見出し画像

あとがき

 二十代の頃、雨が止まない国の住人が出てくるマンガを読んだことがあります。たしか、主人公がいろいろな国、または星を旅していました。『銀河鉄道999』か『ファイブスター物語』のワンシーンだったのかな。
 暗い色のフードを纏って、雨が止まない国のリーダーたちが手漕ぎの船で現れます。沼のような湖には背の高い葦のような植物が茂っていました。何かの交渉をしに訪れたのだったと思います。そのシーンを読んで、小さな頃に見た夢を思い出しました。

 夢の中にいるのは私だけでした。弱くも強くもない雨が降っていました。きっとほかにも人が住んでいるであろう私の家は、グリーンゲイブルズのような佇まい。それに昭和の終わりのフィルターがかかっています。あの頃のプリントの柄とかすきです。
 テーブルのお皿に手作りのクッキーが置いてありました。外はそれほど暗くはないけれど、けして明るくなくて、ほかの家も見当たりません。この家しか建っていない惑星のようでした。キッチンには裏庭に繋がるドアがありました。ドアから裏庭に出ると大きな池が広がっていて、ところどころに葦や蒲が生えていました。

 そのときの夢と、いちど読んだだけであまり覚えていないマンガの世界をもとに『雨の国のアリス』は生まれました。もちろん『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』もオマージュしています。でも主人公の名前は『リア』です。いちばんの読者であり、一部の写真の撮影者でもある、娘のリクエストに応えました。

画像1

 遠い道のりを旅してきましたが、じつは研究者たちの島とリアが生まれた場所はそんなに離れていません。惑星を一周して近くまで戻ってきています。母と父が暮らす土地に戻ったり、初めて泊まった宿屋にまた訪れたり。
 物語は終わりましたが、またリアとチェシャの詩をつづれたらいいなと思います。

画像2

 最後まで読んでくださり、まことにありがとうございました。

all pics by I and my daughter


alice in rainyland


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

紙の本を作っています。ぜひサポートしてくださいませ* お読みくださり誠にありがとうございました。

よい日を ♡
13
詩を書いたり写真を撮ったりしています。猫と苺とコーヒーがすき。アイコンは鳶とピーチさま(https://note.com/tobitopeach)にお願いして描いていただきました。

こちらでもピックアップされています

alice in rainyland
alice in rainyland
  • 31本

雨の国のアリスという長い詩を、ぴったり140字ずつ綴りました。すきなカフェ、近所の海、植物の写真を添えて。最終的に紫陽花写真集のようになりました……♡(ू•‧̫•ू⑅)*✲゚*。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。