ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第4章2話

※全文無料でお読みいただけます。もし気に入っていただけたら、励ましの「投げ銭」をお願いします。

第4章 とおりゃんせ

※登場キャラクター紹介ページはこちら※

2話

 みんにゃ、一斉にボス猫ゴンに注目! スノウさんはひとり、朝からほどよく陽が当たる芝生に陣取って、大あくびしてるけど。
 ていうか、なんで、ゴンがここに来るの!? なんで私の家を知ってるの!?
 ゴンは周りの視線なんか、全然気にしていないみたい。それどころか、まっすぐに私を目指して歩いてくる。
 ――窓ガラスがあるから、噛まれたり引っかかれたりはしないと思うけど、でも、ガラスを透しても、迫力が伝わってくる。
 こ、こわいよぉぉ!
 ゴンは私の前までやってきて、ピタリと立ち止まった。そしてじーっと私をにらんでくる。
 うう……。
 誰? 家の中は安全だって言ったのは。家にいても、怖いことあるじゃない!
「…………」
「…………」
 ゴンは無言。遊びに来てくれてるみんにゃも、誰も何も言わない。ただ息を呑んで私たちを見守ってる(スノウさんは居眠りしてるけど!)
 いつの間にかどこかへ行っちゃった子もいるわね(逃げたのかも!)
「あ、あの……な、なにか……?」
 沈黙に耐えきれず、私はそっと聞いてみた。
 すると、ゴンは大きな声で言ったの。
「ミャオン、お前を助けてやる」って。
 ――え?
 思いもかけない言葉に、私は目をぱちくり。
 それって――どういうこと?
「あ、あの」
「全部、俺に任せておけ!」
「!」
 ゴンはそう言うと、ひとり納得したみたいにうなずいて、それから風のようにビュンって走っていっちゃった。
 そしたら、グレースが目をキラキラ輝かせながら、「おいら、様子を見てくる!」って言い出したの。
「ちょっと、グレース!」
 クロエさんが呼び止めても、その時にはもうグレースの姿はなくて。
 私と、庭にいたみんにゃはただただそれを見てただけ。
 呆然と。
「……まぁ、なんだな」
 沈黙を破ったのは、スノウさんだった。居眠りしてたんじゃなかったの?
「グレースが戻るのを待てばいいさ」
「……そうね。仕方がない子」
 クロエさんもため息交じりにうなずいてる。
 他のみんにゃも、それがいいって顏。
「――でも、でも」
 ゴンは何をしようっていうの? 私のことを助けてやるって、どういう意味?
 考えてもわからないけど、どうしても考えちゃう!
「それにしても、ゴンのやつがねぇ」「意外っていうか……」「面白いことになってきたなぁ」
 集まってたみんにゃが、何かボソボソ話してる。
「え、なに? なんなの?」
「なんでもない」「なんでもないから」「気にすんなって」
「気になるよー!」
 なんなの? もう、ゴンが来てから、私の頭の中は「?」マークでいっぱいになっちゃってるのに!
「それにしても、ミャオンはすごいわね」
 キジトラさんがしみじみと私を見ていう。
「私が『すごい』?」
「そうよ、だって『店』の試作品を迷わず食べたでしょう?」
「――シサクヒン?」
 ……て、何?
 でも、『お店』で買ったのは『カミカミ』だけよ。
 すると、キジトラさんはうなずいて、
「あの『店』の試作品は、たいていどこかに欠陥があるのよね」
「ケッカン?」
 難しいことばかり言われても〜!
 思わず頭を抱えちゃう。
 そしたら、苦笑いしながらクロエさんが言ったの。
「試作品っていうのはね、まだ試験段階の品物ってこと。だから、どこかしらに欠点があるのよね」
「ケッテン……」
「あなた、女の子なのに人間の男の子になっちゃったでしょう?」
「!」
 うん、うん! そうだった!
 私、男の子になっちゃってた!
「そういうことよ」
「え、じゃあ、あれが試作品じゃなかったら、私、ちゃんと人間の女の子になれてたってこと?」
 そうそうって、みんにゃがうなずいてる。
「えええええ――!?」
 ショック! 大ショック!
 女の子がよかった!
「『カミカミ』は試作品だったから、お店に並んではいたけれど、買おうって客はいなかったの」
 キジトラさんは言う。
「人間になれるなんてすごいけど、必ず欠陥があるものだし、何が起こるかわからないし……」
「え、え、え」
「それを迷わず買って食べちゃうんだもんなー。たいしたもんだ」って言うのは茶トラさん。
