あかね

♪ ふわふわ・ふらふらしてる50代 ♪ 好きな人、好きなもの…いっぱいありすぎ問題 ♪ あちこち首を突っ込んでは食べ散らかして、結果後に残るのは…?

あかね

♪ ふわふわ・ふらふらしてる50代 ♪ 好きな人、好きなもの…いっぱいありすぎ問題 ♪ あちこち首を突っ込んでは食べ散らかして、結果後に残るのは…?

マガジン

  • TVドラマ感想文

    実際に視聴したTVドラマの感想記事です。放送中のものだけでなく過去の放送作品も含まれます。

  • B'z

    私のイチ推しアーティスト、B'z に関する記事

最近の記事

「note」から撤退することにしました

と、タイトルの通りです。 理由はもちろんあるわけですが、所詮私の“わがまま”でしかないと思うので、いっそ何も言わずに出ていくつもりです。 1年ちょっと使ってみて、「うるさい広告が出ない」ことだけが私にとっての『noteのいいところ』でした…。 今後は、以前使っていた「ライブドアブログ」に戻ります。あのうるさい広告でいっぱいの騒々しい世界に。 note に投稿した記事もいくつかはあちらに移す予定。 後始末にもう少しの間、ここにいます。

    • 当別ドライブ

      この春最初の遠出。まずは足慣らしといったところでしょうか 真っ先に向かったのは当別の道の駅。 10時前に到着しましたが、車を降りた途端強風に閉口。 そそくさと建物の中へ。 この道の駅がオープンした頃に一度訪れているのですが、その時の混雑ぶりに比べるとまだ落ち着いた館内。 目を引いたのはソフトクリーム 青い部分は「甘酒」、黄色はハーブの「エルダーフラワー」のソフト。 ちなみにこの組み合わせはスウェーデンMIXとなっていました。 当別はスウェーデンとつながりが深いとのことで。

      スキ
      2
      • 『未来への10カウント』第一話・二話

        初回見た後すぐに感想出そうと思っていたのですが例によって時間に追われてしまいました。 あっという間に二話放送になっちゃいましたね。 実は私、キムタクさんのドラマ(主演作)、これまでひとつも見たことありませんでした。 別に嫌いなわけではないんですけど。 「興味ない(なかった)」が一番しっくりくる『言い訳』でしょうか。 もともとそれほど“TVドラマ”を好んで見る方ではなかったし。 で、そんな私の、このドラマの第一印象ですが 「キムタクも年取ったなぁ」、でした。 …というとネ

        スキ
        1
        • 余命1年だとして

          「新しい年」があっという間に6分の1ほど過ぎてしまいました。 新年にあたってまず何を思ったかというと。 「私の人生、今年限りだと思って生きてみようかな」 そろそろ人生の「店じまい」の準備は始めないといけないなぁ、と漠然と考えてはいました。 持ち物を整理したり、残された人(夫)が困らないように書置きを残す、とか。しておかなきゃ、って。 でもやっぱり心のどこかで「まだ早い」って思ってしまうんでしょうね。 全然手を付けようともしないで月日が経ち。 このままじゃ、いつまでたっ

          スキ
          1

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • TVドラマ感想文

          • 9本

          実際に視聴したTVドラマの感想記事です。放送中のものだけでなく過去の放送作品も含まれます。

        • B'z

          • 2本

          私のイチ推しアーティスト、B'z に関する記事

        • TVドラマ感想文

          • 9本

          実際に視聴したTVドラマの感想記事です。放送中のものだけでなく過去の放送作品も含まれます。

        • B'z

          • 2本

          私のイチ推しアーティスト、B'z に関する記事

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 私がタロット占いを「諦めた」わけ

            一時期、タロットカードを使った占いにかなりハマっていました。 きっかけはこれまたYouTubeで、次から次へと多くの「占い師」さんの動画を見ては結果に一喜一憂。 (っていうか、ほとんど「いいこと」しか言ってくれないから。そりゃハマりますよ) それから、自分でもやってみたくなって一組のカードと解説本を入手。 カードの意味もなんとなく(半分くらいは)覚えて、あとは実践あるのみ! この先1週間分くらいの1日ごとに1枚カードを引いて、どんなことが起こりそうか、どんな心の動きがあ

            • 突然の NON STYLE 推し

              暇なときによくYouTubeを見るのですが、ある時おススメに出てきたのがNON STYLE のネタ動画。 公式チャンネルのものだったので気兼ねなく見ていたら、2008年M-1グランプリ優勝時のネタの「リマスター」動画がありました。 懐かしいなぁ!この時のM-1見てたわ~。 「街灯(ホラー)」と「ばね付きのストラップ(人命救助)」、大好きでした。今見てもひとりで声出して笑ってしまう…。 これがきっかけで NON STYLEチャンネル、見るのが日課になりました。 同じネタ何度

              スキ
              1
              • 「友達」と「恋人」の間には / その2『同性間の恋愛』、『異性間の友情』

                このシリーズ(シリーズ?)、全部「私にとっては」こういうこと、こんな考え、こんな気持ち…、なことしか書いていません。 一般論とか、「普通は」とかの話はしていませんので、ご了承くださいませ。 むかーし。 「私が男だったら絶対この子とつきあいたいのにな…」 と思って見てた子がいる。 特別美人とか美少女とかではないのだけど、仕草とか言動とか、いちいち「かわいい」の。なんというか、小動物的な。 ふと、その子のことを思い出して、今になって考える。 「“もし男だったら”なんて但し書き

