見出し画像

麻婆猪豆腐

猪肉のミンチを使って麻婆豆腐を作りました。「ジビエ=手のこんだ特別な料理」という固定観念をできるだけ払拭して、「パパッと作れるいつものご飯」の中に獣の肉を取り入れていきたいとの思いから、よく作る麻婆豆腐を豚ではなく猪で作ってみることにしました。

1、猪肉をフードプロセッサーにかけてミンチ状にし、フライパンでしっかりと炒める。肉に火が通ったら、豆板醤、ニンニク、醤油、味噌、豆豉醬を加え、肉に色が着くまで炒める。

麻婆猪豆腐3

2、次にダイスに切った絹ごし豆腐を茹でる。

麻婆猪豆腐4

3、先ほど炒めておいた肉に、湯、鶏ガラスープの素を加えて煮立たせ、湯豆腐を放り込む。

麻婆猪豆腐2

4、刻みネギ(白ネギ)をたっぷりと加えたら火を弱め、水溶き片栗粉を加える。

麻婆猪豆腐

5、最後にごま油を少しと山椒をふりかけて出来上がり。

麻婆猪豆腐7

麻婆猪豆腐5

まとめ:見た目と味は、普段作っている豚ミンチの麻婆豆腐と同じでした。ただ、肉が硬い!!挽き具合が均一でなく、筋も残っていて噛みきれないところもあり、全体的に肉がボソボソしておいしくない。これでは猪で作る意味がまったくなくなってしまいます。脂身が少ないからだめなのか、ミンチの仕方がダメなのか、味付けに問題がなかった分余計に残念で考え込んでしまいました。
そして、食後に「ミンチ」について調べていたら、原因が判明。たぶんですが、ミンチの方法がダメだったんだと。フードプロセッサーでミンチにするときは、スライスした肉を冷凍して塊にして、それを凍ったままダイスに切ってプロセッサーにかける必要があるそうです。そんなこと、全然知りませんでした。ということは、この方法を試せば、これまで失敗続きだったソーセージ(猪肉ミンチを大量に使う)のあのボソボソした感じも改善されるのかもしれません。そうか、そうだったのかぁ〜!
というわけで、次は「美味しくミンチする方法」を模索したいと思います。業務用ミートスライサーに続き、ミートグラインダーまで買ってしまう羽目になるのか・・・な?ただの趣味なのに。ただのボランティア活動(駆除害獣の活用)なのに。こうやってまた一段と深みにハマっていってしまうのですね。

ジビエの手引き *ジビエお料理リスト *ジビエをおいしく食べるコツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
旅人/作家/害獣解体作業人/木こり 著書:インパラの朝、リオとタケル、N女の研究、ラダックの星、など。訪れた国:約100ヵ国。他に、駆除害獣(鹿&猪)の解体とジビエ肉の配布、また伐採など森の整備をやっています。https://akinakamura.net/