見出し画像

最終回:舞鳳の長い長い初日 『あら?!マドリ』★27★

★1★から読む / ★26★へ戻る

舞鳳は布団の中で、さくら子ちゃんにガシッと抱きつかれた。
ふふふ。
こうやって、昔はママと寝たっけ。

「もう中学生になるんだから、一人で寝なさい」と言われた記憶があるから、小学校六年生まで一つの布団で寝ていた気がする。

小学校六年生。ロイくんと同じくらいの歳か。

ロイくんが布団でママに甘えている姿が想像できない。想像できないその強さが、なんだか逆に悲しく思えて、舞鳳は今日何度目かわからない涙を静かに流す。

そして——

右腕がちょっと冷たい。

さくら子ちゃんのよだれでぬれちゃった。

ロイくんは言ってた。
「さくら子は二人だと一瞬で寝るから」

「さくら子ちゃん、いい子だね」
舞鳳はそっと、幼女の頭をなでてあげた。

さくら子ちゃんはきっと、明日もわたしを求めるだろう。

見ず知らずの子と、布団に入って、こうやって頭をなでることになるなんて思わなかった。予期せぬことばかりだ。

明日、わたしはここにいるのかな?
いないとしたら、どこにいるの?

ふつうに、家のお布団か——

あら?!

舞鳳は気づく。
母親に連絡もしないでこんな遅くまで外にいたのは初めてだった。 

* * *

タクシーで家に戻るとギリギリ、十二時を過ぎる手前だった。

「ただいま! 遅くなっちゃった。ごめんなさい」
「どこにいたの?!」
「どこって——」

ついさっきまで布団の中にいました——そんなことを言ったら誤解されるに決まってる。どこから説明したらいいのかわからない。

「お風呂、入る?」
「うん」
「あれ? その服、どうしたの?」
「あ、これは——」

この説明にも、ものすごく時間とエネルギーが必要だ。
もう疲れていて、そんな余力はない。

「土曜日に出かけるとか珍しいなって思ってたけど」
「うん」
「楽しかった?」

母親はお風呂の準備をしに浴室へ向かった。
舞鳳はさっそくノートパソコンを開く。

なぜパソコン?

今日、あったことをレポートするのが舞鳳の仕事だから。
70万円ももらっているんだからね。

でも——

どこから書いていいのか、さっぱりわからない!!

浴室から戻ると、母は温かいお茶をいれてくれた。

「熱っ!」
「熱いよって言ったでしょ」

熱いよって言ってないのに、言ったでしょと母は言う。
いつものことだ。
言葉にしてないのに、伝わると思ってるのかな。

ママって——どこのママも、みんなそうなのかな。

「ねぇママ」
「ん? 何」
「わたしが——明日急にママになったらびっくりする?」

ママは即答した。

「びっくりしないよ」
「え? びっくりしないの?」
「嬉しい」
「嬉しい?」
「マドリが誰かのママになれば、その子もそのパパもきっと幸せだよ」

泣かない。もう泣き過ぎだから。

「ママ——今日、いっしょの布団で寝よう」
「やだよ。マドリ、蹴ってくるから」
「蹴らないから」
「ダメ。もうマドリは大人だよ」

舞鳳はしばらく黙る。
遠くで浴槽にお湯が入る音がしている。
ふつうの、何度も繰り返してきた、いつもの土曜日。
ママと舞鳳の、二人だけの土曜日の夜。

「もしわたしがママになるとしたら、パパは、会ったこともない人だけど」
「え? 会ったことないの?」
「うん」
「会ったことないのに、ママになるの?」
「変だよね」
「それは変だね。でも、マドリは昔から変な人が好きでしょ」
「え? そうなの?」
「ちょっと、お布団しいてくるね」

ママは和室へ行った。
二人の暮らしが終わる。
新しい生活が始まる。

ママはもしかして、あっちで泣いているのかもしれないけれど、そんなこと考え始めたら号泣しちゃいそうなので、舞鳳は想像するのをやめた。

それにしても——すごく濃い一日だった。
これを記事にまとめろっていうの?

今日出会った、たくさんの個性的な人たち。
記者って、毎日こんな感じなのかな?

今日出会った、たくさんの先輩ママさん。
ママさんって、毎日あんな気持ちなのかな。

書き終えるまでに、いったい何万字必要なんだろう。
気が遠くなる——

このまま、頭を乗せたまま眠れば、自動的にその日にあったことを書いてくれる。そんな魔法のパソコンがあったらいいのになぁ——

ママさん記者は静かに目を閉じる。

舞鳳の長い長い初日が、ようやく終わった。

(完)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読後📗あなたにプチミラクルが起きますように🙏 定額マガジンの読者も募集中です🚩

ミラクルがおきますように!
34
ノーター(noter)です。小説・ストーリー・エッセイを書いています。東京で小学生から高校生を対象とした私塾も開いています。YouTubeでは「Jの先生」として活動しています。検索してみてください。

こちらでもピックアップされています

『あら?!マドリ』
『あら?!マドリ』
  • 25本
コメント (4)
とても読みやすくて素敵なお話だと思いました!
kikiさん、感想ありがとうございました。また次の新作と、別の作品の再放送(?!)がありますので、お時間がありましたら、どうぞよろしくお願いします。私は今、塾の子たちといっしょにマンガの練習しています。イラストやマンガ描ける人、すごいなーっていつも思ってます。トライですね!
何だか、先が気になるところで終わってしまったお預け感が、却ってうまいな〜……と思ってしまいました。
最後までお付き合い、ありがとうございました! 物語のスケールの関係で、こういう区切り方がベストという結論になりました。note版には書いていなかったのですが、実際は『あら?!マドリ』~舞鳳の長い長い初日~ というように、サブタイトルがついています。長い長い2日目、みたいに書いていったら、史上最長の長さの物語になってしまいますね・・・ヴィンセント海馬は、逆に1章1日(noteの区切りでは1章になっていませんが)のイメージで書いていました。物語がスピーディーに進むバージョンの話や、短編なんかにもトライしたいです。とにかく、本当にありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。