見出し画像

スペシャルティコーヒー初心者がSCAJ2019に行って感動した話②

前回の記事①の続きです!
今回もSCAJ2019で飲んだコーヒーをメインにお話していきます。

NOVO

画像3

京都生まれの熱風式の焙煎機。

頂いたパンフレットには
以下のように書いてあります。

3本のシャフトから噴きつける熱風により、
豆が踊ります。
そのため全体に熱が通り、
豆の中心からしっかりと煎り上げ、
焼きムラのない綺麗な焙煎が可能です。
煙と雑味の原因となるチャフを焙煎中に
サイクロン方式で自動除去。
クリーンな煎り上がりを実現します。

しかも、
焙煎から冷却まで自動で行ってくれます!

画像1

魅せる焙煎機って感じです!

左上から生豆を投入して、
中央の透明な筒の部分で豆に熱風に当てます。
チャフをサイクロン方式で上方に吸い込み、
右の透明な丸い容器に溜まっていきます。
溜めるだけでなく
チャフもくるくる回っているのが素敵!


行きつけのお店にも、
素敵に見せてあっていつも稼働しています。
音が小さくて、稼働していても気になりません。

そのお店にはオプションで焙煎機を照らすライトと
NOVO MARKⅡと書いてある部分に
お店の名前が書いてあります!



インドのポアブス農園の焙煎豆を頂きました。

画像2

画像4

結構量が入っていて(100gはある)、
こんなにもらっていいの!て感じです♪



グランド オーガニクス カツーラ

画像14

グランドオーガニクスカツーラ
男性が比較的好きらしい。
匂い嗅いだ時、なんか植物っぽいとおもった。
言っても伝わらなかったけど。笑
何回嗅いでも、フルーティというより、
お花の匂いというか、
葉っぱの匂いみたいに感じる。
味は普通のコーヒーよりさっぱりしてるんだけど、匂いがどうも独特だった。



カウアイ農園 ティピカ

画像15

カウアイ農園ティピカ
比較的女性が好きらしい。
上のコーヒーと比べて、土っぽい味。
大豆っぽい味?それだ。
匂いが森の土みたいな感あった。
普通のコーヒーに似てる。



ワタルコーヒー

画像5

スペシャルティコーヒーの定義でも、
ワタルコーヒーさんのHPから引用しました。
日本を代表するコーヒーインポーターです。
ブースも他と比べて大きい!


モニター前ではカッピングができて、
右側のカウンターで2種類のコーヒーの試飲ができました。

*サンディエゴ ブエナヴィスタ ゲイシャ (ウォッシュド)
*シェカ カヨカミノ農園 G-1 (ナチュラル)


これらの試飲メモがこちら。

サンディエゴ ブエナヴィスタ ゲイシャ
最初に飲んだエスメラルダのゲイシャに比べて、ヨーグルトみたいな匂いがしたし、
ヨーグルトみたいな味がした!
酸っぱいだけじゃなくて乳酸菌みたいな…。
フルーツヨーグルト?美味しいけど不思議!
エチオピア カヨカミノ農園
匂いを嗅いだ時、なんか堆肥みたいな
肥料みたいな匂いだと思った笑
周りの人も匂いがすごいって言ってる。
味は酸味強め。エキゾチック…



Scrop COFFEE ROSTERS

画像6

Scropでは、4種類コーヒー豆を売っていました。

*パナマ・ゲイシャ エスメラルダ農園
*パナマ・ゲイシャ ジャンソン農園
*ブラジル・ゲイシャ ダテーラ農園
*ブラジル・ラウリーナ ダテーラ農園

画像12

そしてこれら全部、試飲できました!

エスメラルダのゲイシャは記事①の
パナマ・ゲイシャで試飲メモを載せましたので、他3つの感想を伝えたいと思います。

エスメラルダのゲイシャコーヒーの感想はこちら

ブラジルダテーラ農園
オークションロット マラカトゥ
ゲイシャ種

匂い嗅いだ瞬間ゲイシャだ!とは思うんだけど、
これも総合フルーツではなくて、ベリー!
ラズベリーの匂いがするし、
ラズベリーの味がした!
アップルっていうのもわかるかも。
めっちゃ美味しい。ジューシー。
ブラジル ダテーラ農園
オークションロット マラカトゥ
ラウリーナ種

カッピングプロファイルにあるだけあって、
レッドワインっていうのがわかる気がする
赤ワインふうな渋みみたいなのが感じられて、
サングリアをすごく濃くして
コーヒーにしたらこんな感じ?甘い。
ベリーっていうよりすこし
酸っぱい方のフルーツかも。
パナマ ジャンソン農園 ゲイシャ種
Scropではエスメラルダのゲイシャより人気
ジャンソンのゲイシャのほうが、
フルーティが強いらしい。
確かに、飲み比べしてみると、
エスメラルダよりもフルーツの押しが強い!
やや酸味の強いフルーツとか、
あと南国のフルーツの雰囲気。
比べてみて初めて、エスメラルダのゲイシャが
フローラルの香りとか風味がするのが
わかったかも。


ここからしばらくゲイシャが飲めないのか…
という気持ちと、
ワインが好きなので赤ワインの風味がする
ブラジル・ラウリーナが珍しいしまた飲みたい
という気持ちで、

葛藤した結果パナマ・ゲイシャ2種類と
ブラジル・ラウリーナを
どちらも買ってしまいました(笑)

ゲイシャは各50g1500円、
ラウリーナは50g3000円でした。
高級…!!!

エスメラルダ農園のゲイシャのパッケージ↓

画像11

高級感あります。かっこいい。


Scrop COFFEE ROSTERSは、
商社を通さず直接生産者の元に行くそうです。

そして、ベストオブパナマという
パナマで生産されたコーヒーの品評会で、
希少なオークションロットを落札するなど、
コーヒーへの情熱が素晴らしいです。

画像13

カッピングやドリップのセミナーも、
随時開催しているとのこと!

私は上の画像にあるジャンソン農園のベストオブパナマ2019が飲める
カッピングとドリップのセミナー
(参加費5000円)を予約しました!

そちらの記事も、セミナー後に投稿します!

そんなScrop COFFEE ROSTERSのHPはこちら。


おまけ

様々な新商品を紹介するコーナーで
個人的に面白かったものを載せておきます!

土鍋のような焙煎器

画像7


コーヒーチェリー摘み立て模型

画像8


無数のコーヒー関係キーホルダー
(売ってました)

画像9


全自動スペシャルティコーヒーマシン

画像10


おわりに

コーヒーに全然詳しくなかったのですが、
このイベントに行ったことでとても興味が湧きました!

お目当てのゲイシャコーヒーを飲めるだけでなく、
産地ごとの味特性の違いとか、
普段絶対頼まないようなコーヒーの良さ

知ることができて本当に良かったです。

セミナーも予約できたので、次の活動にも
つなげることができたなあと思います。

また行きたいイベントでした!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金はすべて、自身の将来的な目標「書くことで食べる」をかなえるために使わせていただきますと書いていましたが、そんな曖昧なのはやめて、記事のためのイベント代・交通費に充てさせていただきます。 皆様の温かいお心遣い、どうぞよろしくお願いいたします。

これからも頑張ります!
5
書くことと一人が好き。僕が僕であるってなんだろう。投稿内容は頻度多目が珈琲レポ、今日の一曲、エッセイ、エスペラント語(New)で、他に書評、写真、イベントレポ、カフェ紹介です。モットーは"誰かに何かのきっかけを"よければ固定記事《極彩色の夜へ》ご覧ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。