見出し画像

世界一見られていないYouTubeを始めた

YouTubeを始める芸能人やユーチューバーになる人が、ここ最近ぐっと増えました。誰でも他の人と同じように、Youtubeを始めるからには、

視聴回数を増やして、収益化して、チャンネル登録者数が増えて、もしかしたらバズったり? 人気者になったり? 金持ちになったりしちゃうのかも?

なんて、ふと頭の中で考えてしまいます。

バズる前から、「もしバズったらどうしよう?」なんて考えちゃう迂闊な人もいます。心配しちゃったりしてね。会社には内緒だなんて、バレないように偽名使っちゃったりして。
前に自分のもとに相談してきたヤツまでいました。「もしバズったらこれは会社に報告する義務がありますか?」だなんて。

そんなこと、バズってから言え!です。

バズるなんて、本当に難しいんです。少しでも話題になったら大したもの、ですよね。そしてそういう人は、先のセリフまで言わない。


しかし本当に、YouTubeの扱いはこれでいいんだろうか?
バズる、バズるって聞いてると、Youtubeのテレビ化がますます進んでいるんじゃないか、と思うことがあります。

Youtubeでいう視聴回数や収益化は、テレビの世界でいう「視聴率」とか「広告」と言っているのと同じものでしょう。
テレビとは違う、日常とは違う世界があるからYouTubeを始めたはずなのに?

でも、いつの間にか同じことをやってる、そして、やったもん勝ち。先に、派手にやらかした方が優位な世界。
YouTubeの世界では、凄いスピードで加速するように、日々あちらこちらで競争が行われています。


と、ここまで話してから正直に言いますが、私が経営する株式会社SUGOIでこの春から始めたYoutubeチャンネルは、おそらく世界一見られていないチャンネルです。

コンテンツのタイトルは、「僕らの教室」
内容はというと、クリエイターになるために、必要な知識や考え方を学べる授業、教育系のコンテンツです。毎回、自分たちでセレクトした本の内容を簡単にまとめて紹介している。

これまで扱ってきた書籍ラインナップを並べると、

スクリーンショット 2020-07-18 21.49.12

1. 『どうしてあの人はクリエイティブなのか?』
2. 『人類を変えた素晴らしき10の材料』
3. 『デザイン思考が世界を変える』
4. 『 LIFE3.0』
5. 『LEAP』
6. 『D2C』
7. 『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』
8. 『入門インテグラル理論』

こんな風に話題にもなったビジネス書を取り揃えているし、どの本も面白い。
これらの本を1章ずつ、まとめて解説しているんだから、時間のない人達にとっては、重宝するコンテンツなんだけどなぁ、なんて毎度グチってます。
          
授業をするのはSUGOIのCOOをやっている子守ゆういち。
SUGOIに入る前は、予備校で受験生に国語を教えていた授業のプロです。京大の文学部を出てる秀才だから、話をまとめるのが上手い。

元々は私自身が、普段本を読むのがイヤなので、彼に代わりに読んでもらって、まとめを聴かせてもらってたんです。どうだった?なんて風に気楽なもので、まとめを聞くだけから凄い楽で、本当に助かってました。 
本人も本を読むのが好きだし、勉強も好きだから、これは一石二鳥だなんて。

そんな事をやってたのを、そのまんまYouTubeにしたわけです。だからこのコンテンツが良いっていうのは自分が一番よくわかってる。それなのに・・・嫌な予感は的中したわけです、全然見られてない、これが。


YouTubeを始めようと決めた時、二人で毎日配信できる企画にしたいと決めました。良いサービスだし、これは月曜から金曜までの週5日毎日更新するに限ると。

「朝起きたら、まず聞きたいよなぁ」なんて盛り上がって、毎朝6時にアップされることに。このあたりは、ゆういちが抜かり無いからしっかりオペレーションを組んでくれます。さずがCOOって感じです。
それでもって、始めてから一度もこの更新を守らなかった日はない。あまり見られてないのに、律儀に朝6時に「おはようございます」ってちゃんと更新されるんです。

