脱線列車

3
記事

今自分はどの世界にいるのか。

もしあのときあの選択してなければどうなっていたか。 こんなことを考えたことはあるだろうか。 こういうことは考えるだけ無駄かもしれない。 大抵卑...

限界が来ても終わらない芝居。

本鈴がなった。 教室にいる人間はゾロゾロという効果音を鳴らしているみたいに 自分の席に着席し、廊下からは少し息を荒げながらも陽気に 教室に戻っ...

闘争か逃走か。

体が地球の引力にほんの少し負けている。 重たい空を背負ってるかのように猫背になりながら 巨人のように重たい足取りで薄暗い廊下をゆっくり歩いてい...