見出し画像

僕がぐずぐず泣いている時は、今に戻ってきて欲しいとき

子供が妙にぐずぐずするとき。

私にもその状況はイライラがつのる瞬間。


くうちゃんは私が時間に追われて動いていた時、よく泣いていた。


私がイライラしてるのが嫌だったというのもあるけど、

「戻ってきてよ」

って言っていたことがある。


その時はなんのことやらよくわからなかったけど、

今思うと、私に「今に戻ってきてよ」って言っていたんだと思う。


この時間までには寝かせないと、明日は保育園だから何時までには起こさないと、

やりたいことあるから早く寝かせたい・・・

これって、よくよくみてみると、先のことばかり考えていて、今にいなかったことがよくわかる。

不登校で悩んでいたときもそう。

この先、この子は学校に行かないで将来大丈夫なんだろうか。

社会性は身につくのか。勉強はしなくて職業の選択の幅がせまくなるんじゃないんだろうか。

先の不安や心配をつかんでいて、今がない感じ。


今目の前にいる子供たちは、そんなの関係なく、今を楽しみたがってる。

それを少ない語彙力で伝えてきてたからたくさん泣く子だったようにも思う。


そしてそんな風に私がイライラするのって、自分がつかれているとき。

子供が抱っこ抱っこでぐずぐずしてるときって、実は私が抱きしめてもらいたいとき。

そんなことに気が付いたことがあった。


そしたらふっと力が抜けて、最近は、

「ちょっと肩貸して」って9歳の小さい肩にもたれかかることもある。

不安や心配、恐れみたいなものをつかんで生活しているときは
できなかった行動。

自分がしっかりしなきゃ、いい母親でいなくちゃって思っていた時代。

自分ひとりでがんばっていた時代。

疲れたから助けてって素直に言えばよかったんだって今は思う。

助けてほしい、抱きしめてほしいって言う代わりに、
たくさんのイライラと相手への責めの言葉をぶつけてた。


今もそんな癖が顔をのぞかせるときはあるけど
そんな自分もかわいいなって思える。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです。ありがとう💕
5
3児の母。長男の自閉症、不登校を通して子供から自分を生きることを学びました。2018年10月、夫も仕事もやめて自宅で開業。子供が学校へ行かないを選択して2年。「学校教育が子供中心のものになるようにしたい」「地域全体を学校にしたい!」そんな想いで地道に活動を始めています。
コメント (2)
柳澤 智子さん
私のイラストを使って頂きありがとうございます✨
わかります…イライラしてしまう時って先の先を見てました(¯―¯٥)
黒猫T郎さん
コメント、ありがとうございます!すごく嬉しいです💕絵本作家目指してらっしゃるんですね。すごい!!応援します✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。