見出し画像

整骨院への通院に4ヶ月行った話

■ まずはぼくという人間について軽く触れます

物心ついた時からPCや機械、ゲームに囲まれて過ごしていましたが、それらとは関係なく、小学校からずっと猫背肩に力が入りやすい体型でした。
肩こりを感じることは(若かったから)あまりなかったものの、成人するにつれて肩こりを感じるようになってきていました。
そして、猫背なのではないかと自覚し対応を始めたのが3年ぐらい前です。
猫背歴としては25年間近く抱えていることになります。
今は通院したおかげで肩の力はすっかり抜け良い姿勢かはともかく悪い姿勢になる部分があれば気をつけられるようになっているのではないかと思います。
これからまだ後2ヶ月ぐらいは通院は続きます。

■ 猫背・肩こり・腰痛対策に整骨院へ通院するということについて

まず伝えたいこととしてですが、必ずしも整骨院へ行くことが全てとは思いません。
少なくとも猫背や肩こり、腰痛に悩んでいる方は通院してみて損はないと感じています。
ぼくの場合は、猫背・肩こり・腰痛対策として整骨院へ行くことに対して、だいぶ遠回りをした上で整骨院へ通院していますが、一番効果のある行動だったと言い切れます。
グーグル検索で調べていると整骨院で猫背は治る、という話と整骨院は詐欺みたいなものだから整骨院へ行っても猫背や肩こりが治るわけではない、という評価で真っ二つに分かれます。
確かに整骨院自体は骨に対しより深刻なダメージを与えるケースが少なからずあるようです。
ただそこは診察担当や診察所によるところが大きいので前もって良し悪しを調べてから通院にかかる診察時にキチンとした説明があるかが見極めポイントのように感じます。

■ 整骨院への通院4ヶ月間で行っていること

整骨院に行き始め、継続的に行なっていることは、以下の内容の三つです。

1. 筋肉をほぐす施術
2. 骨の歪みを直す矯正
3. 最後にインナーマッスルの強化

他にもこれに加えて筋膜の強化っていうものも行えるそうですが、そこは今度の改善状態を診察した上で、やればいいという話でもあるので一旦置いておきます。
なぜこの3つに主軸が置かれているかを後述します。

3つの施術の内容

1. 筋肉をほぐす施術
体が痛くて辛いのでほぐすという意味が一つあります。
他にも筋肉が固まっていると骨を矯正してもすぐ戻ってしまいますので、そういう意味でも筋肉をほぐし、少しでも矯正した骨を戻ろうとすることを抑えます。

2. 骨の歪みを直す矯正
骨は根本的に歪んでいるので必要なところだけ歪みを整えます。
これだけでも一応の効果はあります。

3. インナーマッスルの強化
EMSを利用してインナーマッスルを鍛えます。
段階はLv1〜Lv30まであり、Lvが上がるほど電圧が上がります。
整骨院で利用するEMSは週一回から二回ほど30分間利用することで鍛えられるのですが、30分間の間に筋肉を5万回近く動かすんだそうです。
インナーマッスルを使うことで他の筋肉を使わなくて済むようになるので疲労なく過ごせるようになります。

これらを行うことで体はちょっとずつ良くなっていきます。(実際にだいぶよくなりました)

どれぐらいで改善したと感じるようになったか

初めて診察を受けた際は体は確かに楽になりましたが、最初の3ヶ月目に差し掛かった時に体が随分と楽に感じ始めていました
4ヶ月目の今は信じられないぐらい体が楽時間を持て余すようになっています
2ヶ月目ぐらいまではまだ体の痛みがちょっとあるものの、前の状態よりはマシみたいな感じでしたので、ちょっとずつ改善してます。

整骨院に行って変わったこと

むちゃくちゃ睡眠の質が上がったので仕事に対するパフォーマンスは上がったのではないかと思います
仕事に対するミスが減り集中力も変わったので、効果は大きいように思います。
長時間座ることが苦ではなくなったので、落ち着いて仕事ができるようになりましたし、悪い姿勢になるようなことは辞めました
またすぐ疲れるようになったと思っていたのですが、実は体が常に負担がかかっている状態なので疲れにくい体にはなったように思います。
ため息や伸びも減ったと思います。

良いことづくめじゃん!って思った方は甘いです。

お金が飛んだ。(一気に12万ぐらい)
あとインナーマッスルを鍛えるのが楽じゃない

睡眠の質が上がったってどうやって調べたか

睡眠トラッキングが測れるFitbit Altaを使っています。
このFitbitは運動も兼ねて買ったのですが、睡眠トラッキングもできるので、自分がどれほど眠れているか、眠れていないかを判断する指標になるのでは、と思い使い始めました。
結果は以下の写真の通りになります。

これは通院する前日なのですが、2:00ぐらいに目を覚ましています。

以下の3枚は通院してからの三日間です

見ていただいたらわかるのですが、浅い眠りの時間が深夜になくなっています。
働いて三日間はこの状態だったのでかなりの効果のある整骨院とわかっていただけるのではないかと思います。

インナーマッスルを鍛えるEMSについて

インナーマッスルを鍛えるEMSについて、Yahoo!知恵袋を見るとかなり悪い評判となっており、そんなものは信用に値しない、というのが一般的な見解(質問者への回答)のようです。
正直、インナーマッスルを鍛えることについて、ぼく自身は信用するか信用しないかより、体が楽になるなら何だってやってやるわっていう精神状態だったのでその辺の知識なく受けており、「え?そうなの?」っていう話であることは後から知りました。
初診の時に体の凝りを部分的にでも楽にしてもらい、骨の矯正も苦じゃなかったので、全面的に信頼を寄せてもいいと思っていたからです。
確かに料金が高く感じるので若干の困惑はありましたが、骨や肩こりが直り、今後マッサージやリラクゼーション関連へ行く必要性がほぼ皆無になるのであれば、EMS使用料の回数券50回分である12万円は屁でもないと思ったのもあります。

