脱線列車

7
記事

言葉の緩衝材。

典型的な中年太り体型の担任教師が少々驚いた様子で保健室に入ってきた。 ホームルームでは僕の姿はあったのに突然どうしたと言った感じに。 僕は「突...

隠棲。

然るべき理由を持って保健室に来たのは初めてだ。 たしか中学の頃は中2の秋頃まで保健室の正確な位置を知らなかった。 保健室で身体検査がある学校じ...

今自分はどの世界にいるのか。

もしあのときあの選択してなければどうなっていたか。 こんなことを考えたことはあるだろうか。 こういうことは考えるだけ無駄かもしれない。 大抵卑...

開かない門

坂だとより一層音の割には進まないバス。 でも音の割には揺れない。 僕の体勢はほぼ変わっていない。歯も食いしばってる。 足元は落ち着かない。 太...

蹲れば近い。

テストの日はバスに乗る人がやはり多い。 滅多に駅から学校の間のバス停で乗車してくる人などいない。 ていうか少し我慢すれば歩いていける距離だ。 ...

車内戦線。

僕の通っていた学校へはいつもバスで通っていた。 駅のない地域なため隣町の駅までバス、駅で乗り換え、学校へ。 といった感じ。 たまたま最寄りのバ...

事故当日。

その日は二学期中間考査の最終日。科目は数学のみ。 一学期中間考査ではかなりのヘマをしてしまい、半分も取れず、 期末で追い上げなければいけないと...