サラミ&ハムの里・ノルチャへ!
見出し画像

サラミ&ハムの里・ノルチャへ!

<イタリア旅行記(2010年マルケ&ウンブリア&トスカーナ)no.25>

スポレート(Spoleto)から、バスで東へ。
25km程行った山の中に、小さな街・ノルチャ(Norcia)があります。
今回の旅で、どうしても訪れたかった街のひとつです。

画像7

ローマ門
(Porta romana)

バスを降りると、石造りのローマ門があり、ここが、ノルチャへの入口です。
門をくぐって、振り返ると…。

画像7


門の外に続く、一本道。

両脇には、緑が茂り、ウンブリア州の美しさを、ギュッと凝縮したような景色。
お気に入りのアングルです。

さあ、街の中へ、進んでいきましょう!

画像7

サン・ベネデット広場
(Piazza San Benedetto)

5分も歩くと、中心広場に出ます。

中央にあるのが、聖ベネデット像(Monumento a San Benedetto)
そして、奥には、美しいサン・ベネデット教会(Basilica di San. Benedetto)です。

ここノルチャは、西方教会の守護聖人ベネデットの、生誕の地。
彼の生家の上に築かれたのが、この教会です。

広場から、後ろを振り返ると…。

画像7


歩いてきた一本道が、こちら。
右奥には、最初にくぐったローマ門が、小さく見えています。
(ちょっと分かりづらいですが)

ノルチャが、とても小さい街であることが、分かって頂けると思います。
でも、侮ることなかれ。
イタリア国内でも、有名な食材の名産地なんです。

こんなオブジェを、見つけました。

画像7

猪のオブジェ
(Oggetto di cinghiale)

お店の前に置かれている剥製で、目の前で見ると、なかなかの迫力です。
そして、そのお店は「ノルチェリア(Norcieria)」
サラミ・ハムを中心に販売している、肉加工屋さんのことを指し、
そこで働く、肉加工職人さんのことを「ノルチーノ(Norcino)」と言います。

昔から、特に、豚肉の加工(サラミ)・処理を職としていた人が多かったこの地域。
街の名前も、この「ノルチェリア」が由来と、言われています。
この言葉は、イタリア全土で、同じ意味で使われています。

ノルチャのサラミ(Salumi)は、最高級
お店の数も多く、サラミの種類も沢山、置いてあるんです。

画像7


見てください!こちらのお店。

まるで、暖簾(のれん)のように掛かっている、サラミ達。
空気が乾いているイタリアならではの、景色ですよね。
美味しそう!!

画像7


豆も色々、売っていますね。
ウンブリア州は、豆料理も多くあり、隣州のトスカーナ州と共に、「豆食い」と呼ばれている地域でもあります。

小さな街ですが、イタリア国内からだけではなく、外国人の方々も、
このサラミ、そして、もうひとつの名産品を食しに、訪れるんですよ。

もちろん、私も、「もうひとつの名産品」を食べるべく、レストランに向かいました。


******************

2016年8月に発生した「イタリア中部地震」
震源地と言われるアマトリーチェ(Amatrice)と、とても近く
ここノルチャも、広場の、サン・ベネデット教会も倒壊するなど、大きな被害を受けました。

あれから、4年。
少しずつ復旧をしているそうです。
イタリアは、日本と同じ、地震が頻繁に起きる国です。
石造りの街の復旧・復興は、時間がかかるそうですが、
また、復興した美しいノルチャを見れることを、願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】
イタリア郷土料理研究・レシピ作家 🇮🇹 コックとして現地で修行。大好きなイタリア全20州を巡った旅行記&活動、美味しい情報を記録として綴ります。 定期購読マガジン「レシピ集」も好評投稿中。 仕事依頼、問い合わせ等は、こちらまで→ info@albero-cooking.com