ドラマ日記『ひきこもり先生』(最終回)&『ボイスⅡ』(初回)
見出し画像

ドラマ日記『ひきこもり先生』(最終回)&『ボイスⅡ』(初回)

あく

11年間のひきこもり生活を経験した陽平(佐藤二朗さん)が、ひょんなことから公立中学校の非常勤講師となり、不登校の生徒たちの特別クラス「STEPルーム」を受け持つことになる『ひきこもり先生』の最終回。サブタイトルの「できる、できる、できる」は“祈り”にも似て。

卒業式が近づき、不登校クラスの生徒たちは、不登校クラス独自の卒業式をやりたいと祥子(佐久間由衣さん)に訴える。その矢先に、例の感染症の影響で全国一斉休校の要請があり、校長(高橋克典さん)は決断を迫られる。

前半は、陽平の引きこもり友だちで、余命半年の依田(玉置玲央さん)の「STEPルーム」での特別授業&イジメ隠蔽が発覚し、教育長就任の目が絶たれた校長の挫折、後半は、例の感染症の影響で卒業式もなくなった中、「STEPルーム」の生徒たちが取った行動の顛末が描かれました。

依田が叫んだ「自由だった…(でも)俺だって何かできたはずなんだ…」の言葉は、不登校の生徒たちの存在を肯定すると同時に、依田の後悔を通じて、半歩だけでも前に進む勇気を生徒に与えるものでした。玉置さん熱演。

ここまで憎まれ役だった校長ですが、実は担任時代に学級崩壊を起こし、逃げてしまったトラウマがあり、それゆえの出世欲だったと判明。陽平と生徒たちの声に耳を傾け、最後は校門を開く展開は賛否はあるようですが、校庭に寝そべり皆で空を見上げる演出が余韻を残す、いい最終回でした。

近年、新学期前に著名人が、生徒たちに発する「逃げていい」というメッセージ。それはそれで意味あることでしょうが、このドラマはその先、半歩を踏み出すことを描く作品となっていました。

凄腕刑事・樋口彰吾(唐沢寿明さん)と、ボイスプロファイラー・橘ひかり(真木ようこさん)ら、緊急指令室(110番)の直轄チーム「ECU」の活躍を描くドラマの続編『ボイスⅡ 110緊急指令室』の初回。

緊急指令室長の橘ひかりと、ECU緊急出動班の班長・重藤雄二(増田昇太さん)はその日、本部での会議を終えたその足で、立てこもり事件の現場へ向かう。一方、息子・大樹のため、現場から退いていた元刑事・樋口彰吾(唐沢寿明さん)は、妻の墓参りの帰り、女性が襲われている現場に遭遇。

初回からフルスロットル。橘の恋人の重藤は殺され、樋口の息子の大樹(鳥越壮真さん)は誘拐されたまま次週へ。ドラマのダーク&ハードテイストは変わらず、継続キャストも多い中、前回内通者だった石川透(増田貴久さん)が懲戒免職になっていないのは謎(笑)。

犯行を続けながら、なぜか踊る「白塗りの男」が注目ポイントになるようで、シネマカフェの記事によると、横浜流星・松田翔太・山田裕貴・安藤政信などの説がネットでは挙がっているとか。これ、前作の「カチカチ野郎」伊勢谷友介さんだったら一番面白い(実は生きていたパターン)。


この記事が参加している募集

テレビドラマ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/44017244.html