見出し画像

大人の冬休み2019 Day 7-9 そりゃワインでしょ、ボルドー

いや、カヌレもあった。

Day7 学生街ボルドー

12月27日、きれいなリヨン・サン・テグジュペリ空港からボルドーへ。荷物受け取り場が既にワイン。

画像1

いったん荷物をホテルに預けて散策に出る。

中心街に出ようとするも、何を間違えたか少し怪しい道に出る。KFCならぬ、HFCやらCFCやらFFCやらを通り過ぎ(海外あるあるのKFCのパクリ店)

画像2

やたらある床屋を通り過ぎ(あれは何だったのだろう)…

あれ、なんか具合が悪い。

というわけでなんとボルドー初日は体調不良でホテルで寝てすごすことに…。情けなし。以下は具合が悪い中でも撮れた写真をどうぞ。

画像3

Day8 だけじゃないボルドー

12月28日、昨日の遅れを取り戻すべく朝早くからお出かけ。その湾曲した形から月の港と言われるボルドー。薄く水がはった景色で有名なブルス広場も、冬は凍結防止で普通の広場。なんなら工事してたしね。

そうなればボルドー名物、カヌレ巡り。街のあちこちにある、二大有名店Canelés BaillardranとLa Toque Cuivrée。前者はお店も味もパッケージもゴージャス(値段も)で、画像6

画像7

後者(La Toque Cuivrée)は庶民的でお安く、重すぎなくてパクパク食べられる。

画像8

画像9

どちらも良さがあるけど、私カヌレあんま好きじゃない…
パートナーはハマりにハマって一日に何個も食べてましたが。回転率の高そうなお店で焼き立てを狙って買うのがおすすめ。間違っても駅前のフードカートで、風にさらされて冷たくなったカヌレは買わないほうがいいです。(やってしまった…)

カヌレの後はボルドーで評判のベーカリー Louis Lamourへ。

画像5

ここがバゲットもクロワッサンもおいしいのなんのって。あぁ、フランスは本当パンの楽園だわ。

画像10

昨日何もできなかった分、どんどん観光を続けます。

大聖堂。

画像11

そしてボルドー観光目的のひとつ、ワイン博物館。

La Cité du Vin

建物自体もユニーク。

画像12

20€で展望台での試飲1杯つき。(チケットは事前にGetYourGuideでオーディオガイド付きのものを同額で購入)

画像13

とにかく情報量が多くて、とてもじゃないけど見終わらない。ワインに深く興味のある人は、ブドウの種類や産地といった情報をじっくり読んで回ることもできるし、カジュアルに回りたいならプロジェクションマッピングや3D映像、香りなど、ありとあらゆる趣向が凝らされた展示だけを楽しむこともできる。日本語ガイドもあり、ワイン好きならとにかくMust Visit!

画像14

夕暮れのボルドー。

画像22

ただの街歩きですが、なんでもない風景がきれいですね。

画像23

Day9 サンテミリオンまで

12月29日、事前にVeltraで予約していたボルドー観光所が開催しているサンテミリオンまでのツアーに参加。この日は非常に寒く、霧のお天気でした。

観光所へ向かう途中、霧の中のピエール橋に立ち止まる。ボルドーの観光情報を見ていると、橋を横から眺めた(この記事のヘッダーのような)写真が多いけれど、こんな風景も見られるのね。先が見えなくて異世界にでも続いていそうな幻想的な風景。

画像18

さて、ガイドさんの説明を聞きながら大型バスでいよいよサンテミリオンへ。

画像18

ツアーでしか入れない教会の地下も堪能(写真は禁止)。他にも歴史的な建物の中に、現代的なアートが施されていたり、なかなか楽しい場所でした。

画像19

つづいてワイナリーツアー。

画像21

画像22

1か所しか見学できていないけど、建物が素敵で、なんといってもラブリーな、人懐っこい黒ラブラドールレトリバーがかわいかった。

画像20

正直、ワイン自体はう~んという感じだったけれど、サンテミリオン散策ができたのでよしとしましょう。

夕方すっかり日も暮れて戻ってきた夕飯は、軽くバーで。おそらくボルドーで最も人気であろうBar à Vin。

そりゃそうだ、なんせ一杯が安いもの(2~6€)。クオリティも良い。おつまみ程度しかフードはないけれど、このコスパでとにかく混む混む。16時くらいまでに入ることを強くおすすめします。

画像15

さて、明日はサンセバスチャンに向かいます。

ボルドーのおいしいもの

上述のお店も含めて、ボルドーでおいしかったものまとめ。

■レストラン、バー

echo

ふらりとよったワインバー・レストラン。店内の曲がオールディーズだったり、店員さんがパイナップル柄のポロシャツ着てたりと、なかなか気取らずもおしゃれな感じですが、料理も絶品。何食べてもおいしかったです。

画像24

画像25

Bar à Vin

ボルドーワイン委員会のバー。観光所の側にあります。

■軽食(カフェ、ベーカリー etc.)

PLUME ※あまりいいサイトがなかったのでtripadvisorのリンクで

ブランチスポットを探して見つけたお店ですが、家族連れからカップル、女友達での集まり等、ローカルでにぎわっていました。お値段お高めですが、タルティーヌ(薄切りパンのオープンサンド)が選べて、フルーツ、グラノラ、ヨーグルト、ケーキがセットで、かつバゲット食べ放題、ドリンク飲み放題のブランチは大満足。

画像26

Boulangerie Louis Lamour

tripadvisorなどの情報によると、2017年フランスのTV番組でベストベーカリーに輝いたよう。オープン直後はローカルでそこそこの混雑でしたが、観光客はゼロでした。

Les Halles De Bacalan

ワイン博物館のむかいにある食市場+フードコート。博物館見学後にちょっとお茶したりするのに便利。

■番外編

Au Pétrin Moissagais
行きたくて行けなかったパン屋。ルイ15世時代の1765年に作られたオーブンのあるお店。体調管理は万全にしないとダメですね。。。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よければ他の記事もお楽しみくださいませ。
6
たび、たべもの、日々つれづれ。グルメ情報多めの海外旅行記など。

こちらでもピックアップされています

大人の冬休み2019
大人の冬休み2019
  • 4本

2019年の年末年始旅行記です。ベルギーから入り、フランスを南下、目指す最終目的地はスペイン・バスク地方。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。