見出し画像

一昨年亡くなったおばあちゃん

先日、1個下の友人が死んだ。(タイトルと違うやんけ!)

彼は、私が29年の人生の中で出会った人の中で一番の秀才だ。

慶應義塾大学へ進学し、3年生から千葉大へ編入し背も高くて細身のスーツがよく似合って堀の深い、めちゃ稼いでるやつ!だけどメンヘラで変な女引いちゃうやつ(笑)

銀行マン、投資家、税務士、弁護士、労務士、離婚歴あり(笑)、胃がん手術歴あり、京大の非常勤講師になるも再発でなれず、

学生時代のサークルは「昔遊びサークル」(笑)そのあと、友人と投資サークルを立ち上げたらしい。

バイトしてたホストの源氏名は「なゆた」(笑)親友の名前らしい。すごいいじってネタにしてた(笑)

各々の誕生日には仲間うちで飲んで騒いで、サシでも飲みにいったこともあるし、友人のSNSで見ることもしばしば。

そんな彼が亡くなったと連絡があった。死因はわからない。今日は葬儀に参列してきた。

彼と会っているときは基本飲みの場で、ほとんどが友達数人でだったけどサシでもあるし、インスタやラインで連絡を取ったりしていた。いつも私のことを応援してくれて、誕生日には手紙付きで贈り物をくれて、掘れば掘るほど面白くて、超努力家で、メンヘラ系男子で、優しすぎて、困ってる人ほっとけなくて、ゆえに変な女にひっかかってたけど、酔っ払うと前歯折ったりとか誰よりもぶっとんでて、いくらでも話聞いてくれて「そうだよね」って否定一つせず話を聞いてくれた。

彼に会えないのはとても悲しい。寂しい。

お葬式は、父方の母、おばあちゃんが2018年11月に亡くなった以来だ。

友人をお見送りしたあと帰り道、大好きなおばあちゃんを思い出してた。

おばあちゃんもいつも私のことを偉いねって応援してくれて、誕生日カードとクリスマスカードに加えて、年2回以上送ってくれる小包み。

小包みには、おばあちゃん手作りのお稲荷さんときんぴらごぼうが毎回入っていて、お手紙が添えられてた。「馬鹿の一つ覚えだけど食べてね。亜美ちゃんいつも頑張っててえらいね。体に気をつけてがんばってね」っていつも書いてあった。とっても綺麗な字で。おばあちゃんは習字を習っていて習字の先生になれる資格を持っていた。

私は兄弟が3人いて兄、双子の片割れ、私住んでいるところそれぞれに送ってくれてた。

おじいいちゃんは家事は一切やらない。小柄なおばあちゃんは一人で家事も全てこなしながら一生懸命料理を作って、分けて、お手紙を添えて、送るって。今は分かる。それってかなり大変なこと。

おばあちゃん。本当にありがとう。あなたの愛に包まれながら育ち、あなたの愛にたくさん救われ、たくさん癒され、愛を受け取りました。

おばあちゃんは愛の人だ。幼いときから、今もたくさんの愛を受け取っていたよ。

おばあちゃんは、良い人からも悪い人からも好かれるくらい、愛の人だ。(詐欺にも遭ってしまうくらい)おばあちゃんが自分のことを話しているのをあまり聞いたことがないし、いつも人に世話を焼いている。いつも自分のことより、人のこと。いつも人のために動いていた。

お盆とお正月、うち家族と父の弟家族が群馬前橋にあるおばあちゃんちに集まる。そうするとおばあちゃんは座る暇もないくらいおもてなしをしてくれる。うちの父が「いいから座りなよ!」って言っても座らない。「若いんだから、いっぱい食べなさい」って食べ放題のしゃぶしゃぶやさんへ連れてってくれたり、着付けを習いアヤアミに浴衣を買ってくれ着せてくれたり、私たちや従兄弟を楽しませようとゲーセンに連れてってくれてお金くれてベンチ座って待っててくれてベンチで目をつむってたな。

家でタバコ屋さんを営んでいたおばあちゃんは、お店にお兄ちゃんが全国大会へいったときの垂れ幕写真とアヤアミの全国大会へいったときの写真、うちら家族写真を貼っていた。きっとお客さんに自慢してくれていたんじゃないかな。

今でもタバコのお店に行くとおばあちゃんの存在を感じるんだ。座布団にちょこんて座っているような気がするんだ。昔は駄菓子屋さんをしていたそうだけど、父と弟(叔父さん)が友人からいじられるのでタバコ屋にしたみたい。

おばあちゃんと歌った、「愛燦々」覚えているよ。

おばあちゃんは物が捨てられない。だからおばあちゃんちは物にあふれている。誰に対しても優しいからよくいろんな物をもらう。おばあちゃんもこれ絶対いらないだろうなって物もよくあった。いらないから使わないからくぅちゃんにあげるってよく物をもらっていたよね。○○さんに頂いたんだけど、アヤちゃんアミちゃん使う?ってよく聞かれてた。おばあちゃんは本当に物を捨てられないんだよね(笑)

あやちゃんとあみちゃんは仲が良くていいねってよく言っていたね。おばあちゃんは一人っ子だったから羨ましいって。お髪が綺麗ねって褒めてくれたね。テニス頑張ってるねって褒めてくれたね。高3のときの国体で大分まできてくれて行き会えてよかったって涙ぐんでいたね。おばあちゃんは、いつもえらいね、すごいねって褒めてくれた。

私は顔がおばあちゃんによく似ている。(おばあちゃんの昔の写真をみても思うし、葬儀に来ていたおばあちゃんの昔からの友人に「よく似ているわ」と言われた)おばあちゃんの血を濃く引いていて幸せだ。

おばあちゃんがガンになり病院の緩和ケアで入院していたとき、お見舞いに行ったはいいものの大したことできなくてごめんなさい。どうしていいかわからなかったんだ。行く度行く度、痩せ細るおばあちゃんを見てられなかったんだ。あんなに愛をくれていたのに、何もできなくてごめんね。



だから私は決めてるの。

おばあちゃんからもらった愛を、私の周りの人に還元するって。

だから見ていてほしい。死ぬまで命、燃やすから。愛の人、国子さん。見ていてほしい。

あなたの旦那さんのおじいいちゃん、言っていたよ。幼いころから身体が弱くて病気がちでいいことがなかったけど、国子さんと出会って変わったんだ。幸せになったんだんだ、って。

私も、そういう風に人を幸せにできる人になりたい。

あなたのように人から愛される人にはなれないかもしれないけど、あなたのように人に愛を与えられる人になりたいから。

あなたの家族に生まれたことを、誇りに思います。

心から感謝。

ありがとう。おばあちゃん。

ありがとう。りょうが。

大好きだよ。

また会おうね。

それまで、またね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい😘
6
パーソナルトレーナーしてます。だいぶ変な人だと思います。インスタ【amitore18】でやってます✌️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。