見出し画像

好き、漫才劇場。

noteはじめたはいいけれど、
普段、休日は予定を入れて、どこかに出掛けたり、遊びに行ったりしているので
とりあえず今月いっぱいの休日は暇だし、
4月中、暇な時にどれだけ更新できるかってところかと。
まぁ、5月に入っても暇な時期は続くかもしれないし、
色々書いていけたらいいなぁ。

というわけで、まずは、何を隠そう
私の趣味のひとつ、お笑いについて書いていこうと思う。
noteをはじめたきっかけでもあるのだから、
ここを書かずして次には進めない。(大袈裟)

とりあえず、noteでお世話になっている(勝手に読ませてもらっている)芸人は
私のフォローを見て貰えば分かると思う。

主によしもと漫才劇場に所属している芸人が好きだ。
それはよく大阪にある漫才劇場@マンゲキに足を運ぶということもあって、
好きな芸人を観に行く→他の芸人のネタや平場をみる
→気になる→SNSでさらに知る→好きになる
あるいは、
好きな芸人がおもろい話をする→誰だろう、あ、この人か。→気になる
→SNSでさらに知る(好きな芸人との関係性なども判明する)→好きになる

といった風にはじめは1組の芸人を楽しみに観に行ったはずが
いつのまにか色んな芸人を知って、気になって、
いつのまにか好きになって、
好きな芸人が増えているというマンゲキマジックにかかってしまったのです。

よしもと漫才劇場ではお笑いネタ、漫才ライブだけではなく、
単独ライブ、ユニットライブ、コーナーライブ、トークライブ、
企画ものライブ(ある芸人が主催となって、色んな芸人を呼ぶライブや大喜利をするライブなどなど)など毎日たくさんのライブをやってくれてて、
1日劇場のライブに入るとたくさんの芸人を見ることができるわけです。
(若手芸人が所属しているためチケットも安い)

これは好きな芸人増えるよね、当然よね。っていうわけで。
お笑いを好きになって、劇場に足を運ぶようになって日は浅いけれども、
好きな芸人がたくさんいます。
観たいライブがたくさんあります。

ありがたいことに大阪まで行かなくても
SNS、動画を通して、ネタをみたり、好きな芸人の現在を知ることは容易いけれども、はやく劇場で笑いたいなぁと思う日々を過ごしているわけです。

劇場に行けない間に無駄に好きが重くなってたり、
逆にあぁ、この人のことはそんなでもなかったんやな、ってなってたり、
そのまた逆に、前はそこまでだったけど、すごい気になるぞ?好きだぞ?ってなってたりしてますが、

細かいことは置いといて、
私はよしもと漫才劇場が好きで、所属している芸人を主に応援してます。
ってことをここで書きたかったのです。
4月から、東京に引っ越しした
トット、アインシュタイン、蛙亭も含めて、
応援してます。らぶ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます☺️
4
コメント (1)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。