さらにアフタートークとして同じ本数分のラジオ収録も、二人で行なっている。凄い勢いです。月に40本のコンテンツをコンスタントに配信して、すでに120本アーカイブされている。

世界一見られてはいないけど、結構なハイペースでアーカイブが溜まっている。それが僕らのYoutube、「僕らの教室」の特徴です。


なぜ、こんなことをしているのだろうか。
そこをちょっと、クリエイターの目線で説明してみます。

以前は、「職業はクリエイターです」なんて言っても、「じゃあ証拠見せろ」となったら随分困ったものでした。
有名企業のコマーシャル作ってるとか、誰もが知ってるような流行りのコンテンツを証拠にしないと、やってる事を証明できないんです。
もしかしたら、生涯通じても先に言ったような事例に有り付けないクリエイターも、当然ながら大勢います。

「信用」を得るのがそれだけしか無いなんて、悲しいことです。芸人やプロ野球の選手にも似てるのかもしれません。テレビに出てないと「売れてない」のと同じだったり、ホームラン何本打ったのか?でどれくらいの選手なのか評価されてしまう。

それは何でなんだろう、と考えたら、クリエイターにとって、作ってきた作品を紹介する環境やデバイスがなかったというのは、一つあるんじゃ無いのかな、と。
「何をやってるんですか?」「クリエイターです」となった時、パソコンを立ち上げて、ネットに繋いで、事例を見せて、説明してっていうのは、凄い手間が掛かります。
聞かれた時に「有名企業のコマーシャル作ってます」とか打ち返せれば、相手からも分かりやすく安心の反応が返ってくる。
だから、「最大瞬間風速」、つまりマスの仕事を目指しちゃうんだろうな、と思います。

でも、今はスマホがあってすぐにネットに繋がる訳だし、「何やってるの?」って聞かれたら、説明の仕方も変わってくると思う。
クリエイターは、プラットフォームに「最大瞬間風速」では無いコンテンツであったとしても、それを自信を持って、いくらでもアーカイブ出来るようになった。

長く続けてきたことや、人に評価されるための目的で作ったものではなくて、独自にやってきたことなんかもアップして良い。
アーカイブの完成度が信頼に変わることも、今後はあるんじゃ無いかな、なんて思います。これってクリエイターにとっての資本になると思うんですよね。誰にも消費されない資本。


資本主義の中で、「最大瞬間風速」を狙うということ、それは実は、「いかに消費するか?」「消費されるか?」という論理で動いていて、それがクリエイターにとってもポイントになってしまってたんです。
いつも、自分達は消費される側でした。でも、それは資本がお金だったから。
制作バジェットが大きいと評価された、ギャラが高いと一流だった、それってやぱり資本=お金だからだよな、と思います。
クリエイターにとっての資本は、そうではなくて、世の中に対する「愛」と、それを表現する「アイデア」であるべきなんじゃ無いかな、なんてことをずっと思い、自分の会社のキャッチコピーにもしています。

では、この資本をどうやって運用して、増やして行くか?なんて風に、Youtubeに参入してしのぎの削り合いが普通になってきた今、そろそろ次の発想に進んでも良いんじゃないのかな?って思うんです。

というわけで、株式会社SUGOIのYouTubeは、クリエイターとしての「資本」を考え始めた、という新境地の表現として、自分たちは捉えているわけです。YouTubeにアップロードされたコンテンツは、アーカイブされている限り永遠に見られる可能性があるのだから。

スクリーンショット 2020-07-18 22.20.00


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
映像作家→フリーランスを5年→株式会社SUGOI 設立、今年で10期目 / プロジェクションマッピング、ホログラム etc. 新しい表現の開発やブランディング を仕事に / 経営者かつクリエイターの視点 で愛とアイデアのある発見や体験をコラムを書いていこうと思います。

こちらでもピックアップされています

SUGOIのみんな
SUGOIのみんな
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。