも種類多め。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よければ他の記事もお楽しみくださいませ。
3
たび、たべもの、日々つれづれ。グルメ情報多めの海外旅行記など。

こちらでもピックアップされています

大人の冬休み2019
大人の冬休み2019
  • 4本

2019年の年末年始旅行記です。ベルギーから入り、フランスを南下、目指す最終目的地はスペイン・バスク地方。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。