ヘッダー2

Vtuberという文化で生まれる新たな絵師の可能性と生存戦略【僕の使命】

皆さんはじめまして!アカギ・CMY・K(芸名)こと、赤城京と申します。

アイコンDiscord

2016年12月1日、キズナアイのデビューを機に今日まで沢山の「バーチャルyoutuber」略して「Vtuber」が生まれ、新たなカルチャーを生んできました。

2次元のキャラクターが画面上で動くコンテンツ、これまでアニメやゲームに馴染んてきた身として、当初は「へぇ~」という感じで見ておりました。しかし、もっと早くからこの魅力に気づけなかった自分を今ではとても恥ずかしく思います。


Vtuberを通じて自分だけのオリジナルコンテンツを展開できる魅力

Live2Dなど新たなアニメーション制作ソフトの登場により、生命を宿ったキャラクターを生み出せれることができるようになりました。キャラクターデザインとイラストがあれば、世界に一人だけのオリジナルキャラクターが作り出せるのです。

商業誌での漫画家デビューを目指していた頃、一からストーリーを考えると共に登場キャラクターのデザインも考えなければなりません。

持ち込み、あるいはコンテンストに応募。しかし、落選すれば作り上げてきた物語とキャラクターは「没」という名のごみ箱へと投げ捨てられてしまう。創作物に感情移入しやすい自分は、この繰り返しに耐えれなかった。

「同じキャラクターデザインの登場人物を出すのはやめましょう」

誰かが決めたのか分からない固定概念に縛られ、ネットでのマンガコンテストで最終選考のランキングに入っても、最後は「たった一人編集者」に落とされて終わる。

描いてきた作品はAmazon Kindleで読めるよ!(無料)


「いい編集者に当たるまでが戦い!」「運も実力だから継続だ!」

古臭い教えとスピリチュアルな発想に嫌気がさし、動いていたペンはある日止まってしまいました。

そんな中、無気力ニートの如くyoutubeを見ていた時、Vtuberたちの存在を改めて目にするようになりました。その中でも「個人勢」の存在が目立ちました。彼ら彼女らは、企業にも属さず、自分たちの個性と特技を売りにした動画コンテンツを展開し、熱烈なファンを集めていました。

2018年の上半期。一般なんとかで注目を集めていたゆゆうた氏の存在もあり、個人だけの影響力生きていける可能性を見つけたのです。


「Vtuberを作って、赤城京という絵師のブランディングしてやる」

2019年1月、Live2Dを独学で学び、現在Live2Dモデラーをメインとした絵師として生計を立てれるようになりました。

Vtuberのキャラクター制作はこれまで50人近く制作。オリジナルキャラクターを作ることで、自分が制作したブランドをVtuberという世界でコンテンツとして発信し続けています。



絵師・個人Vtuberの新たな表現活動と生存戦略

絵を描き続けれる環境を手に入れた事により、クライアントとのやり取り、基礎的な事を学ぶ機会がこの1年で一気に多くなりました。企業での依頼を受ける事も増え、活躍の場を更に増やしていかなければとモチベーションは上がるばかりです。

Vtuberのキャラクター制作がメインなのですが、これはいつまでも安定して稼げれるという保証はありません。テクノロジーの進化と共に、今の業務だって、仕事にもならず終わりを迎える事だってあるかもしれません。

そこで知名度があればまだしも、僕のような世に名が広まっていない駆け出しクリエイターは明日の保証なんてありません。

「個人だけの影響力で何とかなる」パワーをまだ手に入れていないのです。

そこで、最近は僕自身も絵師系バーチャルyoutuber「アカギ・CMY・K」として、youtube活動を始めました!


