本棚

13

「内向型の生き方戦略」 感想

ずいぶん時間がかかってしまいましたが、「内向型の生き方戦略」(中村あやえもん著)を読了しました。近頃、移動時間が多かったことを幸いとしておきましょう。 きっかけは、こちらの、deconbatchさんのnoteです。 外向型を社会維持型、内向型を境地開拓型、と捉えなおすことで、内向型の人々が生き…

「絵はすぐに上手くならない」

直球なタイトルの、絵の勉強方法本です。 「絵はすぐに上手くならない デッサン・トレーニングの思考法」 成冨ミヲリ著 彩流社 2015年10月30日 他の学問や技術が体系立てて学ぶことが多いのに対し、絵の学習には根性論が多くあるように思う、と著者は言います。 絵がうまい、とはどういうことか。…

「生きるように働く」感想

「生きるように働く」ナカムラケンタさんの著書の感想文です。 共感するところも、自分の中で消化不良のところも(過去の体験と照らし合わせて)ありました。 今の仕事に違和感を持っている方、人生を見つめ直したい方、さまざまな働き方に触れたい方におすすめしたいなと思います。 購入したのはタ…

「表現は翼ですよ」(推薦図書)

――絵を描いてなにになる? ――この文章が誰のためになる? ――投稿してなにが変わる? まるで出口の見えないトンネルの中にいるよう。 今日はおすすめしたい小説があります。 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」ほしおさなえ シリーズものの2冊目にあたります。 ゆるくつながった短編集なので…

ひらかれた新刊書店(推薦図書)

本は好きだが漠然と「推薦」するのはむずかしい。 というのも、相手あってのことだから。 例えば、私の周囲には理系修士の会社員が多く、おススメするのであれば、と考えてみる。 仕事と直結させずに娯楽として読みつつ、なにか感じてもらえそうな、「バッタを倒しにアフリカへ」を手渡すだろう。 例…

危機感はここから具体的になった

学生、社会人、リタイア後。 3ステージの時代は終焉を迎えた。 変化はもう始まっている。 各々が自身の価値観を見つめ、長い人生の舵をとる強い意志と、お金だけではない、見えない資産を築いていく覚悟が必要である。 「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」 リンダ・グラットン アンドリュー・スコット…

起業は遠い世界のことではない、と。

10代のあなたへ、周りの大人たちへ、著者の思いは起業という選択肢を示す。 「好き」や「助けたい」を行動へ移す最初の一歩に背中を押す。 居場所につながる生き方のひとつ。 若者の実例は、悩む大人にも勇気を与える。 「15歳から、社長になれる。」 家入一真 2013年11月11日 イ…

大人の「学び」の原理と行動とは

頂を目指す登山から遠くの尾根を眺める。 向かう道は自ずと姿を現す。 挑戦し、立ち止まり、対話する中で生まれる。 地図の再構築を促す7つの行動と、ケーススタディ。 あなただけの働き方を創り出すための糸口を示す。 「働く大人のための『学び』の教科書」 中原淳 2018年1月15日 …

仕事と余白の答えを探して

お金とのつきあい方の見直しは、生き方を探す地道な作業とも言い換えられる。 始まりの逃避は、終わりのない更新へ。 あなたが今支払おうとしたそれは、どんな感情の対価か? 豊かさのめぐる社会を思い描く、一つの本。 「なるべく働きたくない人のためのお金の話」 大原扁理 2018年7月17日 百万年書…