チームマネジメントの手法「心理的安全性のつくりかた」を読んだのでまとめ
見出し画像

チームマネジメントの手法「心理的安全性のつくりかた」を読んだのでまとめ


「チームの心理的安全性」は1999年にハーバード大学教授のエイミー・C・エドモンドソンが書いた論文で、「チームの心理的安全性とは、チームの中で対人関係におけるリスクをとっても大丈夫だ、というチームメンバーに共有される信念のこと」と定義されています。

Googleが働き方改革の手法として紹介したことで、日本でも広く知られるようになりました。

著者はそれを分かりやすい表現として「メンバー同士が健全に意見を戦わせ、生産的でよい仕事をすることに力を注げるチーム・職場」のことと表現しています。

しかし、ほとんどの職場では「対人関係のリスク」が「健全に意見を戦わせ、生産的でよい仕事をする」ことを阻害されている場合があるので、いかにその問題を解決していくかがマネージャーの大切な仕事となります。

アメリカ版心理的安全性の計測方法では「無知」「無能」「邪魔」「ネガティブ」という要素で測るのですが、日本人の文化では計測値が正しく出ないので、以下の「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新規歓迎」という要素で評価するようです。​

1. 話しやすさ(批判的なことが言えるか)

・ みんなが、同じ方向を向いて「これだ!」となっている時、それでも反対意見があれば、それをシェアすることができるか?
・ 「問題」や「リスク」に気づいた瞬間・感じた時に声を上げられるチームか?
・ 知らないことや、わからないことがある時、それをフラットに尋ねられるか?

2. 助け合い(チームプレイできるか)

・問題が起きた時、人を責めるのではなく、建設的に解決策を考える雰囲気があるか?
・チームリーダーやメンバーは、いつでも相談にのってくれるか?
・このチームは減点主義ではなく、加点主義か?

3. 挑戦(チームによる模索・試行錯誤ができるか)

・このチームでは、チャレンジ・挑戦することが損ではなく、得なことだと思えるか?
・前例や実績がないものでも、取り入れることができるか?
・多少非現実的でも、面白いアイデアを思いついたら、チームに共有してみよう・やってみようと思えるか?

4. 新規歓迎(メンバーの個性は歓迎されるか)ダイバーシティー&インクルージョン

・役割に応じて、強みや個性を発揮することを歓迎されていると感じるか?
・常識に囚われず、さまざまな視点やものの観方をもちこむことが歓迎されるか?
・目立つことも、チームではリスクではないと思えるか?

おしまい。

この記事はQiitaに書いたものと同じ内容になります。


画像1



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
akira@san-francisco.dentsu-innovation-studio-inc です。ソフトウェアエンジニアやってるよん