活動内容はイラストの描き方やメイキング動画など、僕の動画を見て絵の描き方&技術を取得できる役に立つ動画をテーマに発信しています。

赤城京の描いたイラストとアニメのように動くLive2Dモデルのアピールに繋がると思い、個人Vtuberの個性と特技を生かしています。

これまでイラスト制作の作業がメインで裏方業務が続いた事もあり、表向きのアピールができていませんでした。その為、フォロワーも伸びない&知名度が上がらないと今後の危機感を感じたため、このようなエンタメよりな活動をしようと思い立ちました。

「個人だけの影響力で何とかなる」パワーを手に入れるという目的を達成するなら、この行動は必然だったのかもしれません。


次の評価されるVtuberは「アイドル」じゃなくて「教えてくれる先生」?

youtubeの流れが教育系の流れに移ろうとしている一方で、次に重宝されるyoutuberは「教育系」みたいな事も言われています。

中田敦彦のyoutube大学がいい例でしょう。作業しながら毎日流して見ております。

教育系、または音声機材はOBSでの配信方法を教えてくれる動画はとても価値があるものだと思います。当たり前ですが、知らないという悩みを解決してくれるのですから。

今のVtuberはゲーム配信・コラボ・雑談。ゲーム配信がプロゲーマー級の実力で見てて参考になるレベルなら話は別ですが、あとの3つは、見ていて一体何を得れるのでしょうか?

辛口ではありますが、僕はVtuber界隈に関わっていながらこういったVtuberの仲良しコラボ・雑談配信はほぼ見ません。

いや、見る時間がありません。

現在9000人のVtuberがいるみたいですが、その中に何千人がVtuberとして何をするのかの「目的」が明確ではない人が大半だと感じています。

僕よりも超人気の絵師さんにデザイン&イラストを頼めば、すぐにフォロワーは集められて開幕スタートは楽勝でしょう。

しかし、僕は「あなたは視聴者に価値のあるものを提供できるか?」と問いたくなります。

A・「悩んでいる人はかわいい私を見ただけで幸せになれます💛」と言ってる可愛い女の子

B・悩みのある人に抱えている問題の解決に繋がる「知識」を提供することができる可愛いけど真面目な時はしっかりしてる女の子

個人差はあると思われますが、どちらの動画コンテンツが見たいですか?そして、どちらのチャンネルを見続けてみたいですか?


知らない事を知ると自信になる

フリーランスで起業し始めてから、色んな事を勉強する事が多くなりました。同時に読書する機会も増え、それまで知らなかった事、また偉人の考え方や歴史の流れを知ることで色んな価値観を受け入れやすくなりました。

また、収入が無くて不安だった毎日も、先の事をよく考えれるようになり、精神的に安定するようになり、知識を蓄えることは精神安定剤の効力を凌駕してしまうくらいに思えます。

「絵が上手く描けない!」「上手くなりたい・・・!」

かつて同じ悩みを経験した自分がyotube活動を通じてやるべき事は絵を挑戦してる人たちの手助けとなるコンテンツを展開することではないのだろうか?

悩みの解決、そして「知識」の取得は新たな一歩にも繋がるし、とても価値のある事だと思うのです。youtubeが教育系の流れになっている事も考えたら次に重宝されるyoutuber、そしてVtuberは教育系(ハウツーとスタイル)だと悟っています。


アカギ・CMY・K、赤城京の使命は2つ

・「個人だけの影響力で何とかなる」パワーを手に入れる

・「知識」と「技術」を教え、悩みを解決する価値あるコンテンツの発信

これから活動し始めるけど何をしていいか分からないと悩んでおられる新人Vtuberの方が読まれていたら、是非ともこの記事を参考にしていただき、自分の「特技」を人に教えてみるのはいかがでしょうか?

長々となりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。ここで描いたことを決意表明とし、改めて日々の活動を頑張っていこうと思います。

この記事が役に立ったと思ったらスキ!&フォローよろしくね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
イラスト・Live2Dモデラー Vtuberアバターモデル&キャラクターデザイン制作を中心に活躍中 youtube:https://www.youtube.com/channel/UCe8-iyADxCCos9eL0yZTWBA?view_as=subscriber

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。