秋里ひたき

暇人。自作の小説や日記とか書いてます 不定期更新 気が向いたときに書きます
    • 創作まとめ
      創作まとめ
      • 19本

      創作したものをまとめました。

隣にすんでるものですが

 男には不満があった。  男の名前は加藤康平。どこにでもいるようなサラリーマンだ。男の不満は仕事や収入についてではなかった。それはひどくドメスティックなもので、…

Hello,Goodbye

「もう戻らない」と博士は言った。 「あとはお前の好きにしろ」とも。 好きにするというのがどんなことなのか僕にはわからない。 博士を待つというのも好きにする、のうち…

冥府の乙女はかく語りき 修正一括版

それはまさに青天の霹靂でした。 右を見れば薔薇やサフラン、左には菫に鳶尾(いちはつ)、ヒヤシンスといった春の花が一面に咲き揃う牧草地。共に花を摘むオケアノスの娘…

なんでもない日

 なにもかもを許してもらえそうな穏やかな日差しの中でテンちゃんは死んだ。  テンちゃんはてんとう虫。ナナホシテントウだった。  テンちゃんの死因は圧死。どこにでも…

冥府の乙女はかく語りき 4/4

「良かったのかい?」神馬の背に揺られながらヘルメスがそう訊ねてきました。「あら、貴方も知っていたの?」「いいや。そんでも頑なに口にしない様子を見てりゃ、これは何…

冥府の乙女はかく語りき 3/4

声の源に視線を向けると苦い表情のヘカテとその横で笑う見知った顔が目に入りました。神々の伝令使ヘルメス。ここが冥界であることを忘れてしまうほど、明るく快活な笑い声…