見出し画像

山めし猪汁

近所の山で猪汁を作って食べました。その同じ山で獲れた猪の肉を使った昼食です。自然のめぐみに感謝していただきました。

1、山ですぐ食べられるように、自宅を出る前に下ごしらえをしました。まず、猪肉を半解凍で薄くスライスする。(業務用ミートスライサーを購入したので、1ミリ以下の薄さにすることができました)。大根、人参、サツマイモを適当な大きさに切って下茹でし、次に猪肉のスライスも湯がいておく。ネギは切っておくが生のままジップロックへ。山頂に到着したら、鍋に湯と和風だし、全ての具材を加えて沸騰させ、最後に味噌を溶き入れる。

山めし猪汁

2、ネギにさっと火が通ったところで火を止めて椀によそう。

山めし猪汁2

山めし猪汁5

山めし猪汁7

まとめ:美味しかったです。天気の良い日に山頂で食べる猪汁は格別ですね。豚とは違い、ほんのりと野性味を感じさせる一品となりました。今日は普段は入れないサツマイモを入れてみましたが(近所の方に分けていただいたので)、甘みが加わって思った以上においしかったです。次はゴボウや里芋など、豚汁の定番野菜も加えた猪汁を作りたいと思います。

ジビエの手引き *ジビエお料理リスト *ジビエをおいしく食べるコツ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
旅人/作家/害獣解体作業人/木こり 著書:インパラの朝、リオとタケル、N女の研究、ラダックの星、など。訪れた国:約100ヵ国。他に、駆除害獣(鹿&猪)の解体とジビエ肉の配布、また伐採など森の整備をやっています。https://akinakamura.net/