3/15 春の惣菜ルーティーン

春の野菜は料理のし甲斐がある。

湯を沸かし、一口に切った鶏肉を茹でる。
周りが白くなってきたところで取り出し、余熱で中まで火を通す。
 
茹でた湯に乱切りにした大根を入れ、塩、だし、しょうゆを入れ透き通るまで弱中火でコトコトと。
 
細い千切りにした人参を1本分、ボウルに入れる。
水っぽくしたくないので塩は振らない。
油(好きなやつ)、酢、塩、コショウ、しょうゆを混ぜ人参にかける。
茹でた鶏の粗熱が取れたなら、細かく裂いて人参と和える。
(人参サラダ完成)
 
別の小鍋に湯を半分ほど入れて沸かす。
蒸籠に菜の花を半分に切って、ぎっしりと詰める。
沸騰してる小鍋の上に蒸籠をのせ、菜の花を蒸す。すぐ火が通るので、その場を離れないほうがよい。
 
密閉容器に、白だし、醤油、ごま油を入れたら鶏肉を茹でた湯を注ぐ。
蒸しあがった菜の花を丁寧に敷き詰めてゆく。
表面にラップをかけ、汁が浸るようにすること。
(菜の花の煮びたし完成)
 
大根の角が少し丸くなり、透き通ってきたら一度火を強めてぶくぶくさせる。
1枚ずつ丁寧に広げた薄切りの豚肉を表面に覆わせる。すぐ火を止める。
蓋をして余熱で火を通す。
食べきれる量の肉を入れること。翌日にも食べたかったらまた入れる。そうすると肉が固くならずおいしい。
(大根と豚肉のスープ煮完成)
 
サラダより太目の千切りにした人参と、ささがきにした新ゴボウをごま油で炒める。
油には唐辛子を少し入れて熱すると味がしまる。
醤油、砂糖、酒、はちみつを入れて水分を吸わせるように炒める。
最後に金ゴマをたっぷり加え混ぜる。
(新ごぼうのきんぴら完成)
 
新じゃがいもは綺麗に洗ったら皮を向かずに乱切り。
薄切りの豚肉はミンチにしておく。生姜は千切りにする。
生姜以外を油で軽く炒める。
だし、醤油、少しの砂糖で煮る。ここで生姜も入れる。
じゃがいもに串をさし、ほっこりとやわらかく通ったら火を止める。
(新じゃがのそぼろ煮完成)
 
ネギは白いところ、青いところをそれぞれ2㎝ほどに切ったら、縦半分にしておく。
鶏モモ肉は余計な黄色い脂を取り除いたら、一口大に切る。
フライパンに油を敷き、鶏皮を少しだけ入れて一緒に焼き付ける。誘い油で油分を出したら、ネギをいれて焼き色を付ける。
さらに皮目を下にモモ肉を入れて焼き付ける。
醤油、砂糖、はちみつで照りをつけ、火を通す。
ネギがとろとろに焼けたらベスト。
(鶏とねぎの照り焼き完成)
 
卵を2個溶く。
砂糖、だし、醤油を加えてよく混ぜる。
よく熱したフライパンに卵液を流しいれて焼いていく。
端からくるくると巻いていき、表面に焦げ色がついたらまな板へ、2㎝幅に切る。
(甘い卵焼き完成)
 
春の野菜はやっぱり料理のし甲斐がある。
惣菜のそれぞれを少しずつ皿へ盛り付ける。
アツアツの白米とともに、いただきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
THANKS
12
【日々】日々の記録、記憶、気持ち。
コメント (1)
読ませていただきました!素敵な記事ですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。