見出し画像

キヨが機おりゃキンニャモニャ。

~承久海道 キンニャモニャセンター~
これがこの島の玄関口・港そのものの名前です。1回聞くだけでは覚えきれないこの名前。「キンニャモニャ」島の老若男女誰もが唄えて踊れる民謡の名前です。8月のキンニャモニャ祭は島の熱狂のピークを迎えて、人口の約半分がこのキンニャモニャを1時間弱、踊り続ける。そんなこの島の象徴の民謡。

そんな島の原点とも言えるこの場所で今日は「島会議」が開催されました。”女性起業家による隠岐のインバンド戦略シンポジウム”という少し固めのお題目ではあったけれども、世界で活躍されているゲストの皆さんが仰っていたのは「まずはやってみること。踊ってみる舞台に立つこと。」「仲間を巻き込んでいくこと」「楽しみながら諦めないこと」そんなシンプルなメッセージを頂いた1日だった気がする。

「キヨが機(はた)おりゃキンニャモニャ」
「老いも若きもキンニャモニャ」
「キクらもチャカらもちょっとこいよ(キクさんもチカさんもみんな来いよ)」

反省はたくさんあれど、まさにキンニャモニャセンターで実施するにはふさわしい内容だったようには感じる。あとは批評家でいるのか、思い切って舞台にのってみるのか。どちらなの?と強く迫られたシンポジウムだったように思う。

まずはしゃもじを振り続けるところから始めていたい。


写真:太田章彦

離島、海士町、観光業、ホテルで働いてみたい、という方募集中です!特にマリンポートホテル海士では、2021年のグランドオープンに向けた調理スタッフ、サービススタッフを募集しています。お気軽にコメントでもメッセージでもご連絡ください。

この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んだ上に、ひと押し。嬉しいです。
3
海士町(島根県、隠岐諸島)で暮らしています。2021年7月にEntô、という泊まれるホテル×ジオパーク拠点施設をOPENします。海士町、観光、宿、といったフィールドで働いてみたい、という方募集してます。http://oki-ama.com