ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第7章2話

※全文無料でお読みいただけます。気に入っていただけたら、励ましの「投げ銭」をお願いします! 作者がとっても喜びます!

第7章 招いたモノたち

※登場キャラクター紹介ページはこちら※

2話

 土曜日は結局、宮尾くんや三ヶ田さんには会えなかった。夕焼けチャイムが鳴るまで、公園とか近所を探してみたんだけれど……。
 さすがに疲れちゃった。
 でも、収穫もあったんだよ!
 まず『不可思議本舗』の読み方がわかったんだ!「ふかしぎほんぽ」って読むんだって。
 いつか聞かなきゃとは思ってたんだけど、店番さんがポロッと言ってくれて助かったな。
 それと、ポイントがたまったから、くじを引いて『カミカミ』っていう新しいおやつを手に入れた! ミャオンが気に入るかどうかは、まだあげてないからわからないけど。
 そして今日は日曜日。
 ちょっと曇りがちで、午後から雨が降るってママがいってる。
 宿題もやらないといけないから、昨日みたいに一日中、あの二人を探すわけにはいかないけど――雨が降る前に、少しだけ探しにいこうかなって思ってる。
 だけど――。
 ぽてっとぼくの足下にネズミのおもちゃが転がってきた。
「みゃおーん」
 ミャオンが期待に満ちた目でぼくを見上げている。
 『遊ぼう』の合図だ。
「え〜。昨日の夜も、いっぱい遊んであげたじゃないか」
「みゃうー」
 もう、仕方ないなぁ。
 ミャオンはまだ子猫だから、たくさん、たっくさん遊びたいんだろうな。
 ゴロゴロ喉を鳴らしながら、ぼくの足にまとわりついてくる。
 それだけじゃない、ぼくが一歩前に踏み出すと、ごろんって寝転がってアピールしはじめた。
 ふかふかのお腹をぼくに見せてクネクネしてる。
 これをやられると、弱いんだよね。
 ぼくはしゃがみこんで、ミャオンのお腹を撫でまくる。
 ああ……モフモフ、ホカホカ、気持ちいい。
「みゃうーん」
「かわいいなー、ミャオンは。大好きだよー」
 ミャオンは身体をくねらせると、また起き上がって、ネズミのおもちゃのところへ。
 ぼくに「投げて」って言ってる。
「みゃ!」
 ほらね。
「帰ってきたら遊んであげるから」
 今はこれで許して。
 ぼくは1回だけネズミのおもちゃを投げてあげる。
 ミャオンはすぐさま飛びかかって、ちょいちょいって遊んだあと、おもちゃをくわえる。
 でも、ぼくが出かける支度を始めたのを見て、そのままピタリと動きを止めた。
「雨が降る前に、ちょっとだけね」
 じーっとぼくを見上げるミャオン。
 金色の瞳に、困り顔のぼくが映ってる。
 どうして行っちゃうの? 一緒に遊んでくれないの?
 ――そんな風に言ってるみたいだ。
「……ごめんね、ミャオン。ぼくだって一緒にいたいけど、三ヶ田さんに伝えたいことがあるんだ。それと、宮尾くんにも言っておきたいことがあって。その用事が終わったら、たくさん、たっくさん遊んであげるから」
「……んんー?」
 ミャオンはネズミのおもちゃをくわえたまま、寂しげに鳴く。
「……そうだ」
 昨日、くじで手に入れた『カミカミ』をあげてみよう。
 あげても目の前では食べないおかしなお菓子だって言ってたし、出かける前にあげるんだったら、ちょうどいいかもしれない。
 ぼくはいつものおやつの箱から『カミカミ』を取り出す。
 店番さんは2粒を一度にあげなさいって言ってたよね。
「はい、ミャオン。新しいおやつだよ」
 チャックを開けて、紫色のぷるんぷるんしたグミをつまみ出した。
 ミャオンはネズミのおもちゃをくわえたまま、また「んん?」って鳴いた。今度は寂しげじゃない。むしろ――驚いてるみたいだ。
 目がまんまるになってる。昼間なのに黒目の部分が大きく広がっちゃって。確かこれ、驚いてる時の表情……だったよね?
 こういうお菓子をあげるのは初めてだからかな。ミャオンのこういう表情は珍しい。なんだか新鮮だなぁ。
 「よかったら食べてね」って、1粒ずつミャオンの足下に置いていく。
 ミャオンはネズミのおもちゃをくわえたまま、ただ、ただ、ぼくとグミとを見比べてる。目をまんまるくして。
「……じゃあ、行ってくるね」
 ぼくはミャオンの頭をひと撫でしてから、出かけた。

                         <3話へ続く>

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックを!↓

#小説 #猫 #投げ銭

この続きをみるには

この続き: 0文字

ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第7章2話

堀井明子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀井明子

ご支援を活力に変換して、今後の創作活動に生かしてまいります。各種沼への軍資金、猫たちへのおやつとなる可能性も捨てきれませんが……なにとぞ……!

そのスキが私にたくさんの活力を与えてくだってます
2
シナリオライターの端くれ。日本脚本家連盟・放送作家協会・本づくり協会所属。noteでの小説連載は休止中ですが、時々趣味に走った雑記を書いています。http://www.a-horii.info/