                スキ
                3
                • 「友達」と「恋人」の間には

                  「友情」「恋」、違いは?境界線は? そんなことをここ最近ずーっと考えているのです。 考えれば考えるほど、次々と疑問や迷いが生まれて収集がつかない。全然まとめられない。 なので、浮かんでくるバラバラな断片をバラバラなままここにおいておくことにしました。 「“友情”は“恋”の下位互換ではない」と思う。 でも、恋心を抱くことが躊躇われる・許されないような相手に対して 「(恋人になれないなら)せめて友達でいさせて」 なんてよく聞くセリフだし、なんなら自分でも言ってしまいそう

                  スキ
                  1
                  • NHKドラマ「恋せぬふたり」を見ていろいろ考えた

                    なんとなく、岸辺露伴とは全く違う高橋一生さんをちょっと見てみたくなって、NHKの「よるドラ」、見てみました。 ドラマ、第一話を見て考えたこと。 恋、なんて。 したいと思ってするものでも、したくないからとせずにいられるものではない、と私は思っていて。 恋をしない、という人を「できない」と言い表すのもそもそも違うんじゃないかな、と。 しない、ことがその人にとっての自然なら、それでいいじゃないか。 私の幸せとあなたの幸せは違う、って当たり前のことを。みんな普通に当たり前にで

                    スキ
                    8
                    • 『ミステリと言う勿れ』第二話・感想

                      あれー、また「続く」なの !? このドラマ、確かにいろいろと「考えさせられる」というか、「そういう見方もあるのか」と思わされるポイントがいくつもありますね。 ただ。 私がなんとなくもやもやしてしまうのは、…。 整くんが語るそれらの「考え」が、まるで「それが正解!」みたいなテンションで(主にネット上で)持て囃されてるところがちょっとあるんじゃないかな、と感じています。 整くんの言うことは、「それもまた“真実”の中のひとつ」である。 もしくは「……ひとつ」でしかない。 「

                      スキ
                      1
                      • 今年の手帳~ロルバーン・手作りスケジュール帳

                        引き続きロルバーン ポケット付きメモLを使ってスケジュール帳としています。これで4冊目(だったかな?) 今年は特別な、ピンクのロルバーン。 私のスケジュール帳の作り方(と使い方)。 まず月間の予定表、「マンスリー」ページを6か月分、ノートの初めの方に作っておきます。 見開き1か月、この手帳では右側をフリーにしていますが以前は2ページを大きく使ってブロックタイプのカレンダーにしたり、いろいろ。 全部手書き、かなり雑ですが(^^; 今までの経験上、大体6~7か月くらいで1冊

                        スキ
                        1
                        • 「岸辺露伴は動かない」四・五・六話感想(2)

                          四話、「ザ・ラン」。 ドラマ放映前にアニメ化されたのを見てストーリーはわかっていたんですが、実写のほうが不気味さが増して感じられました。 (アニメはあの原色で彩られた画面が…。そもそも原作のマンガが、絵柄がちょっと苦手で。ファンの方ごめんなさい) なにが怖かったって、「取り除いた。」の一文。 怖い! 陽馬くん(妖魔?)は、露伴との勝負の後どこかへ消えてしまったの? 筋トレばかりやる「筋肉主義者」と、ひたすら走る「有酸素運動主義者」は相容れない、全く別の人種という勝手な

                          • 「岸辺露伴は動かない」四・五・六話感想(1)

                            2021年末に放送された「岸辺露伴は動かない」、録画をやっと見ることができました。 2020年の一~三話がおもしろかったので、その続編(と言っていいのかな?)も楽しみでしたが、前年を上回るおもしろさ。 イイ感じに「ホラー」でしたね。 あまりホラーは好きじゃないんです。でもこの作品はなによりも「岸辺露伴」のキャラクターが見ていて楽しすぎて。 ついつい見入ってしまいます。 そうそう、「露伴センセイ」担当編集者の泉京花ちゃんも忘れちゃいけない。どんなに冷たくあしらわれても全然めげ

                            • 『ミステリと言う勿れ』第一話

                              今年の抱負のひとつである「ドラマはできるだけリアルタイムで見る」を実践いたしました。 祝日で夫が早く帰宅、おかげでいつもよりは順調に家事を片付けることができたのですが、ということは来週からはどうなんだ? それはともかく。 菅田将暉くんのアフロヘア、違和感ないですね。似合ってると思います。 彼を見るとどうしても一旦、「フィリップ、その頭どうした…?」と突っ込んでしまうのが私のなかでお約束。 なんだけど、さすがに今更 “フィリップ” は無いか…。 と思ってたら、この主人公(

                              スキ
                              3
                              • 「伝票どこに置かれるか」問題

                                結婚して10数年経ちます。 ふたりで外食をするとき、最初の3、4年は会計伝票を置かれるのはほとんどの場合夫の側でした。 ある時から伝票は私の側に置かれるようになりました。 それに気付いたときに「ああ、誰から見ても“夫婦”に見えるようになったんだなぁ」と感じたものです。 夫婦で(あるいは家族で)食事をするなら、支払いは妻(母)が。 そうじゃない男女の食事なら、支払うのは男性側。 …というのが、一般的に「普通」とされているのでしょうか。 そうじゃないパターンだっていくらでも

                                スキ
                                1
                                • 初詣

                                  この街に越してきて10数年。毎年元日に近所の小さな神社にお参りに行くことにしています。 今年も雪の舞う中行ってきました。 普段なんの信仰も持たないくせになんで正月だけ「お願い」しに行くんだ日本人は、 とかなんとかおっしゃる方もいますが、別にいいじゃんそんなのどうだって。 お賽銭入れてお祈りしたところで「神様」が私の「願いを聞いて」叶えてくれる、なんて本気で思ってるわけないのです。 たかが小銭何枚か差し出すだけで、お願い聞いてもらおうなんて、そこまで図々しくないわ。 初詣