ALAO YOKOGI  横木安良夫

写真家 1975年フリーの写真家 広告、エディトリアル、ファッションなど多方面で活動 2009から「世界の街道をゆく」の写真と動画 2015からCRP https://aypcrp.com

ALAO YOKOGI  横木安良夫

写真家 1975年フリーの写真家 広告、エディトリアル、ファッションなど多方面で活動 2009から「世界の街道をゆく」の写真と動画 2015からCRP https://aypcrp.com

    マガジン

    • Kindle CRP 写真集 制作プロジェクト 横木安良夫

      amazon Kindle 電子版写真集の制作プロジェクトは2015年末にたちあげました。 これまで、200人以上の写真家と500冊以上の写真集CRPが出版されています。 写真は、ただ撮るだけではなく編集してまとめる、 自分の写真をリアルでもデジタルでも、形にすることで初めて表現となります。 https://aypcrp.com/crp/

    • dearlydays 横木安良夫日記 ALAO YOKOGI

      写真家横木安良夫の日記です。dearly days とはあたりまえの日常のことです。でもそんな日常こそ特別な日常でもあります。 日記ですが毎日ということはありません。気まぐれです。 告知や日々感じたことなど、ある時は、連続して。他のマガジンも日々成長しています。

    • CRP JAPAN TOKYO 撮影会+写真集 参加募集

      毎月 第3土曜日 リアル撮影会を開催しています。 撮った写真は、ひとり30点を選び、Kindle 電子版アンソロジー写真集を 出版します。撮影の翌週、もしくはよくよく週の土曜日、夜8時より ZOOMによる、ビューイングも開催します。

    • CRP NEWS  Dearlydays Rambler

      2015 年から始まった横木安良夫主催による、電子版写真集のプロジェクトです。すでに150人が参加し、300冊以上が出版されています。

    • ロバート・キャパ最期の日

      1954年5月25日、午後3時ごろベトナム北部、紅河デルタの町タイビン郊外のタンネという場所で地雷を踏んで死んだ。手にはNIKON S が握られていたという。キャパの伝記は、リチャード・ウイーランという研究家が克明に調べあげていて残している。ところが1954年4月に、カメラ毎日創刊に合わせて、招待され日本滞在したことと、仏印インドシナのベトナムで、地雷を踏んで倒れたくだりは、かなり比重として軽く書かれていた。まるで行かなくてもよい場所にのこのこ行ったかのように、ちょっとみじめな扱いだ。

    Kindle CRP 写真集 制作プロジェクト 横木安良夫

    amazon Kindle 電子版写真集の制作プロジェクトは2015年末にたちあげました。 これまで、200人以上の写真家と500冊以上の写真集CRPが出版されています。 写真は、ただ撮るだけではなく編集してまとめる、 自分の写真をリアルでもデジタルでも、形にすることで初めて表現となります。 https://aypcrp.com/crp/

    すべて見る

    CRP CrossRoadProject ALAO YOKOGI

    instagram  alao_yokogi  インスタグラム CRP ALAO YOKOGI

    スキ
    2

    募集 CRP TOKYO 撮影会⁺写真集 JR上野駅界隈 山手線周遊09 10月15日㈯am10時半広小路口集合。

    写真は、2000年 上野駅ガード下  ⇩申し込みはこちらをクリックしてください。 10月15日㈯10時半上野駅 改札を出た広小路口 集合 参加料 ¥5000 (写真集制作料込)ひとり30点  12時ぐらいの昼食をとり、終了はPM4時ごろ。 その後、希望者は二次会もあります。 希望者は、10月29日㈯pm8時より、ZOOMによるビューイングを開催しますひとり、30点から50点の写真を、GoogleドライブにUPして、写真の批評や並び順、レタッチなど学びます。

    スキ
    3

    ふたりの、CRP 写真集 無料キャンペーン。誰でも¥0!

