見出し画像

天狗面(妹子の俳句*日記)

天海 悠


プレバトで俳句をやっているのを久しぶりに見た。
「いつも見てなかったのは、私がテレビを消してるからか!」
だんながテレワークの関係で家にいるからだ。
あまり詠んで詠んでと言いすぎると嫌になるかなと思って、最近黙っていたのだが、妹子がプレバトを見ながら一句出してきた。

正直、あまり感心しなかったのだが(状況がよくわからない。お花見の席?ちょっとつながらない)、詠んだら一応、とっておくことにしている。
そのあと、俳句はやっぱりいいねという話をしていた。

寝ころんで、携帯の昔の写真を見ながら
「これは俳句的な写真じゃない?」
と言うと、顔をしかめてじーっとしている。
「ダメだった?」
「待って!黙って!今考えてるの」

この写真を見て、
 あさはかに枝に吊るされ天狗面
を出してくるとはなあ。
でも結局、よくわからない。なぜ天狗面なのか、どういう状況なのか。でもそこをどう教えていいのかわからないし、今はこれでいいんじゃないかという気もする。
この俳句だけが独り歩きをすれば、まるで枝に奇妙に忘れ去られた天狗のお面がかかって揺れているようなイメージを与える。

私「お話が出来てしまいそう~!」
妹子「ダメ!お話にしないで!」
釘を刺されてしまった。
妹子「これはお話なんかがつかないからいいの!」

私「春に秋の俳句それもよし」
妹子「春と秋って似てないかな?」
私「そうかもしれないね」


* * *


あとはばらばらと…。

目にも見よ あざやか染まり 窓の外(妹子)
 春の嵐に散りゆくさくら(悠)
#和歌

まだ青きやまのふもとにふじのはな
(この前見た青い藤の花をまだ覚えているんだね)
#俳句

しらなみのうつる水面にそらのいろ
なのはなに七つのまるがとんでゆく
(てんとうむしのことらしい)
#俳句 #あつ森

プリン食べ秋を愛でればモンブラン
 ショートケーキのいちごの赤さ
(ケーキ屋さんです!という句だな)
#和歌

階級はみずのとみずのえまだ先に

#俳句 #鬼滅の刃

妹子「実はね…さっきの天狗の面ね、うろこだきさん(鬼滅の刃の天狗面をかぶったキャラ)から連想したの…」
私「は~ん、何となくそうなのかもねって気がしたわ!」
突然天狗面が出て来る、連想があったはずと思った。

こんな記事を書いていたら、さっき出てきた。

予感はうそとほんとの間にある
#自由律俳句




妹子が作ったお話もぽろぽろ、別ブログで載せてみました。

俳句も、もっときちんとまとめてあげたいな~と思いながら日々を過ごしている。




追記:記事内にハッシュタグを入れると、noteの公開設定に自動的にハッシュタグが入っていた~!知らなかった!これ便利。




>>細々やってるHP
>>レビューブログ
>>児童書ブログ
>>なろうのマイページ
>>Twitter(@mwagtail30)




この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

天海 悠
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #オリジナル小説 #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP「オニグルミの森」 https://cappella.mitsu-hide.com/