見出し画像

立春にすること

本日も私のブログを読んでいただきありがとうございます。

立春ですね。
東洋の占いではこの立春を「一年の始まり」ととります。
(旧暦で読んでいくわけです)

東洋の占いではこの日より年の始まりなので
さぁ、2022年が始まった!
ということになります。


この1年の始まりに
「今年」の占いをやるわけですが
私は毎年『断易』を用いて占います。
(正直いえば、出た結果を師匠に添削していただくんですけどね)
→それほど複雑な分析力が必要なのです。

この年の初めの断易による「占い」は気が引き締まるものがあります。
理由は2つ
1 いい加減にできない(やり直せない)
2 当たる!

特に『断易』は易の中でもかなり本筋を当ててくるので
〈怖い〉という感情も生まれます。
当たり過ぎるのでお客様に提供するのがはばかれる時もあります。

さぁ・・・
今年の占いはどのような結果がでるか。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あきのさくら/宿命鑑定家 (算命学・気学・易学)
占い歴20年。☆算命学・気学・易学などを用いて「宿命」から「運命」を導く鑑定をしています。 ☆得意とする相談内容⇒仕事(ビジネス系)や企業を丸ごと鑑定。恋愛・結婚相談も。超現実的なアドバイスをすることをモットーにしている占い師です。https://akinosakura.com/