【フリーエンジニア】業務未経験分野でのスキル獲得戦略

こんにちは。フリーエンジニアのアルト(alse0903)です。

IT業界は、技術の移り変わりが激しい業界なので、どんどん新しい技術が誕生している一方、古い技術はどんどん使われなくなっていきます。

また、新しい技術は、単価も高い傾向にあり、古い技術は単価が下がっていく傾向にあります。

なので、フリーエンジニアとして、高単価の案件を獲得し続けるためには、新しい技術をキャッチアップし続けていくことも大切です。

例えば、C言語やCOBOLといった言語は、昔は主流でよく使われていましたが、近年ではRubyやPythonといった比較的新しい言語が、よく使われるようになりました。

このように、毎年のように新しい技術や言語が誕生するので、フリーエンジニアにとっては、下記のような懸念点が残ります。

✓ 懸念点
「今の自分のスキルも、将来的には廃れていくのではないか」
「未経験の分野でもフリーエンジニアとして案件に入ることができるのか」

それ以外にも、新しい技術に興味が出てきて、スキルチェンジをしたいという場合もありますよね。

例えば、僕は今まで、RubyやPHPを用いたWebアプリ開発の仕事をしてきましたが、最近では、インフラ寄りの「Devops」という分野に興味があり、AWS関連も含めて勉強を進めています。

今まで、ずっとコードを書いてきた人なので、AWSやインフラの知見は、さほどありませんし、この分野での業務経験も、現時点ではありません。

ですが、次の案件を探す際には、AWSの分野で案件を取ります。

補足として、僕は、エンジニアどころか、プログラミング業務未経験の状態からフリーエンジニアとして独立しましたが、各言語で案件を初めて取った際のスキルは、以下の通りです。

✓ フリーエンジニアになりたての頃の僕のスキル

Java:大学で少しを触ったことある程度で、フレームワークの経験は皆無

Ruby:Railsチュートリアルを一通り終えた

PHP(Laravel):この頃には、Railsの実務経験はあったけど、Laravelはドットインストールで学習したレベル


この記事では、「即戦力が求められるフリーエンジニアが、どのように業務未経験の分野で案件を獲得するか?」について解説します。

また、現在、正社員としてエンジニアをしている方が、フリーランスを目指す際にも、学習の進め方や案件の探し方などにおいて同じです。

✓ 本書のテーマ
実務経験のない分野で案件を取る際に、どのような手順を踏めばいいか

今回の記事では、上記にフォーカスを当てて、実際の収入予測なども計算しながら、解説をしていきたいと思います。

✓ 対象の読者
・業務未経験の分野にスキルチェンジしたいエンジニア
・新しい分野のスキルを身に付けたいエンジニア


以下、本題。

✓ 目次
1. スキル習得編
 - 未経験分野のスキルを習得する際の考え方
 - 動画教材で新しい分野の学習
 - 簡易的なアプリケーションを作成
2. 営業編
 - 未経験分野で営業する際の注意点
 - 営業先の獲得
3. まとめ

この続きをみるには

この続き:5,342文字

【フリーエンジニア】業務未経験分野でのスキル獲得戦略

Alto

750円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
Twitter:https://twitter.com/alse0903 IT企業に就職→実務未経験で退職→プログラミングを独学→フリーエンジニア。未経験からのエンジニア独立ノウハウを詰め込んだメディア【http://aruto.org 】運営。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。