    「COLOR IN THE STREET 」 倉田明子さんは、本格的に写真を始めたのは、コロナが始まってから。それまでは大学での仕事としてメモ代わりに写真を撮っていた。そんな彼女がストリートに飛び出す。空間観察と、人間観察が、不思議な距離感で捉えられている。本格的に写真をはじめた2020年から2022年まで、彼女自身のスナップです。 JR 日暮里駅界隈 福本さんと倉田さんは、CRP撮影会+写真集の常連だ。 福本さんは、銀塩時代から写真を始め、様々なワークショップを渡り歩いて

    スキ
    2

    昔の写真でも、今撮っている写真でも、かつて父親が撮った写真でも、写真はまとめてはじめて意味が生まれる。

    CRP WORKSHOPには、2つのタイプがあります。 ***************************************************** ■月例 Workshop 基本第3日曜日 於:東京都大田区南馬込 AYスタジオにて、今のところリアルワークショップのみです。 フォームから申し込んでください。 am11時~pm4時。 ¥3,000 ***************************************************** ■

    スキ
    6

    dearlydays 横木安良夫日記 ALAO YOKOGI

    写真家横木安良夫の日記です。dearly days とはあたりまえの日常のことです。でもそんな日常こそ特別な日常でもあります。 日記ですが毎日ということはありません。気まぐれです。 告知や日々感じたことなど、ある時は、連続して。他のマガジンも日々成長しています。

    すべて見る

    CRP CrossRoadProject ALAO YOKOGI

    instagram  alao_yokogi  インスタグラム CRP ALAO YOKOGI

    スキ
    2

    募集 CRP TOKYO 撮影会⁺写真集 JR上野駅界隈 山手線周遊09 10月15日㈯am10時半広小路口集合。

    写真は、2000年 上野駅ガード下  ⇩申し込みはこちらをクリックしてください。 10月15日㈯10時半上野駅 改札を出た広小路口 集合 参加料 ¥5000 (写真集制作料込)ひとり30点  12時ぐらいの昼食をとり、終了はPM4時ごろ。 その後、希望者は二次会もあります。 希望者は、10月29日㈯pm8時より、ZOOMによるビューイングを開催しますひとり、30点から50点の写真を、GoogleドライブにUPして、写真の批評や並び順、レタッチなど学びます。

    スキ
    3

    1972年の熱海ホテル ロバート・キャパ1954年4月16日の夜宿泊。翌朝熱海のレストランモンブランで朝食をとる。

    先日、東京書籍の担当Kさんから転送された郵便が届いた。そこには熱海ホテルのパンフレットと手紙が添えられていた。かつてS出版社に勤めていたという北海道にお住まいのSさんからだった。1972年、友人たちと訪れたらしい。終活で荷物を整理しているときに見つけたそうだ。なつかしく熱海ホテルを検索したら、僕のサイトにたどりつき、資料としてどうかと送られてきたものだ。 「ロバート・キャパ最期の日」を書いているとき、ずいぶん熱海ホテルのことは調べた。調べるとさまざまあん因縁と歴史あるホテルだ

    スキ
    7

    ふたりの、CRP 写真集 無料キャンペーン。誰でも¥0!

    「COLOR IN THE STREET 」 倉田明子さんは、本格的に写真を始めたのは、コロナが始まってから。それまでは大学での仕事としてメモ代わりに写真を撮っていた。そんな彼女がストリートに飛び出す。空間観察と、人間観察が、不思議な距離感で捉えられている。本格的に写真をはじめた2020年から2022年まで、彼女自身のスナップです。 JR 日暮里駅界隈 福本さんと倉田さんは、CRP撮影会+写真集の常連だ。 福本さんは、銀塩時代から写真を始め、様々なワークショップを渡り歩いて

    スキ
    2

    CRP JAPAN TOKYO 撮影会+写真集 参加募集

    毎月 第3土曜日 リアル撮影会を開催しています。 撮った写真は、ひとり30点を選び、Kindle 電子版アンソロジー写真集を 出版します。撮影の翌週、もしくはよくよく週の土曜日、夜8時より ZOOMによる、ビューイングも開催します。

