新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

キャディに入社して1ヶ月が経ったけど、どう?(えーけん)

えーけんです。
GW明けからキャディでの新しい仕事が始まり、そして1ヶ月が経ちました。早いですねぇ。あっという間ですねぇ。

自分にとっても定期的に振り返ることは大事だし、キャディって入社したらどんなことするの?ってことに興味がある方もいるかと思うので、簡単にではありますが、書いてみます。

大きく、全社での研修、特定業務の研修、現場での研修(OJT)、そして座学と分かれます。

全社での研修

ここでは、改めて組織や部署の説明、人事総務などの説明、MVC(ミッションバリューカルチャー)理解のワーク、そしてCEO/CTOとのセッションを行います。

組織説明は、各部門長が行います。
過去現在未来の時間軸での解説、未来に向かうために直面している課題感の共有などがあり、日々変化し続けるキャディだからこその生々しさがあり、聞き応えも質問しがいもあります。
もちろんとある現場に配属にはなるのですが、部門それぞれが実現しようとしている世界観や課題感を認識した上で、自らの業務に取り組むと見え方も変わります。
すごく大事なことだからこそ、忙しいマネージャー陣も、毎月の月初は予定をなんとか調整して、自らが説明し、質疑に対応します。

次にMVCワークですが、キャディが大事にしているMVCってなんなんだっけ、ぶっちゃけそもそも必要なの、例えばバリューを発揮するってどういうことだろう、などをディスカッション交えながら進め、理解を深める。
そもそもキャディのMVCに共感して入社を決める方も多いので、めちゃくちゃ盛り上がるし、楽しいです!!大胆、卓越、一丸、至誠。

代表の加藤さんと新入社員全員、CTOの小橋さんと新入社員全員とで、ひたすら2人に質問したり提案したりできる時間もあります。
話すと2人のキャラも見えてきたり、会社のこれまでの歴史や重要な意思決定について振り返りできたり。
2人が実現したい世界、目指していること、そこに向かうためには、は毎回話題になっているようです。
私は加藤さんのオフの一面を引き出そうと質問したのですが、上手に引き出せませんでした笑。
小橋さんは楽しそうって印象が何より強くて。話しているだけでワクワクします。

そんなCTOが代表の意外な一面について語る撮り下ろし動画!!

あと、コロナ禍で最近は実施できておりませんが、弊社物流拠点の見学と、その際に検査の体験をするコンテンツもあります!

基本的にここまでが全社共通で実施しているものです。

特定業務の研修や座学(biz本部)

biz本部とtech本部とに分かれます。
さらにbiz本部の中でも、直接現場配属してOJTする部署もあります。

そもそもbiz本部って?tech本部ってという方は、以下のWantedly記事をご覧になってください!!トップマネジメント向けと書いていますが、制度や組織図についてもまとまっています!!


私が所属する装置事業部では、全体の業務フローやオペレーションへの理解を深めるための研修を用意しています。
(私が入社した5月では概論まででしたが、6月は理解促進のトレーニングコンテンツも実装されました!毎月、過不足検討して見直していきます!)

加えて、私もそうですが業界未経験者にもたくさん入社いただくので、金属加工への理解促進や図面読解力強化のための座学コンテンツや、動画コンテンツを揃えています。

まったく図面を読めない私でしたが、よほど複雑な図面ではない限り、こういう手順で加工するんだろうなぁとか、その加工時にこういうリスク気になるなぁとかが少しわかるようになりました。
もちろんまだまだまだまだまだなのですが!!!

でも一番勉強になるのは、加工会社の方々と同じ図面を見ながら電話する時間ですね。すごい丁寧に教えていただけるので、申し訳ない反面、めちゃくちゃ助かっています。気づきや発見ばかりです。

これって実際はこう加工するんだよねぇ…こう加工したいけど、ここが気になるんだよね…ここ、こういう風に加工しちゃダメ??

