見出し画像

バーチ・ディ・ダマ (トリノにて)

<イタリア旅行記(2011年 ミラノ & アオスタ & ピエモンテ &ジェノヴァ )no,38>

サン・カルロ広場(Piazza San Carlo)には、老舗カッフェが並んでます。

トリノ(Torino)は、老舗カフェが、多くあることでも有名です。
私も、ホテルで朝食をとったのですが、これは、もちろん、別腹…。

老舗店のひとつ、「カッフェ・トリノ(Caffe` Torino)」に立ち寄ります。

画像1

カッフェ・トリノ(Caffe` Torino)

店内には、シャンデリアなどもあり、重厚感、趣もある内装。
カウンターで、エスプレッソを一杯頼んで、雰囲気を楽しみながら、
味わいました。

そして、こちら!

画像2

バーチ・ディ・ダマ
(Baci di Dama)

「貴婦人のキス」という名の焼き菓子です。
ピエモンテ州発祥のお菓子も、多くあり、このバーチもそのひとつ。

チョコレートを挟み、チュッとキスをしているようにくっつけるもの。
各地で作られてますが、カッフェ・トリノのバーチは、親指第一関節程の
小ぶりなもの。
う~ん、上品です。

サクサクっとした軽やかな食感も、心地好く…。
笑顔になる美味しさです。

******************


この貴婦人のキスは、レシピ集でもご紹介しています。


簡単に作れて、可愛らしく、美味しいバーチ・ディ・ダマは、
手土産のお菓子としても、また、自身への焼き菓子としても、重宝します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
20
イタリア郷土料理研究・レシピ作家。🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」もスタート。 仕事依頼、お問い合わせ等はこちら→ http://albero-cooking.com/