    すべて見る

    CRP CrossRoadProject ALAO YOKOGI

    instagram  alao_yokogi  インスタグラム CRP ALAO YOKOGI

    スキ
    2

    募集 CRP TOKYO 撮影会⁺写真集 JR上野駅界隈 山手線周遊09 10月15日㈯am10時半広小路口集合。

    写真は、2000年 上野駅ガード下  ⇩申し込みはこちらをクリックしてください。 10月15日㈯10時半上野駅 改札を出た広小路口 集合 参加料 ¥5000 (写真集制作料込)ひとり30点  12時ぐらいの昼食をとり、終了はPM4時ごろ。 その後、希望者は二次会もあります。 希望者は、10月29日㈯pm8時より、ZOOMによるビューイングを開催しますひとり、30点から50点の写真を、GoogleドライブにUPして、写真の批評や並び順、レタッチなど学びます。

    スキ
    3

    ふたりの、CRP 写真集 無料キャンペーン。誰でも¥0!

    「COLOR IN THE STREET 」 倉田明子さんは、本格的に写真を始めたのは、コロナが始まってから。それまでは大学での仕事としてメモ代わりに写真を撮っていた。そんな彼女がストリートに飛び出す。空間観察と、人間観察が、不思議な距離感で捉えられている。本格的に写真をはじめた2020年から2022年まで、彼女自身のスナップです。 JR 日暮里駅界隈 福本さんと倉田さんは、CRP撮影会+写真集の常連だ。 福本さんは、銀塩時代から写真を始め、様々なワークショップを渡り歩いて

    スキ
    2

    CRP撮影会+写真集 JR鶯谷駅界隈。山手線周遊 08 9月17日㈯南口改札   pm1時集合。

    ↑申し込みはこちらをクリックしてください。 参加費用 ¥5000 (電子版写真集制作料込) ひとり30点の写真が掲載されます。初心者からプロまで、誰もが参加できます。街撮りスナップは、観光写真ではありません。それぞれの目が見た光景の記録です。撮影は、当時の午前中を撮ったり、別日、9月に撮った写真もOKです。この撮影会を機会に、個人のCRP写真集を制作することも奨励しています。電子版写真集のメリットは、永遠にいつ、世界中どこでも、自分の作品を持ち運ぶ頃ができることでしょう。 1

    スキ
    8

    CRP NEWS  Dearlydays Rambler

    2015 年から始まった横木安良夫主催による、電子版写真集のプロジェクトです。すでに150人が参加し、300冊以上が出版されています。

    すべて見る

    CRP CrossRoadProject ALAO YOKOGI

    instagram  alao_yokogi  インスタグラム CRP ALAO YOKOGI

    スキ
    2

    募集 CRP TOKYO 撮影会⁺写真集 JR上野駅界隈 山手線周遊09 10月15日㈯am10時半広小路口集合。

    写真は、2000年 上野駅ガード下  ⇩申し込みはこちらをクリックしてください。 10月15日㈯10時半上野駅 改札を出た広小路口 集合 参加料 ¥5000 (写真集制作料込)ひとり30点  12時ぐらいの昼食をとり、終了はPM4時ごろ。 その後、希望者は二次会もあります。 希望者は、10月29日㈯pm8時より、ZOOMによるビューイングを開催しますひとり、30点から50点の写真を、GoogleドライブにUPして、写真の批評や並び順、レタッチなど学びます。

    スキ
    3

    ふたりの、CRP 写真集 無料キャンペーン。誰でも¥0!

