本棚

13

「絵はすぐに上手くならない」

直球なタイトルの、絵の勉強方法本です。 「絵はすぐに上手くならない デッサン・トレーニングの思考法」 成冨ミヲリ著 彩流社 2015年10月30日 他の学問や技術が体系立てて学ぶことが多いのに対し、絵の学習には根性論が多くあるように思う、と著者は言います。 絵がうまい、とはどういうことか。…

「生きるように働く」感想

「生きるように働く」ナカムラケンタさんの著書の感想文です。 共感するところも、自分の中で消化不良のところも(過去の体験と照らし合わせて)ありました。 今の仕事に違和感を持っている方、人生を見つめ直したい方、さまざまな働き方に触れたい方におすすめしたいなと思います。 購入したのはタ…

「表現は翼ですよ」(推薦図書)

――絵を描いてなにになる? ――この文章が誰のためになる? ――投稿してなにが変わる? まるで出口の見えないトンネルの中にいるよう。 今日はおすすめしたい小説があります。 「活版印刷三日月堂 海からの手紙」ほしおさなえ シリーズものの2冊目にあたります。 ゆるくつながった短編集なので…

ひらかれた新刊書店(推薦図書)

本は好きだが漠然と「推薦」するのはむずかしい。 というのも、相手あってのことだから。 例えば、私の周囲には理系修士の会社員が多く、おススメするのであれば、と考えてみる。 仕事と直結させずに娯楽として読みつつ、なにか感じてもらえそうな、「バッタを倒しにアフリカへ」を手渡すだろう。 例…