「あの『カミカミ』を試した子がいるっていうから、来てみたら――こんな可愛い子で、びっくりしたさ」って、サバトラさん。
「勇気あるよねー」「すごい、すごい」って、ほかのみんにゃも、心の底から「感心した!」って顔でうなずいてる。
 でも、待って、私、私――。
「し、知らなかったんだもの!」
 初めてあの『お店』に行ったんだし、試作品のこととかも知らなかったし、グレースだって教えてくれなかった!
 まあ、すぐに陽太まで『お店』に来たから、ゆっくりしている余裕なんてなかったんだけど。
「知ってたら、食べなかった?」
 クロエさんに聞かれて、私は考え込んだ。
「……どうだろう?」
 陽太の役に立ちたいって気持ちには、今も変わりがない。
 全然、思うようにできなかったけど。
 逆に陽太を心配させちゃったけど。
 でも、陽太とおしゃべりできた。私の言葉を伝えることができた。
 だから、だから――やっぱり。
「――食べちゃうかも」
 私の答えに、みんにゃ「おおー!」ってどよめいてる。
 クロエさんはにっこり。
 そこへ「見てきたぞー!」ってグレースが戻ってきた!
「どうだった?」
 のっそりとスノウさんが尋ねる。
「すごかった! やっぱゴンは強いな!」
「そうか」
 ……ひとり納得顔で、スノウさんはまた昼寝の態勢に入っちゃう。
「いや、そうじゃなくて! ゴンはなにをしでかしたんだって聞いてるんだ!」
 しびれを切らしたように、茶トラさんがグレースに詰め寄る。
「それがさー! ゴンのやつ、ミャオンの飼い主にケンカ売ってたんだぜ!」
「え、……えええええ!?」
「カー!って威嚇しまくってさ!」
 大変! 陽太! 陽太がゴンに食べられちゃう!
「そうしたら、どうなった!?」
「ミャオンの飼い主もさすがにビビっちゃって、別の道に逃げてった!」
「おおー!」「ゴン、すげえ」ってみんにゃ感心してるけど、そんな場合じゃないよ!
 ゴンはなんで私の陽太にケンカなんて売るの!?
 陽太にケガなんかさせたら、私……私、許さないんだから!
「私、お外に出たい!」
 でも、窓はカギがしっかりかかってる。
 他に出口は――。
 出口!
 私は陽太がいつも出入りする、家の中の扉に注目した。
 ドアのレバー。あれを下にくいっと下げると、扉が開くようになってるのよね。
 家の中の扉にはカギはないから――あのレバーを下げることができれば!
「私、外に出る!」
 みんにゃにそう宣言すると、私はドアの前へ!
「ミャオン?」
 みんにゃが呼んでるけど、もうおしゃべりしてる暇はないの!
 私はレバーに向かって背伸びする。
 うーん、届かない。
 じゃあ……。
 数歩下がって……今度はジャンプ!
 ――失敗。
 後ろ足がドアにぶつかっちゃった。
 よし、もう一度!
 ――失敗。
 全然届かない。
「もっと思いきり踏みきってみろ!」
 窓の外から声をかけてきたのは、茶トラさん。
「う、うん!」
 言われた通り、思いきり踏ん張ってからジャンプ!
「あっ」
 もう少しでレバーに届きそう!
「その調子!」「いける!」「がんばれ!」
 みんにゃが私を励ましてくれる。
 私、がんばるよ! 何度だって挑戦して、絶対に外に出る!
 そしてゴンから陽太を守るんだ!
 だから……私が駆けつけるまで、陽太、どうか無事でいて!
 ゴンも陽太になにかしたら、承知しないんだから!
 
                          <3話に続く>


↓ランキングに参加しています。よろしければクリックを!↓

この続きをみるには

この続き: 0文字

ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第4章2話

堀井明子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀井明子

ご支援を活力に変換して、今後の創作活動に生かしてまいります。各種沼への軍資金、猫たちへのおやつとなる可能性も捨てきれませんが……なにとぞ……!

書いてよかった……!本当にありがとうございます。
シナリオライターの端くれ。日本脚本家連盟・放送作家協会・本づくり協会所属。noteでの小説連載は休止中ですが、時々趣味に走った雑記を書いています。http://www.a-horii.info/