見出し画像

私の回復じかん

 昨年の夏ごろから、他人の声や物音、仕草や所作が異常に気になるようになってきた。はじめは「気になる」くらいだったのが、次第に程度が悪くなってきて、最終的に日常生活がままならなくなった。
 耳に入ってくる音、目に入ってくる光が、すべて「情報」として頭のなかに入ってきて、処理が間に合わず、思考がパンクしてしまう。

 このことをカウンセラーさんに相談したところ、「発達障害かもしれない」という所見をもらい、ためしに薬を飲んでみたら、わりとマシになった。
 とはいえ、「マシになった」程度で、あいかわらず情報過多に悩まされている。なんとかつつがなく外出できるようになったが、外で一日すごすと、クタクタに疲弊して、翌日は使い物にならなくなっている。

 とにかく毎日疲れる。ただ歩いているだけ、電車に乗っているだけ、お茶をしているだけ、買い物をしているだけで疲れる。人が多い場所へ行くと、それだけでヘトヘトになる。
 そういうわけで、家にいるときがいちばん落ち着く。最近は仕事もなにもかも、ほぼ家のなかで完結する。とてもありがたい。

 家のなかは静かだ、なぜなら、わが家は鉄筋コンクリート造なので。遠くから工事の音が聞こえてくることはあるが、気になるほどではない。妻がいない、家にひとりのときなどは、ほぼ無音である。
 こういうときに、キッチンのスツールにすわって、ボーッとするのが至福の時間である。換気扇が回るちいさな音だけが、断続的に流れている。あとはほかになんの音もしないし、キッチンの見なれた光景以外には、なにもない。

 スツールは、近所のホームセンターで買った、安物である。本来は、スツールというより簡易な足場なのだが、最近はもっぱらスツールとして使っている。プラスチック製だが、丈夫そうなのがいい。
 高さや、すわり心地も、ちょうどいい。なにがちょうどいいのかはわからないが、すごく落ち着く。仕事が煮詰まったときなどは、キッチンでスツールにすわって、「なにもしない」をしている。

 キッチンのちいさな窓から、うっすらと外の光が差し込んでくる。窓辺、無音、わずかな光、これでいい。そう、これだけでいいんだよ。よけいなものが一切ない。
 だから私も、よけいなことは一切しない。コップにお茶をいれて、ときどき口に運びながら、ひたすらなにもない時間をすごす。外から帰ってきたときは、こうして気持ちを落ち着かせ、頭のなかのよどみを、すこしずつ消化していき、ゼロにする。

「なにもしない」というのは、案外むずかしい。最近は、時間が空いたらスマホを見たり、本を読んだりしてしまうし、喫茶店でボーッとしているつもりでも、じつは常になんらかの音、光、情報にさらされているから、思考は止まっていないし、頭のスタックはたまっていく。
 その点、自宅のキッチンはいい。私ひとり、あるいは妻とふたりしかいないし、部屋の光景はいつもどおり、見なれないものも聞きなれない音もないし、あたらしいインプットはゼロだ。スツールにすわっていればラクだし、スマホや本はそのへんに放り投げておけばいい。

 この習慣を、いつからはじめたのか、もう覚えていないけど、こういう時間は、きっといままでも持っていて、いまのライフスタイルだと、キッチンのスツールにすわってなにもしない時間が、きっとベストなすごしかたなんだろう。
 きょうも、キッチンのスツールにすわりながら、なんとなく思いついて、これを書きはじめた。キッチンのスツールにすわって、ボーッとしている時間は、頭をリセット・リフレッシュしてくれるし、あたらしいアイデアを与えてくれることもある。なんてことはないが、かけがえのない時間である。

 最近は、キッチンにイスをもう一脚持ち込んで、妻といっしょにすごすことがある。ケンカをしていても、なんとなく険悪になっていても、キッチンでいっしょに話をすると、それがほぐれる感じがする。
 キッチンでのひとときが、ささくれだった心を、疲れたからだを、こんがらがった頭を、もとどおりに戻してくれる。毎日三〇分くらい、キッチンのスツールにすわって、なにもしない時間をすごす。ムダな時間に見えるかもしれないが、これが「私の回復じかん」。

この続きをみるには

この続き: 0文字

私の回復じかん

奥野晋平/あまなつ通り商店会

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

I need your help.

スキ♡(´。•ㅅ•。`)ありがとうございます
35
よき生活者でありたい。既婚。双極性障害で発達障害。禁酒中で禁煙中。ほぼすべての記事を全文無料で公開しています。投げ銭歓迎。✉️amanatsu_tri@icloud.com Blog: http://tristestemperee.blog.jp/