ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第6章4話

※本作は全文無料でお楽しみいただけます。気に入っていただけたら、ぜひ励ましの「投げ銭」をお願いします!

第6章 こころがクサクサ!

※登場キャラクター紹介ページはこちら※

4話

 陽太、おでかけしちゃった。
 なんだかものすごく慌てていたけど、大丈夫かしら?
 でも、そのくせ戸締まりはちゃんとしていくの。えらいわ。感心しちゃう。
 ……さて、と。
 取り残された私は、どうしたらいいのかしらね?
 さっきの考え事の続きでもしようかしら。ゴンの誤解をどうやってとけばいいか……。
 やっぱり直接話すのが一番早いわよね。
 問題は、ゴンに会う方法。うちの庭に来てくれる時を待つしかないかしら?
 私はトコトコと窓辺に歩み寄る。
 庭にはだぁれもいなかった。
 おひさまが傾きはじめてるから、ご近所でごはんの神様たちがカリカリフードをわけてくれる神聖な時間はもうすぐ。だからみんにゃ、神様のところへ行っちゃってるんだわ。
 ゴンもきっと同じよね。帰るお家のないにゃんこにとって、神様のくれるごはんは生きていくためには必要なものだもの。
 ん? ということは……今から神様のところへ行けば、ゴンに会えるってこと?
 ああでも、買い置きの「カミカミ」は1回分だけ。
 今日使ってしまったら、なくなっちゃう。
 でも『オダイキン』になりそうなものは、もうないのよね。
 ん〜。今夜のごはんを少し取っておけばいいかな?
 遊びつくしたおもちゃじゃ、きっと『オダイキン』として認めてはもらえないだろうし。
 ――。
 私は顔を上げて、陽太の部屋の本棚を見上げる。
 あの上のほうにある箱。あそこに、私のためのおやつやおもちゃが入っているの。
 新品のおもちゃや、おいしいおやつは、いつもあそこから出てくるって知ってる。
 つまり、あの中には『オダイキン』がドッサリ入ってるってこと!
 陽太やママさん、パパさんがくれるまでは触っちゃいけない場所だけど――。
 ちょっとだけもらうくらいだったら、気が付かれないかも?
 ――はっ。
 だめだめ! それじゃ、ドロボウみたいじゃない?
 それだけはやっちゃダメよ、ミャオン!
 でも、あそこに届けば――。
 私がひとり悩みまくっていたら……。
「たいへんだ、たいへんだー!」
 ――って、グレースが庭に駆け込んできた。
「グレース!? どうかしたの?」
「い、いいか、落ち着いて聞け、ミャオン! ゴンがまた『カミカミ』買ってった! そんで、どうするのかと思って、おいらあとをつけてみたんだ! そしたら陽太が来て! ゴンのやつ、すぐさま『カミカミ』食べて、また人間になって、陽太に向かってったぜ!!」
「ええええっ!?」
 たっ、大変! 陽太が危ない!
「場所は!?」
「店の前の通り!」
「わ、わかったわ! 教えてくれてありがとう!」
 私は大慌てで買い置きの『カミカミ』を食べるため、秘密基地――陽太のベッドの下に飛び込んだ。

