見出し画像

私の大好きな海で、今日ひろったもの。

こんにちわ!Aircraftdesignのトビサワです。
今日の記事はツイポ部でもなく、デザイン関係のお話しでもなんでもありません。ただ、私の大好きな海のお話をさせてください。

私は今Saint-maloという海辺の町に住んでいます。
家を出ると30秒でこの砂浜につきます。愛犬のわさびと毎日、毎日散歩しています。

私は育ったのは完全に千葉なのですが、両親の実家いわゆるおじいちゃんとおばあちゃんの家が岩手の沿岸にあります。浄土ヶ浜の近くです。
毎年帰る岩手では海で過ごしました。少し寒い岩手の海。
時に波は高く、遠浅ではない急にがくんと水深が深くなるようないわゆる海水浴場ではない、地元の海でした。もちろん人も多くありません。
たくさんの岩場があり、そこでカニをとったり。浜辺で貝殻を探したり、ひたすら泳いだり。時には釣りをしたり!私が海が未だに大好きなのはこの体験があるからなんだなと思っています。
ちなみに私のじーさんは寒中水泳で最高年齢の参加者で完泳し切ったり、こないだも釣りをしていたら海に落ちたから泳いで帰ってきた。(釣り竿を離すまいと思ったけど無理だったとか言ってた・・・冷汗)そんなじーちゃんは今86歳。もうちょっとで米寿だねじーちゃん。

そう。私は海坊主(じーちゃん)の娘なので自然と海を求めているようです。

なので千葉に来てから、箱根の海や千葉の海に行った時は驚きました。
すごい、人。人。人。人。人!!!そして海は暖かく、波も一切ない。
もちろん磯遊びをできる岩場もない。そして遠浅で泳ぐにはプールみたいで物足りない。そんな海があることに驚きました。


そしてここSaint-maloは岩手の海に近く、とても気持ちが安らぎます。
ただ岩場で寝そべって時間を過ごしたり、ここで釣りをしたり。
なんと釣り友達もできて充実した海ライフを送っております。

そんな私が今日拾ったものをみてください。

美しい貝殻。ホタテが特に好きなんです。これは昔から。
それとプラスティックのカードや、破片。ビニール片などのゴミ。

私は海に散歩に出るたびに、素敵な貝があれば拾います。
そしてこのゴミ達も美しいと思って拾った。

と思いますか?
いいえ、違います。ゴミだったので拾いました。

これを読んでどう思われますか?
ああ。ゴミ拾いをするいい人なんだなとか、いろんな感想があるかもしれません。でも私が拾った理由は、海が好きだから。ただそれだけです。

私は以前、こうして毎日ゴミ拾いをしていてもっと綺麗な海になってほしい。そうだ、そういう活動をみんなでしようって伝えよう!!と思っていました。そこで、こんなにゴミを拾いました!!!ってゴミの量を伝えよう等々を思っていました。浜辺の端っこにゴミ袋を設置したらゴミが増えないかな?とも思いました。

でもこうして毎日ゴミを拾って思ったこと。
なぜ私がゴミを毎日拾えるかって、それは私が海が大好きだから。

この考えの大事さに気がつきました。
街中に落ちているゴミも目に着けば拾います。ですが全部を拾うことは無理だ。それじゃあ私はゴミ拾いをしよう!と言いたい人なのになんて冷たい人間なのでは?と思ったりもしたけど、そうじゃない。街を歩いている時は、あまり目にゴミが入ってこない。。それよりも別のことを考えている。

では、逆パターンで。
海でゴミを拾おう!拾おう!そんな運動を私だからという理由で手伝ってくれた人がいたら、果たしてその人は続けられるかな?と思いました。
その時はできるかもしれない。でもゴミ拾いなんてその時だけやっても仕方がないもの。もちろんその瞬間は減るけど、長い目でみないと海の環境はよくならない。

そこで、私は海が好きだからゴミ拾いしている。
私にとって貝殻もゴミも同じように、海が好きだから拾うんだ。

ここに気がつきました。
だから。こんなに綺麗な貝が拾える海なんだよ。
そういう意味で貝だけの写真を取るのでもなく。
こんなに好きな海なのに、こんなにゴミがある!!
そういう意味のゴミだけの写真を取るのでもなく。
この一緒に写っている、写真に意味があるんです。
私は海が好きだから、ゴミを拾う。貝もひろう。
こういう考えは別々にされがちです。

例えば水族館に行けばお魚が展示されていますよね。
海を嫌いな人は少ないはず、水族館に行ったことない人はあまり多くはないですよね。きっと。そこでは海の良さを感じて帰ってくると思います。

そして、ゴミを題材にした展示や活動など。
そこに興味がいったことはありますか?大半の人はスルーしてしまうのでは・・・?と思います。だからこれは分けてはいけないものなんだと
気がつきました。だって大元の気持ちは一緒なんだもの。

フランスの水族館で、お魚たちが泳いでいる水槽があり、隣に普通に何か
ゴミのようなものがたくさん浮いている水槽がありました。なんだろう?これは、と思ったらゴミと死んだ魚の模型が展示されていました。そう、これも分けていない。海の展示だから現実も展示してありました。

私たちは何かとゴミ拾い!とか何か社会的な活動は別物にとらえてしまいますが、大元の好きという気持ちは実は一緒な人はもっといるんじゃないかな?と思います。別々にしてしまうから、何か違うものに捉えられてしまいがち。そうじゃなくて、おんなじことなんだよ。って言いたかったんです。

どうでしょうか?私の海が好きな気持ち、伝わりましたか?
もしかしたら、この記事を見て海をもっと好きになってくれた人がいるかもしれません。もしかしたら、同じように海が好きだからゴミ拾ってみようかなあ。なんて思ってくれた方がいるかもしれません。

私は社会を大きく変える力はないけど、好きの力は大きいと思っています。
そして思想とデザインで社会を変える一旦を担えるかもしれないと今は思っています。少しでも、私はより良い社会。より良い環境を作りたい。
なぜなら私は、人間が大好きでその社会で生きることが好きだからです。

あなたの好きはなんですか?
今度聞かせてください。コメント欄でもツイッターでも大募集です。
好きはいつでも強くそばにいてくれるなあと思いました。


最後まで読んでくださりありがとうございました!!!
私の大好きな海の写真ギャラリーでお終いにしたいと思います!!

赤ちゃんビエイユ。

こっちは大人のビエイユ。食べると淡白な白身が美味しい。
あまり地元の人しか食べないそうだ。顔が怖いからとか。

釣った魚をここに泳がせていたのが気になるわさび。

ここでよくお昼寝したり、釣りしたり。
釣り仲間曰く、アシカがひょっこり顔を出しに来るそうです。

焼いて食べちゃったビエイユ。おいしー。このエビも磯で捕まえたエビ。

それでは。。。!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます。

Merci beaucoup :)
15
Aircraft design フランス在住デザイナー 日本からフランスへ引っ越したから見えてきた生活やデザインの違い、日々のデザイン思想。 作品やノウハウ系の記事などをこちらで発信しております! HP http://aircraftdesign.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。