見出し画像

児童書の復権を


最近、絵本から一歩進んだ児童書の復権を運動しようとしている。
(先日のnoteから分割したのだが、この一文は消し忘れていた)

とにかく絵本ブームはすごくて、これはとても嬉しいことなのだが、そこどまりではやはりいけないと思っている。

私は自分の地区で読み聞かせボランティアをやっている。

読みボラは学校の朝の時間を「お借り」してやってるので、そこそこ10分が勝負だ。
(私の所はだが)どちらかというとなるべく数をこなす、またなるべく興味を引き、目を引くような色どりの絵本を選んでいる。
また大型本などが人気だ。

ボラをやりながら、少しだけ思った。

これ、「絵本好き」にはなっても、「本を読む」ようにはならないわ。

本を読むようになる過程としては、絵本は通過するもので、少しずつ字の多い本に移行させていかなければならない。

文字を追うのは訓練だからだ。
(識字障害のかたや、本種の好みなど特殊な例をのぞく)

訓練によって、最終的には「絵のない本から絵を頭に思い浮かべる」所が理想の状態となる。一般的に言われる想像力だ。
教科書やテストは頑張って論説と物語を載せているが、教科書だけでは何とも頼りない。
世の中には数限りない良書、良児童文学があるというのにだ!!

みな、「絵本」→「漫画・アニメ」に行ってしまっている。
字を読む訓練に到っていない。

イコール、本を買う層も育たないか、限られてしまう。
裾野が広がらない。

やはり子供は放置していれば楽な方に流れてしまうので、保護者がある程度成長に応じた本を選んだり、導いてあげる必要がある。

理想の読みきかせとして思い出すひとこま。

自分が高学年の時に先生が毎朝「龍の子太郎」を読んでくれたことがあった。
少しずつだが内容に引き込まれ、面白くて続きが待てないと思った。
ドラマの続きを待つような感覚だった。

上級生向けのボラは、ああいうのが本当は良いのだと思う。
しかしあれは毎日だから出来たのであって、一か月一回のボラでこれを実践することは厳しい。

もし自分が担当のクラスでそれをしてしまうと、そのクラスの子はたった一冊の本しか出合わない、下手をすると最後まで終わらないのだ。

さすがにその勇気はなかった。

では、何を読ませればいい?

今はインターネットの時代なので、独断と偏見でこれだ!!とおすすめする本のリストを公開したいと思う。

ひいては、全国の児童相談所や、子供食堂や、日本語学校、塾などなど、恵まれる恵まれないを問わず、子供が集う場所にも、さりげなく本棚を置いて欲しい。もちろん漫画でも良いのだが、その中にこのような本もあって欲しい。

そのような運動をしたいと思っている。



おわり



>>細々やってるHP
>>漫画レビューブログ
>>なろうのマイページ
>>最近稼働させはじめたTwitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
天海 悠

児童書を保護施設や恵まれない子供たちの手の届く場所に置きたいという夢があります。 賛同頂ける方は是非サポートお願いします。 https://note.mu/amamiyou/n/n2852ad1fd345?magazine_key=m7216497aff39

そんなあなたがわたしも好き!
へっぽこ自家発電小説書き 古典が好き・クセのある漫画が好き #読書 #児童文学 #project gutenberg #note文芸部 HP http://cappella.mitsu-hide.com/