 人間の姿になって、大林家の玄関から堂々と外に出た私は、グレースと一緒に、『店』のある路地を目指す。
 途中、車とすれ違ったけど、猫の姿の時と違って、巨大なバケモノみたいには見えなかった。
 そりゃ、怖いことに変わりはないけど、猫の姿で初めて車を見たあの時と比べて、迫力が足りないっていうか。
 身体が大きくなるだけで、こんなに違って見えるものなのね〜。
 ――なんて、のんきに考えている場合じゃないわ!
 人間の姿だから、グレースみたいに近道を使えない。そこがもどかしいけど、私は必死に走った。
 そうして『お店』のある路地の曲がり角までたどり着いたら――そこに、意外な人が立っていたの。
 芽雨さん。
 膨らんだ袋を手に、なんだかコソコソと路地のほうを見てる。
 こっちに背を向けているから、私とグレースが来たことに気が付いていないみたい。
「……?」
 思わず私も芽雨さんのまねっこをして、その後ろから路地のほうを見てみる。
 すると――。
 陽太とゴン――正確には、人間に変身したゴンが、睨みあっているところだった。
 陽太は無事!?
「ひっ!?」
「!?」
 芽雨さん、ようやく私に気が付いたみたい。振りかえって小さな悲鳴を上げた。
「な、なによ! いるなら声かけなさいよ!」
「ご、ごめんなさい。あの、います。こんにちは」
 私が挨拶をすると、芽雨さんは呆れたように目を大きく開いて、それから、そんなことどうでもいいって感じで、また陽太たちの方を見た。
「ねぇ、あの二人、なにやってるように見える?」
「……えっと……おしゃべり?」
 今のところ、ケンカとかはしてないみたいだし。
 って、安心した矢先に、ゴンが陽太をドンって突き飛ばした!
 陽太、大丈夫!?
 思わず駆けつけようとした私を、なぜか芽雨さんは引き止めた。
「ちょっと待って。様子を見ましょ」
「!?」
 芽雨さん、どういうつもり?
「……ねえ、大林くんは、あの女の子のこと、彼女じゃないって言ってたけど、私は怪しいって思ってるの。だってそうでしょ? 彼女じゃないなら、どうしてこうやって二人でコソコソ会ってるの?」
「…………」
 ええと…………陽太。
 さっき芽雨さんの誤解はとけたって言ってたよね? でも、ご覧の通り、まだ疑ってるみたいよ。
 それなら、私も協力しないとね。
「コソコソ会ってるわけじゃないんじゃないかなぁ。たまたま会っちゃったってことも……」
「でも、ほら! 見て!」
 えっ、ゴンが陽太を壁際に引っぱってく!
 なに、なになに?
 なんか、パッと見、とても仲が良さそうなんだけど!?
「……やっぱり怪しい」
 芽雨さんは何だかとても辛そうにつぶやいて、私のほうを見た。
「ねえ、あなた、大林くんの友達でしょ? えっと、確か名前は――。名前は?」
「あ、えっと……『宮尾』、です」
「宮尾くん、あなた、大林くんの本心を聞き出してくれない?」 
 本心? って、なに?
 私が「?」ってなったのがわかったみたい。芽雨さんは念を押すように、真剣な表情でこう言ったの。
「大林くんが本当に好きな子は誰なのか、聞いてほしいの」
「――」
 え。
 なぁんだ、本心って、そういうこと?
 そんなの、決まってるじゃない。聞くまでもないわ。
「それなら知ってるよ。陽太が好きなのは、ミャオン!」
 毎日、『大好き』って言ってくれるもの。うふふ。
 すると芽雨さんは、口をあんぐり開けたかと思うと、
「――――はぁ?」
 って聞き返してきた。
「? だから、陽太が好きなのは――」
 芽雨さんは最後まで私の言葉を聞いてはくれなかった。
「ミャオンってただのペットじゃない。話にならないわ」
「…………え?」
「ペット?」
「そうよ、ただの飼い猫! そういうことを聞いてるわけじゃないの」
 ペット。
 ただの――飼い猫。
 私は、ただの――ペット?
 あ、なんだろう。グサッと突き刺さるものがあった。
 こころが、痛い。
「もういいわ。自分で何とかするから」
 芽雨さんはそう言って、また陽太たちの方を見る。
 ゴンは陽太と別れて、こっちに歩いてくるところだった。
「お、おい、まずいって、ミャオン! 隠れよう!」
 私と芽雨さんを塀の上から見ていたグレースが、声をかけてきた。
 そ、そうよね。こっそり隠れて見ていたのがゴンにわかっちゃったら、何をされるかわからない。
「こっちだ!」
 私は促されるまま、グレースのあとを追う。
 芽雨さんはそんな私たちにおかまいなし。歩いてくるゴンを待つつもりかしら?
 ――どうする気かな?
 ううん、そんなことより。
 『ただのペット』。
 芽雨さんは私のことをそう言った。
 陽太は毎日、私を大好きって言ってくれるけど。
 『ただのペット』なの? 私――。
 その言葉が、大きなトゲみたいに、こころに突き刺さって。
 私はどうすればいいのかわからなくて、とにかくその場所から逃げ出した――。

                          <5話へ続く>

↓ランキングに参加しています。よろしければクリックを!↓

この続きをみるには

この続き: 0文字

ぼくとミャオンと不思議を売るお店 第6章4話

堀井明子

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀井明子

ご支援を活力に変換して、今後の創作活動に生かしてまいります。各種沼への軍資金、猫たちへのおやつとなる可能性も捨てきれませんが……なにとぞ……!

ありがとうございます!私もスキです!
シナリオライターの端くれ。日本脚本家連盟・放送作家協会・本づくり協会所属。noteでの小説連載は休止中ですが、時々趣味に走った雑記を書いています。http://www.a-horii.info/