見出し画像

インターネット登場以前の新しい街のディグり方 01

先日の記事・ Roger Sanchez Another Chance " の最後に思いがけず登場した David Morales についての思い出と、それで思い出したインターネット以前の時代の新しい街のディグり方について。

小学校と卒業したと同時に地元・佐世保を離れ熊本の寮がある私立校に行った俺は、その後15歳で西オーストラリア・パース、19歳で6年ぶりに佐世保(12歳で離れた街に19歳で戻ったということで新しい街にカウント)、博多、20歳でハワイ、24歳で東京と、右も左もわからない状態で新しい街での生活を始めました。

外の世界とあまり関わりがなかった中坊の時の熊本、家にパソコン、ネットはなかったものの、インターネットがすでに一般的に普及していた東京を除いたパース、佐世保、博多、ハワイでの新生活をどう切り開いていったかについて語ります。

< 新しい街へ >

アナタは新しい街に引っ越してきました。
もちろん友達なんかいません。

他の人はどうか知りませんが、俺は喋るのが好きで、(多分)さみしがり屋です。家で1人で本を読み音楽を聴いての一人酒も好きだけど、やはり友達が1人もいないのはさみしいです。

友達といっても、誰でもいい訳ではありません。音楽や本、映画、今よりもっと好きだったファッションの話だってしたかったし、趣味嗜好が合わない人と一緒にいるのはある意味で苦痛です。

そして、若い頃は不良というかなんちゅーか、そういう傾向があったので、世間一般的なマジメな奴らと一緒にいても、お行儀がよすぎて"つまらない"と思うことが多かったです。

なので、簡単にいえば、"似た匂いがする奴"を探すのです。

じゃ、どうやって探すのか?

< とにかく街を歩く >

東京みたいに大きい街ならもっと難しかったんでしょうが、俺が住んだ街は大きくても人口100万人クラスでした。なので、とにかく街を歩きます。

"虱潰しに"にといっていいほど、とにかくどんな細い路地(アングラ、サブカル系の店は売上⇔利益の関係で家賃が安い路地の中にあること多し)でも入っていき、とにかく歩きまくります。

*これは後にその街で遊びだすようになると、"えっ、こんな裏道知ってんの?"というささやかな "street rep (representじゃなく、reputationの方ね)" の素にもなります。

< 店を見つける >

そうやって歩き倒してくと、メインストリームから外れた / 意図して外した、時には "fuck mainstream" なCD・レコ屋なり洋服屋なりが見つかります。メインストリームから外れて結構、いや、むしろウェルカム。
メインストリームな友達なら学校なりで見つければいいんですから。

< まずはスタッフから >

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ "と大昔言った中国のえらい人を固く信じて(若干、使い方が違かな…)、まずスタッフから攻めてます。最初からぐいぐい押すと危ない奴認定です。ニッチなジャンル、狭い世界なので、入口ではじかれると二度とチャンスはありません

なので、最初の2~3回は買い物オンリー。ただ、その買い物もぼんやり自分が欲しいものをそのまま買うんじゃ能がありません。

"自分の好きなもの x 店のテイスト x その後店員を世間話をするようになった際のネタになるか"まで熟慮して買うのです。

自分の好きなものとショップの嗜好性の最大公約数でもいいでしょう。
でも、そこに"えっ、こんなもの知ってるの?"ってディープなものを入れたり、"えっ、こんなのも聴くの?"という変化球もたまに入れていきます。

とはいっても、予算は無限ではありません。

初回でレコードを3枚買う金があったとしたら、1枚ずつ3回に分けて買います。次行った時に欲しいものが売れてたらって?それはそれで店員さんとのコンタクトポイントが増えるのでウェルカムです。

< 徐々に絡みを増やす >

2~3回買い物しただけじゃ(よほどパンチの効いた外見をしていない限り)スタッフはアナタのことを覚えてない or どっかで見たな程度にしか覚えていませんが、それでいいのです。

そこから徐々に絡みを増やしましょう。

とはいっても、あくまで相手はスタッフさん、こちらはお客さん。相手の業務=売上に関係のあることに絞っての絡みです。レコ屋であれば視聴、濃い目の音源の在庫確認・お取り寄せ。ミックステープを扱っているお店であれば、気になる商品について「これどんな感じっすかねー?」なんて聞きながら、以前その店で買ったミックステープの感想を織り交ぜるとアナタの人となりが伝わっていいかもしれません。


…と長くなったので、 02 に続く。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

noteも含めた"アウトプット"に生きる本や音楽、DVD等に使います。海外移住時に銀行とケンカして使える日本の口座がないんで、次回帰国時に口座開設 or 使ってない口座を復活するまで貯めに貯めてAmazonで買わせてもらいます。

頑張ります!
26
イベント映像会社、イベント制作会社、外資系映像機器メーカーを経て、現在東南アジア某国在住。酒は飲むからには呑まれる41歳。プロフィール詳細 → https://bit.ly/34hKiqS

こちらでもピックアップされています

#みんなの文藝春秋
#みんなの文藝春秋
  • 63本

「私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云ってみたい」。「文藝春秋」を創刊した理由として、作家・菊池寛はこう言いました。つまり、「文藝春秋」とはクリエイターによるクリエイターのための雑誌だったのです。その精神を引き継ぎ、noteクリエイターによるnoteクリエイターのためのマガジンをここに作りました。「#みんなの文藝春秋」でどしどし記事をお書きください。記事の感想でも、コラムでも、小説でも、「文章」であれば、なんでもあり。編集部がピックアップしてこちらにまとめます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。