とかとか。

現場での研修(OJT)

実案件の状況次第なので、その時にもよるのですが、私の初実業務は、加工会社様への発注業務とその後の生産管理でした。

見積り、お客様調整、加工会社様調整が終わった状態から引き継ぎまして、加工会社様との納期確認、発注と、その後の納品確認までを担当します。
スムーズに確実に業務遂行するために心がけるのですが、タスクの期限や、わからないツールや社内システムに四苦八苦します…。

結果的にすごい遠回りなことをしていることも。
ゴールに向けてどうやれば良いかを、自分でなんとなくのやり方を考えてしまえるばかりに、標準フローから離れて結果的に生産性が悪いことになっていました。

そうした反省も踏まえ、前述のとおり、6月入社以降はオペレーション理解の研修コンテンツを強化しています!!
なんでもかんでも研修や座学でカバーできるわけではないので、来月からはこのバランスのチューニングが取組み課題ですね。

今は、上司のサポートを受けつつ、見積りをしたり、顧客調整の元ネタを整理したり、加工会社さんと仕様のすり合わせをしたり…
なんだか、NRIに入社した新卒2年目くらいを思い出しますキーワードばかり笑。

えーけんのこれから

もちろん、装置事業部CX(カスタマーエクスペリエンス)担当として、案件の立上げや推進をもっと独力でできるようになります。お客様にも加工会社様にもWOWを届けたい。そのための案件アサインも柔軟に上司と調整してます。

研修コンテンツについてちょこちょこコメントしてましたが、私自身の経験をもとに、新入社員の立ち上がりについても取り組みをしています。私のスコープは装置事業部CXですが、全社横断で共通することもあるため、ES(人事部)や他部署とも連携しながら整備を進めています。
そして一番大事な生の声として、6月入社メンバーからもフィードバックをもらい、時には彼らに情報を整理してもらいながら、改善をしています。
入社時に研修についてリードしてほしいと言われたときは頭が真っ白になりましたが、全部ひとりでやり切るわけではなく、周囲と連携し、時には後輩にも助けてもらい、どう研修やOJTを良いものにしていくのかを考えていて楽しいです。

後輩からしたら、えーけん何もできていないなとか、そんなことより現場で経験させてくれよとか思われるんじゃないかと不安にもなったのですが。
自分自身が立ち上がるためにどうしたら良いか、これからの組織のために何が必要かを一緒に考えてくれる頼もしい仲間なんだなと実感している日々です。

キャディでは、リード=責任100%ではないし、リード=実行100%でもない。文字通りのリードなんです。その観点を持って過ごし、周囲に働きかけをすること、なのかなぁと。

今後組織が拡大していくにあたり、なんでもかんでもOJTではまかり通らないタイミングが来ます。絶対に。
そんな時に向けた布石に関わることができて本当に良かったです。
でもまだ始めたばかり。これを改善する仕組みを作り、継続させることも私がリードすべきことです。がんばります。

子どものこと

あと、初回noteに書いたとおり新生児を抱えて転職したわけなのですが。
子どもが生後2ヶ月となりました。色々と大変な中、家族に頼りつつ、子どもの成長を実感して、すごく幸せです。
本当に欲張りな話ですが、仕事も家族も大切に頑張ります。
(お食い初めの手配しなきゃ)

採用のこと

そんなキャディでは、全方位全集中採用を絶賛実施中です!!

今後の事業スケールのために、ゴリゴリ事業推進や新規事業立案、経営企画をやりたい方はもちろん!!

今後の組織拡大に向け、自らの成長を組織の成長に還元したいという方も大歓迎!!

これまでのご経験を存分に活かして職人的なキャリアも素敵!!

ご興味ある方はぜひ下記サイトをご参照ください!私までご連絡いただくでもOKですし、直接ご応募いただいても~~


この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
キャディという製造業スタートアップにて案件ディレクション等を担当するえいけんです!関わる人のストレスを低減し、やりたいことや得意なことに注力できる環境を作り出す。ポテンシャル解放!! 主な過去キャリアはNRI。主にPMやBizDevを経験。「なんとかする」をポリシーに。