【寒過ぎで眠れない!朝鬱になる】
見出し画像

【寒過ぎで眠れない!朝鬱になる】

【HSP/HSC】ヘルスケアカウンセラー 🐏るか先生


寒いと交感神経系活動が高まる
だけでなく、皮膚からの放熱が起こりにくくなります。


(身体から熱が放熱され人は眠りにつきます)


その結果、覚醒が高まり、入眠が妨害されます。


そこで、就床直前にぬるめのお湯にさっと浸かるか、手足を軽く温めると寝つきが良くなります。


ただし、体が温まり過ぎると、体温が上昇して覚醒レベルが高まります。

就床直前に熱いお湯に浸かることや、長時間の入浴は

避けましょう。
寝るときに手足の温度を上げる
方法として、電気毛布や電気アンカ


も有効です。
ただし、一晩中、布団の中を暖め続けると、布団の中の寝床内気候は夏の高温環境と同じになります。


体温が下がりにくくなり、睡眠が妨害されます。


そこで、電気毛布や電気アンカは、寝る前までにスイッチを入れて


布団の中を暖めておき、寝るときにはスイッチを切るようにします。


そうすれば、就床時は布団の中が暖かくて皮膚温が上がるので
身体から放熱しやすくなり、入眠が促進されます。


寝ている最中には布団の中の温度が徐々に下がっていくので、睡眠を妨害しません。

快眠のための室温は冬季は
16〜19度で、年間を通して湿度を
50〜60%に保つことが望ましいです。

熟睡することでターンオーダーが促進し
毎晩、エステを受けている事と同じ効果を得られます♪

食事、睡眠のコーチングで肌が-10歳体重も-5キロも夢ではありません。興味ございましたら→DM、コメントまたはLINE公式へ♪


「少し気持ちが楽になった」
「タメになった」

と思われましたらハートを
押してみてください♪

コメントもお待ちしております*
今後の励みにさせて頂きます!


【無料相談、質問】↓↓↓
LINE公式



【るか先生の自己紹介】↓↓↓
カウンセリング期間限定先着3名受付中


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【HSP/HSC】ヘルスケアカウンセラー 🐏るか先生

サポートして下さったものは母子家庭、子ども福祉の財団に寄付 そして、「HSPや精神障がい(発達障がい)母子家庭、子ども支援」のNPO設立に使わせて頂きます🙇‍♂️

スキを押して下さりありがとうございます٩( ᐛ )و励みになります♪
【HSP/HSC】ヘルスケアカウンセラー 🐏るか先生
HSP/HSCの方が【ありのままの自分を愛せる魔法☘️】を発信│私自身HSPで苦しみ肌が荒れ鬱に→克服し毎日笑顔😊✨🌈│同じ苦しむ人の為にローフードやHSPカウンセラー取得➡️法人化+ボランティア団体設立│自分を愛せる魔法を発信✨→ https://lin.ee/9gsorpj