見出し画像

ぼくらの日本の歴史 第5章 虫たちとの戦争・これからの日本について

○虫禍のはじまり
2043年11月、マダガスカル島の全住民が突如消失する事件(マダガスカル虐殺)が起きました。当時の国際連合ガル調査隊を送り、人々が突然変異した昆虫に捕食されていたことを突き止めましたが、国連は一部の国が拒否権を有していたため確固とした対応ができませんでした。翌年1月、昆虫の群れは海を越えアフリカ大陸に上陸しました。

トピック 戦前と戦後の若者について
戦争前後で若者の考え方はこのように異なっています。
戦前の若者
戦争は野蛮で嫌いだよ。自分たちが平和ならそれで良いし、困ったら誰かがなんとかしてくれるさ。それに虫だって生きる権利はあると思う
戦後の若者
虫どもと戦って社会を守るために命を賭けるのは公民の義務だ。誰かが戦わなくてはいけないのなら自分が立ち上がるべきだ。
(考えてみましょう)
・どちらが社会の一員としてふさわしいでしょうか
・虫禍から人類を救ったのはどちらの考え方でしょうか

(続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
22

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。