骨が歪んでいるかチェックする方法

骨の歪みをチェックする方法はあることはあります。
一人でチェックはできないので誰かに見てもらう形になりますが、こんな感じでチェックできます。

1. 鏡に対して真正面から見る
  一人でやるならこれだと思います。
  セルフチェックで違和感のある写り方であれば骨が歪んでます。
2. 直立状態で首が前に出てるか、耳の位置が肩にあるか
  直立状態で首が前に出ていればこれも猫背から来る体の歪みです。
  耳の位置に肩があれば正常な状態です。
3. 直立状態から前屈を行う
4. 直立状態から後屈を行う
  この二つからも得られることは大きいです。
  正常な前屈後屈であれば体を歪めずすっとできるのですが、前屈後屈で体を曲げて行くまでに体に捩れがあったりすると歪みがある状態になります。
というかわかる人はこれだけでわかるようです。

■ まとめ

ぼく自身の体はまだまだ改善途中ですので、今の整骨院はインナーマッスルが鍛え終わったとしても行く可能性は十分に高いです。
体の調子を定期的に診てもらうためもあり、直ったから終わりではなく、そのあとも継続的に自分では気づかない捩れがあれば直そうと考えていますので、歪みを診ていただこうと思っています。
また、ぼくの通ってる整骨院は、女性や出産後に来てる方もいます。
もし興味のある方はメッセージをいただければお答えするようにいたします。

メッセージ送り先のkeybaseのIDはhttps://keybase.io/a_kashimaです。
keybaseはメッセージを暗号化して送れますので、内緒で知りたいよって方にはオススメです。

体の歪みを駆逐してやる…!


以下は余談でしかありませんので、読みたい方のみお付き合いください。

■ 整骨院へ行くきっかけになった経緯とか

整骨院に行った結果や効果は書き切ったので、ここから先はぼくが整骨院へ行くきっかけになったことや、主な症状や今までやってきたこと、ネット上のEMSの話をだらだらと記述します。

まずはぼくの身に起きた諸々の症状

冒頭でも触れている通り、猫背からの肩こりが最初でしたが、次第に腰痛が出るようになり、頭痛睡眠不足疲労の回復が遅延し、鏡を見たときに真正面を見ているはずなのに顔が傾いている…?っていう状態でした。
最終的に反り腰も加わっていることを整骨院の方から知ることになりました。

ぼくがやったことなど

ぼく自身の身に起きたことに対し、何かやれば改善されるのは?と考え、以下の内容を実施したように思います。

・リラクゼーション関連(鍼灸・マッサージ)
・アロマ・お香
・ランニング・ウォーキング
・サプリ(眠剤、ビタミン剤)など
・体幹トレーニング・筋トレ・筋膜リリースのストレッチ系

効果のほどはそれぞれですが一時的な改善はあっても確実に改善されたということはありませんでした。
そもそも骨が正常な状態であれば、体幹トレーニングや筋膜リリースは効果があるのでしょう。
骨が歪んでから対策を取ったのでは全ては意味をなさないということになります。
世間に売られている大半の健康グッズは正常であることが前提で売られている商品でいっぱいです。

整骨院へ通院して早々に言われたこと

初診で担当の方から言われたことは、以下の内容です。

通常の人の肩こりが10段階中3が肩が凝っている、ということに対し、あなたの場合は10段階中7ぐらいの度合いの肩こりになっています。
加えて、体の歪みが酷く、歪みから体の負担が出ている状態なので全身が痛いはずです。

と的確な診断結果でした。
確かに若い頃は運動をしていたので姿勢に気を配る必要など皆無でした。
その結果、成人してからPC業務に本格的に就くようになり、ほぼ無自覚なのですが、日頃のストレスから姿勢を崩したり集中するために前のめりになることで、自分では姿勢を綺麗に保っているつもりが、知らず知らずのうちに悪い姿勢を行い、どんどん体を歪めて行ったようです
無論、自宅にいるときも良い姿勢でいるわけではなく、疲れからうつ伏せ状態や寝転がってスマホを操作するなどの状態だったので明らかにこれは体を悪くしている内容のすべてでした。

EMSとインナーマッスルの信ぴょう性に関する話

EMSとインナーマッスルに関しては、色々なEMSがあるのですが、世間に販売されている多くのEMSがアウターを鍛える低周波のEMSが多いそうです。
電気をインナーに届かせようとし、高周波のEMSもあるのですが、高周波は高周波でうまくいかないようです
ぼくがたまたまなのか流行りになり始めているEMSなのかはさておき、複合型の周波数を利用したEMSで、アウターとインナーの両方に刺激を送るそうです。
30分間の電気通電でインナーマッスルが鍛えられるというのも唯一、そのEMSだけのようです。(今のところは)
Yahoo!知恵袋の話も少し触れましたが、恐らくではあるのですが、世間に出ている低周波のEMSに対して効果がなかったので、他のEMSも同じなのではないか、と思い回答しているのではないかなーと感じています。
ぼく自身はというとインナーマッスルがかなり弱っているらしく、きちんと鍛え上がっている人は、EMSから電気を流すことで低い電気でも脈打つようにインナーマッスルが動くそうです。(ここは将来の再検査の時にわかる話になると思います。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
とりあえず登録しましたー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。