    「COLOR IN THE STREET 」 倉田明子さんは、本格的に写真を始めたのは、コロナが始まってから。それまでは大学での仕事としてメモ代わりに写真を撮っていた。そんな彼女がストリートに飛び出す。空間観察と、人間観察が、不思議な距離感で捉えられている。本格的に写真をはじめた2020年から2022年まで、彼女自身のスナップです。 JR 日暮里駅界隈 福本さんと倉田さんは、CRP撮影会+写真集の常連だ。 福本さんは、銀塩時代から写真を始め、様々なワークショップを渡り歩いて

    スキ
    2

    昔の写真でも、今撮っている写真でも、かつて父親が撮った写真でも、写真はまとめてはじめて意味が生まれる。

    CRP WORKSHOPには、2つのタイプがあります。 ***************************************************** ■月例 Workshop 基本第3日曜日 於:東京都大田区南馬込 AYスタジオにて、今のところリアルワークショップのみです。 フォームから申し込んでください。 am11時~pm4時。 ¥3,000 ***************************************************** ■

    スキ
    6

    ロバート・キャパ最期の日

    1954年5月25日、午後3時ごろベトナム北部、紅河デルタの町タイビン郊外のタンネという場所で地雷を踏んで死んだ。手にはNIKON S が握られていたという。キャパの伝記は、リチャード・ウイーランという研究家が克明に調べあげていて残している。ところが1954年4月に、カメラ毎日創刊に合わせて、招待され日本滞在したことと、仏印インドシナのベトナムで、地雷を踏んで倒れたくだりは、かなり比重として軽く書かれていた。まるで行かなくてもよい場所にのこのこ行ったかのように、ちょっとみじめな扱いだ。

    すべて見る

    1972年の熱海ホテル ロバート・キャパ1954年4月16日の夜宿泊。翌朝熱海のレストランモンブランで朝食をとる。

    先日、東京書籍の担当Kさんから転送された郵便が届いた。そこには熱海ホテルのパンフレットと手紙が添えられていた。かつてS出版社に勤めていたという北海道にお住まいのSさんからだった。1972年、友人たちと訪れたらしい。終活で荷物を整理しているときに見つけたそうだ。なつかしく熱海ホテルを検索したら、僕のサイトにたどりつき、資料としてどうかと送られてきたものだ。 「ロバート・キャパ最期の日」を書いているとき、ずいぶん熱海ホテルのことは調べた。調べるとさまざまあん因縁と歴史あるホテルだ

    スキ
    7

    はじめに#1 noteで書く理由

    ロバート・キャパ最期の日 2004年に東京書籍より出版された「ロバート・キャパ最期の日」は、 巻末に資料としてフィールドのノートの一部を載せた。 そのころ、文章を書くことにこだわっていたので、写真であまり説明をしたくはなかった。 出版したあとしばらくして、写真を交えた立体的な構成をこころみた。 サイト上でも、いろいろ試してみたが、不満だった。時期が早かったのかもしれない。 これは1954年4月13日(火)の日本到着から5月1日に離日し、 バンコクからサイゴンに向かい、ハノイ、

    スキ
    4
    有料
    300

    はじめに#2「崩れ落ちる兵士」は、FAKEか!

    答えはYES.である。But?                無料です。 この写真は広告写真なのだ! ジャーナリズムとは 、自由主義陣営のプロパガンダなのだ。 ロバート・キャパ最期の日 2004年、キャパ没50年に「ロバート・キャパの最期日」を出版した。ノンフィクションで文字主体だったので、キャパと僕の写真を交えた立体的な本を作りたいと思っていた。 写真の著作権のこともあるが、評論ということで、未公開のものも含めて、取材したものを残そうと思った。Noteはそれにふさわし

    スキ
    9

    01 インドシナで死んだ二人のカメラマン

    Prologue 2004年5月 再度、キャパの死の土地をさがしに行く 眼下に紅河デルタの田園風景が広がっていた。湿度のせいだろうか、晴れわたっていても、地上は淡いベールのようなもやにつつまれている。 幾筋にも枝分かれした紅河には強烈な太陽光線が射し込み、水面は乱反して虹を帯びている。 2004年5月。成田発、JAL 5135便ハノイ行き。日本航空とベトナム航空とのコードシェア便に、僕はひとりで乗っていた。 機内の空調はやわらかな照明とエアコンによって快適に維持されている

    スキ
    5
    有料
    300